わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

こぼく

こぼくの感想・評価

4.5
これと万引き家族をみれば世界共通の、社会と国家制度から見捨てられた狭間の人々の問題が理解できるだろう。絶対に見るべき映画
切ない切ない

もっと周りのみんなが出来ることあるはず
YuIwasaki

YuIwasakiの感想・評価

4.5
人間らしさ。
自分がどんな状況であれ、近くに困った人があれば助ける事が出来る。そこに見返りなんてない。愛だ。思いやりだ。
社会のしがらみがなんだ。
Nanami

Nanamiの感想・評価

-
融通の効かない政府の人間とダニエルを含め周りの人たちの優しさの対比。ケイティが缶詰をそのまま開けて食べるシーン泣けた。
umeko

umekoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

よかった。
フードバンクのシーンで泣いた。
イギリスの役所って本当にあんなにひどいの?日本も?
hydrangea

hydrangeaの感想・評価

4.2
万引き家族はファンタジーっぽかったが、こちらはドキュメンタリーっぽいと感じた。
日本の行政もどうしょうもないけど、イギリスもひどい。福祉制度が充実している分、さらにタチが悪いかも。
ダニエルはいつでも一言多いんだよね、でもそれが違反になるなんて、どんだけ管理社会なんだろう...

人間ドラマとしても秀逸。
この国に行くぞ
かいと

かいとの感想・評価

4.2
ラジオで町山智浩がケンローチの作品を紹介してたので見た。実際のケースに基づいた話らしく、よその国のことと安心してみていられなかった。将来に対して不安しかない。
清貧を強調しすぎてる感じがした。
親の仕事柄ホームレスのおっさんなどたくさん見てきたが、こんなに真面目な人は少ない気がする。もっと手がつけられなく、自業自得だと言われちゃうようなことをしちゃう人たちが多い。そういう人を面倒見るのが国という共同体だろ。
gen

genの感想・評価

3.8
目を逸らしてはいけない社会問題がテーマのこの映画。
1つのドキュメンタリーを観ているような感覚にさせられる役者達のリアリティ溢れる演技、心理描写、カメラワーク、全てに心揺さぶられた。明るい話ではないけど、時折見せるダニエルやケイティの人を思いやる優しさが温かい。自分も苦しいはずなのに、他人に優しくできる心の強さがかっこいい。

社会の理不尽さ、うわべだけの優しさ、弱者に対してあまりにも冷酷で心苦しい。政府や役所は何の為にあるのかわからなくなる。まるで強者が弱者から搾取する為だけにあるようにも感じる。


困ってる人、今助けを求めてる人、世界には沢山いる。いきなり大きなことはできないかもしれない。けど、隣の誰かに優しくすることから始めようと思えるような映画でした。
>|