わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

ケイコ

ケイコの感想・評価

3.0
貧困や病気で追い詰められる生活。
役所に支援を要請しても複雑な手続きと審査で受理されず。どこの国も似たようなもんなのか・・・。
イギリスって寝室税なんてあるのね! 鬼か!
シングルマザー親子との絆が切ない。

外野もしくは一般層からすると一見うるさい、でも実際は仕事と隣人には真摯に生きてきた親父の設定は丁寧だと思った。
何とかしてやれよ…ってもどかしさ。
はるか

はるかの感想・評価

3.8
本来社会福祉がどうあるべきか考えさせられる映画。
とにかく色々リアル。
働きたくても働けない人をきちんと支援できる社会になって欲しい。
kei

keiの感想・評価

-
悲しみと怒りと悔しさに包まれた。
明日になったら、人を人として尊重しあえる、優しい世の中になってたらいいのに。
yohey

yoheyの感想・評価

3.5
どこかで助けられるタイミングがあるはずなのに、うまくいかないのがもどかしい。
現実にも、こういう事はあるんだろうと考えさせられた。
娯楽性はないので、楽しんで観るタイプの映画ではない。
Akiko

Akikoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

貧困に陥っても
自分の仕事や生き方にプライドをもってて
助けを必要とする隣人には優しく手を差し伸べる
そんな生き方に感動した

最低保障の制度が人を救わない
その現実は日本と重なる
最後のセリフ
「彼を殺したのは貧困じゃない。この国の制度だ」
胸に突き刺さる
子供二人めっちゃいい子ですね。
パソコン、ネットが使えないって大変なのねーって今は人ごとでも自分が高齢者になった時もっと置いてかれないか心配になった。

ケイティって子供産んで、彼氏は消えて、また新しい彼氏と子供作って新しい彼氏も消えたってことですかね?
勿論シングルマザー支援が足りないのはわかるけど、その前の子供を作る段階で今後どのくらいお金がかかるかっていう教育はなかったんかな、聞く耳持たなかったとか言ってたような気もするけど。

遅刻の言い訳が迷ったじゃ通用しないのよねー気持ちめっちゃわかるけどダメよねー
新しい土地で大事な用事があるときは迷うことも想定してはやくでないとね。
fuchan1014

fuchan1014の感想・評価

3.7
みんなが幸せに生きていくには、、ただそれだけなのに行政が何かを難しくややこしくしてしまうこの風潮はどの国も一緒なのかなぁ…
最近は日本でも不正受給の人が増えて、審査の面接の時辛辣な言葉を浴びせられる事もあるそう。本当に必要な人にお金がいかないのは不当だと、この映画を見た人は一層強く思うだろう。こういう審査の仕事こそ人工知能でどうにかなったらいいのに!最後の言葉は泣かずにいられない。
チハル

チハルの感想・評価

3.8
こんな風に戦ってる人達が世の中にたくさんおるんやろうなぁ、、見てて辛いシーン暗いシーンもたくさんありましたが、観て良かったと思える作品です。