わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価・動画配信

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

しい茸

しい茸の感想・評価

5.0
「尊厳がなくなったら、終わりだ。」


本当にその通りだと思った。


心臓が悪くて仕事はドクターストップがかかっているのに、何故求職活動をしなければならないのか?
何故、手当てが貰えないのか???
何故???????

"働く気がない人"と、"働きたくても働けない人"を審査するのが仕事なんではないの?仕事をきちんとしていないのはどっち?
行政よりも、隣人、街の人の方が親切ってどういうこと?
あらゆる面で救済措置が無いってことは「あなたを見放しました」ってことと同義じゃないか…

遠い地から子どもを2人抱えて引っ越してきて、右も左も分からない若い母親ケイティ。
赤の他人なのにいつからか手を差し伸べるようになったダニエル。
フードバンクのシーンは、目を背けたくなるほどリアルで、
スーパーで出会った謎の男は闇フラグが立ちまくっていて、
子供たちとの触れ合いのシーンは涙が出るし、
不服申し立ての審判の日、ダンがトイレに立った瞬間、このあとどうなるかわかってしまい辛かった。

最初は、イギリスだしダニクレのもじりかと思ったこのタイトルだけど、とんでもなかった…

そして日本でもきっと同じようなこと起こってるんだろうなと思った。
市民もヤバいやつが一定数いるのは否定しない。日々会ってるからね
でも全てマニュアル通りに行く訳ないやん。
人には色んな事情があって、それを聴ける担当がついて、事情を鑑みて解決策を探っていくべきではないの?それでも解決しない時もあるけど、それを探ることすらしないのはどうなの?

日本はここまでオンライン化が進んでなくてまだ書類文化が残ってるけど、
ダンも周りの人をもうちょっと頼れば良かったのに…隣人とかPC得意そうなのに。

20歳くらいの時、初めて「誰も知らない」を観たときのような、とてもやるせない気持ちになった。

貧しさとは何か?
お金が無いことよりも、困っている目の前の人を救えない心のことではないのかな。
335

335の感想・評価

4.0
こんなに困ってるのに、規則ってなんなんだろ。規則を守らなくちゃいけないのは分かるけど、規則のせいで救えない。ダニエルが本当にいい人。いい人の周りにはいい人が集まるね。ケイティはいつも自分を犠牲にして子ども達のために。ダニエルのおかげでお互い支え合ってあと一歩なのに、、悲しすぎるよ。
andy

andyの感想・評価

-
無償の愛の尊さを感じつつ、
やるべき事は制度の見直しだと思った

感動だけで終わらせないで、変えないと

でもこころの豊かさはお金じゃないなと思った
それだけは忘れちゃいけない
euuzak

euuzakの感想・評価

4.0

税金払ったんだもんね。。
融通きかしてほしいよね
日本の現実は これとは違うイメージ
yucchan

yucchanの感想・評価

4.2
I’m just a man,not a dog.
八咫

八咫の感想・評価

3.0
これも有名ですっごく観たかったんだけど、いまいちハマれなかった。
メッセージ性強くて、扱ってる題材も深刻なんだけどこのいまいち響かない感じは是枝裕和監督作品に通じる。
しかしまあどこの国でも役人はクソですな。ダニエルが挫けてしまったパソコンがないと申請すらままならない状況を考えると、日本はまだ優しいのかも。一番給付が必要な老人たちを思えばパソコンだけの申請に舵を切っちゃうイギリス政府の弱者切り捨て具合が酷い。
しかし胸糞って程でもないのだ。これがまじの胸糞で終わったら正直印象に残った映画としてもう少し自分の中で高評価になってそうなんだけどそれもない。
ただただダニエルが給付申請からどんどん離れていった、それが遠因?で亡くなってしまうのはリアルだなあと感じる。それでもこれが例えば事実として新聞に載っても、そこまで役所が非難を浴びなさそうなのがつらい。ダニエウみたいな人はいくらでもいて、分かりやすく役所が非難されるレベルの話もあって、って国はなんのためにあるのよと。
あと申し訳ないけど、ダニエルの隣人の若い母親をなだめる時にダニエルが彼女の太ももや腕を撫でたのに、眉を潜めてしまった。日本と外国じゃボディタッチの許容範囲が違うのも分かるけど。



こんなこと大したことないよ

人には追い風が必要だ そうだろ?

トラブルには近づくな

皮肉だ
連中が俺の運命を握っている

よく頼んでくれたわ 頑固なんだから



脚本 3.4
美術 3
演技 3
演出 3
チープ感のなさ 3
満足度 3
その他(音楽、カメラワーク)
すごく良かった。
貧困のための制度ではなく、制度によって貧困がもたらせられるという構造をすごくよく描けている。イギリスの社会学に精通してないので詳しくはないけど、これは日本の社会でも通ずるものがあり、胸が苦しいが、たくさんの人見てもらってこのことについて考えていきたい。
それと、この映画は社会的問題を扱っているものの、ものすごく繊細な人間関係を描いている気がしてそれがとても良かった。つまり制度を作っているのも、従っているのも、抗っているのも、みんな「人間である」という描写がすごくわかる。カメラワークが静かてフラットだからなのかな。だからこそ、やるせなさが一層強くて、、。

以下ネタバレあり

シングルマザーの彼女の孤独にしっかりフォーカスを当てて、それでも続く日々のためにお金を得て食べ物を得て、必死な姿。特にフードコートのシーンは本当に辛かった。女優さんも本当に上手いし、あの淡々進もうとした時間からフッと彼女の欲望が溢れる感じが本当に辛くて、描写がうまい…
ダニエルがもっと早く彼女たちや隣の男子たちに頼っていたらもう少しは長生きできたのかな、とか想像してしまう。真面目な人ほど、人が頼れないし、本当に……。
終盤のジニーの言葉めーーっちゃ良い。採用。(採用?)ダニエル首吊ってるのかと思って目瞑ってボロボロに泣いてたけど、彼女の言葉に救われた。優しさの対価は優しさしかなり得ないんだよね…。
ダニエルが市役所(?)の建物に落書きしてその前に座って抗議をした姿は、なんだかイギリスのロック文化の系譜を感じてしまい”かっこいい”となった。でもそこで物語が終わるのではなく、その後にしっかり注意処罰を受け〜のシーンを入れてて、この映画に対する信頼が上がった
あまりに辛かったけど、これが現実な気もする。ここ切り込んだのは天晴れとしか言いようがない。
tttr

tttrの感想・評価

3.5
考えさせられました。
みゆき

みゆきの感想・評価

4.0
ダニエルとシングルマザーの家族の生活がリアルに描かれ、貧困問題と雇用、福祉制度の在り方について深く考えさせられる映画。
人に優しく、大工として長年働き続けてきたダニエル。しかし心臓の病を患い働くことを医者から止められ、国の援助を求めようとするが、煩わしい手続きや複雑な制度によって援助が受けられず生活が苦しくなっていく。
嫌な予感が的中した最後の展開は、社会的弱者への厳しさや冷たさを強く感じ、現実はそういうものだよなと腑に落ちる部分もあった。決して他人事ではないし、今後その壁にぶつかることがあるかもしれない。ダニエルが壁に書いた主張と最後の言葉が胸に残る。
これはマニュアル化されたお役所仕事が悪いという単純な話では片付けられない。援助や支援を必要としている人が受けられていない、制度が機能していないことが問題。複雑すぎる制度そのものを見直さなければいけないけれど、どう改善するのかという難しさも思い知らされた。
>|