わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

イギリス爺さんの気概、ガッツ、タフは精神力にあっぱれ‼︎

イギリス現代社会の高齢者に対する冷遇を見事に日常生活レベルで描写した良作。

一本筋の通った頑固オヤジの代表作はイーストウッドのグラン・トリノがありましたが、本作も匹敵する。良かった。

パッケージデザイン以上に骨太で、問題提起がハッキリした素晴らしい作品でした。

⭐️教訓⭐️弱気を助け強きを挫く。それが真の男の心意気‼︎学ばねば‼︎
真夕

真夕の感想・評価

3.0
イライラする
現在の日本でも他人事ではない経済格差や貧困による問題を描いた作品。

体を崩すも、複雑な福祉システムのせいで、まともに手当も貰えない主人公ダニエル・ブレイクの目線で描かれる理不尽な弱者への扱い。それを下手に煽り立てること無く、静かに演出することで現実問題らしさが際立っていたと感じます。

特に食料援助の場面で、母親が空腹のあまり反射的に缶詰の食料をその場で食べてしまったシーンは、ここ最近見た映画でもかなり衝撃的でした。

この食べ物が溢れている世の中で、貧困が故にここまで食べることに追い詰められるなんて、想像できませんでした。

そしてラストはとても現実的。映画らしい場面は劇中所々あっても、最後はやはり現実を突きつけるところが、この作品の本気の訴えを見せつけられた気がしましたね。
ゆわ

ゆわの感想・評価

3.8
持病で仕事ができなくなった元大工のダニエル。生活保護の申請をだそうにも受け付けてもらえず出し方すら分からない彼に冷たい対応を繰り返す役所
そんな生活にうんざりしていたとき
シングルマザーで2人の子どもを抱えて越してきたばかりの母親と知り合う
お互い苦しい状況にたたされながらも
助け合うことで家族のようになっていく
けれど働けず申請も受けられないダニエルと若くしてシングルマザーになったケイティも仕事がなく次第に生活は苦しくなっていく。希望だけでは生きていけずけれどお互いが出会えたから乗り越えられた
どうにもならない状況にケイティはお金だけのために子どものために自分を犠牲にし
そんな彼女のためにもダニエルは動きだすが辛い運命が待ち受けていた
タイトルにとても強いメッセージを持っている。
現代日本に通ずるものがあった。話はとてもわかりやすくて、ストレートに心に突き刺さる作品。きっとこうなってしまうのね、と思う通りに、悲しい方に向かっていってしまったけれど、
最後まで誇りを忘れず、凛としているダニエルは、最強にかっこよかった
kappazusa

kappazusaの感想・評価

4.2
You, Daniel Blake, keep fighting for your decent right of a citizen, don't get conquered by the social ignorance, live your life as a human.
haruharu

haruharuの感想・評価

3.6
タイトルには強いメッセージが込められていました。
普通の暮らしを続けられるように生きるってのは結構大変だし、それはみんな同じこと
親父、あと少しだったじゃん。

































死ぬなよ(;_;)
のぞみ

のぞみの感想・評価

4.4

心が凄く温かくなった。
でも、やるせなく辛く切なくもなった。
こんなにも心をグッとさせるなんて、、、人の尊厳とはなんなんでしょう。

どんなに頑固な親父でも毒を吐きまくりでも、精一杯生きてるし誇りを持ってる。
人に優しく出来るなんて素晴らしいじゃない。
みんながみんな、誇りを持って生きていける世の中になれば良いと願う。


"わたしは、ダニエル・ブレイク
一人の市民だ。それ以上でもそれ以下でもない。"


私も彼の様に人に優しく出来る人間になりたいと思った。

みんなが本来持っているやさしさに気付かせてくれる映画。
生きているうちに、是非観て欲しいです。
他の人のスコアレビューで、小さな政府じゃなくて貧しい政府って言ってたんだけど、正にそうだと思った

それか、「頭が」小さな政府か「心が」小さな政府だな


I, Daniel Blakeのニュアンスが邦題だと出てない
>|