わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

イギリス爺さんの気概、ガッツ、タフは精神力にあっぱれ‼︎

イギリス現代社会の高齢者に対する冷遇を見事に日常生活レベルで描写した良作。

一本筋の通った頑固オヤジの代表作はイーストウッドのグラン・トリノがありましたが、本作も匹敵する。良かった。

パッケージデザイン以上に骨太で、問題提起がハッキリした素晴らしい作品でした。

⭐️教訓⭐️弱気を助け強きを挫く。それが真の男の心意気‼︎学ばねば‼︎
appleple

applepleの感想・評価

3.8
I, Daniel Blake
I'm a citizen
No more, no less

何とも心にズシンと残る。
規則、泣く子も黙る恐ろしい言葉。この言葉があれば、全てが解決する役所の切り札だ。その規則や役所のマニュアル人間に牙を向くのは、我らがダニエル・ブレイクだ。

本作を観ていると、規則や制度は、役所が故意に手続きを煩雑にして、申請者にギブアップさせるためにあるのではないかという気になってくる。

制度の前に屈した女子は生きるために体を売る。でもダニエルにはどうすることできない。何も手立てがなく朽ち果てるしかないのか?

でも、タダじゃ済まさないだろ?一矢報いてやれ、ブレイク!
うめ

うめの感想・評価

3.1
主人公のダニエルよりも、シングルマザーのケイティ家族の話の方が心に残った。
こんな世の中なのかな〜今のイギリスは。
すごいやるせなくなるよね。
apbp

apbpの感想・評価

3.5
行政機関をたらい回しにされ、いざ自分の番が来たと思ったらPC操作。
本来弱者を助けないといけない国が、オンラインがメインになったがために、年寄りを除外している現代社会。

日本だけだと思っていましたが、どこも一緒なんですね。

低所得層のリアルな日常が、上手く描かれています。

このレビューはネタバレを含みます

【ストーリー】
ダニエルブレイク。
彼は心臓発作で仕事が出来ず、国に支援手当を申請していた。しかし、彼は就労可能と政府専門の医療専門者に判定され、手当を貰えずにいた。医者から働かないようにと診断されているにも関わらず。
電話で問い合わせても、通知書が来る前に電話があるはずだと一点張り。通知書は既に手元にあり、それが不服だと伝えているにも関わらず。
ダニエルが手当をもらう方法は他に2つあると言われた。それは支援手当の再不服申立と就労手当。不服申立をした場合、審査と回答にまた時間ぎかかる為、次にダニエルは仕方なく就労手当を申請。
しかし、就労手当もまずはインターネットからの予約が必要だと言われ、門前払い。インターネットを使ったことがなく、大工一筋40年のダニエルにはとてと、難しいことであった。
同じように門前払いを食らっていたのはケイティという女性と2人の子供。彼女はロンドンから出てきたシングルマザーであった。
初めての土地で役所までの道に迷ってしまった為、時間に遅れたということで手当が貰えなかった。彼女と知り合ったダニエルは彼女を色々手助けしたり家の大工仕事を手伝ったり、子供の世話をしたりしていた。
また、ダニエルは手当の申請をする為、パソコンの入力方法を学んだりしていた。就労手当をもらう為には就職活動をしているという証拠が必要であり、場所をメモしていたが、証拠にならないと却下。
そう無駄に日にちが進んでいく度にお金が無くなっていった。結局最後は周りの家具をほとんど売ってしまった。
一方ケイティもお金が無く貧乏であった。
ある日、生理用品が買えなく、どうしても必要であった為、一分万引きする。
バレてしまったが、店長は今回のみ特別に許してくれた。そのお店の警備員に名刺を渡され、困ったことがあれば、連絡を記載されていた。
その警備員はなんと、ホテル嬢の勧誘をしていた。それを知ったダニエルはケイティの勤務しているホテルに顔を出す。
しかし、ダニエルを説得しても拉致して態度はかわらず、ホテルの外出るケイティにもう会わないと拒否するされる。
ダニエルは悲しみのあまり、一人でなにもない一部の部屋で過ごす。
寒さに耐えて食べる物も無く、辛い生活をしていると、ケイティの娘が来ました。
娘はダニエルを助け、ケイティ付き添いの元、話をきちんと聞いてくれる場所を紹介してくれました。
ダニエルは政府の専門家に話を聞いてもらえる場所を紹介してもらった。打合せ直言したのに、話を聞いてもらえなかった。
その後、いったんトイレに行ったダニエルは心臓発作で辿れていた。そのまま帰らなく人となった。

【感想】
各種見積もりはありますが、優先度、低いものをしていきます

ヨーロッパって保証制度が詳しくわからないあと日本の福祉制度どまったく違って、めっちゃ大変そうであった。誰しも感謝されるようなことやりたく、大卒っていうのを
ダニエルブレイクが孤独死していく様が見ていて辛かった。またラストの心臓発作で死ぬシーンがグロいとかはいないだろ。
日本に産まれて良かったと思った。
今回もケン・ローチ監督の投げ掛けてくる問題が心に深く刻まれた。
日本でも最近話題に取り上げられる事が出てきた貧困問題。

母親がフードバンク会場で、
無我夢中で支援物資をその場で貪ってしまい、感情が露になるシーン。
描写が刺さりすぎて、映画館なのに嗚咽(サイレントver.)。

頭の中にぐるぐると感情が渦巻いていて、全て言葉にしたいけれど、
長文すぎるし、
書き留めておかなくても忘れられないので割愛。
やはり、映画の良さって、こういう誰かの物語を体験できることだよな。
良くも悪くも。

映画において大尊敬する以前のバイト先の代表の言うとおり、
どんなジャンルの映画もとりあえず観てみろ
というのはわたしのモットーにしたいと思う。

そんでもって、1月~5月しか映画館行けなかったけど、
2017年ベスト映画はこれだ。
善良な“1人の市民” の話
ボディーブローのように
前 助けてくれた?
じゃ 助けさせて
YuyaAraKi

YuyaAraKiの感想・評価

3.8
ほんとね、ルールとか規律とかって時に間違ってるから柔軟な対応ってできないんかね。
>|