わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

nhk0810

nhk0810の感想・評価

-
フードバンクのところで飢えすぎて缶詰にがっつくシーンが衝撃的につらい。
そのあと恥ずかしくて泣いちゃう姿もまた。。


イギリスのダニエル・ブレイク、
日本の万引き家族、
あと、アメリカのフロリダプロジェクト。

福祉から切り捨てられた貧困の中で、一番助けてくれるのは同じ境遇の貧しい隣人。
あいり

あいりの感想・評価

3.7
わがままじじいが優しくなる映画かと思ったら全然違った。
最後うわぁ、、、ってなった。

ずしっとくるリアルさ。
私は犬じゃない、尊厳のある人間だって。
もっと人に優しくしようと思いました
chan

chanの感想・評価

3.7
これが現実なんだろうなと思えることばかりで、役所の人達も、肩入れできないのは分かるけどだけどもう少しだけ、一人一人と向き合わなきゃ人としてどうなの?と思ってしまうよ

いつでも、隣の人に手を差し伸べられる人でありたい。
イギリスって福祉の進んだ国と思ってたのに…


ちゃんと大工として40年、働いて税金納めてきた人にこんな仕打ち…

末端の職員は、社会福祉の仕事をしてるのか疑問。
1人だけちゃんとした職員さんいた…


ケイティ、頑張ってほしい。
メグ

メグの感想・評価

4.0
フィクション作品だけれど、多分こういう人は、こうしてる今もいる。しかも日本にもいる。悪いことはしてなくてもシステムからこぼれ落ちると軌道修正が難しかったり、PCに詳しくないと何もできなかったり。
そして、それに対する答えはない。
でも重要なことは教えてくれる。

観る前はなんで「わたしはダニエルブレイク」なんていう自己紹介の題名なんだろうと思ってましたが、見終わるとこの題名しかない、と思えます。

ほとんど情報なしで観ましたが、社会のシステムからこぼれ落ちる人を丁寧にフォーカスしてるところがやはりケン・ローチだし、是枝監督がケスに影響受けたというだけあって撮っているものが似てるなという印象でした。
朧げ

朧げの感想・評価

4.5
パルムドール受賞作ハシゴ鑑賞始めました。
ラストは納得できるもののやはり辛いので0.5点下げました。

タイトルからしてネタバレ。
どこの国も似たような問題を抱えているんだね……これ映画館上映されてるときに知って見よう見よう思ってたものの重い腰をなかなか上げてないあいだに公開終わってました。こんなに心揺さぶる映画なら見ればよかったと後悔。

「私はちゃんとした意思と人格を持った一人の人間である」
こんな至極当たり前のことをわざわざ口に出して言わなくては伝わらない場所が多いなんて物悲しくなってきます。

初期の段階からこの福祉支援制度を使いたいとダニエルはちゃんと訴えていたのに、融通の効かない福祉職員に複雑な手続きにと「なにがあってもこの制度は使わせない!!」と言わんばかりに拒む拒む……。鬼。

だけど下手に権力者VS弱者という極端な対立構造にしていなかったのが印象的でした。
福祉事務所だってダニエルを心配する優しい職員だっているし、ダニエルと似た立場であろう弱者でもマナーを守らない嫌な人はいる。

下手に対立しても何もならない。人間の本質は助け合いだ!!って事でしょうね。本当にそうだと思う。真理です。
この監督の映画ってテーマが重くてもユーモラスあって不思議と笑いを感じさせる場面が多いね。大好きです。

周りから基本的人権を無くしたような扱いを受けても尊厳は無くすまいとして最後まで他者を想い続けたダニエルのような人間になりたい。
ほその

ほそのの感想・評価

4.5
シリアス過ぎずにユーモアもあるんだけど強いメッセージがある。英国の洒落た部分しか見てこなかったからイギリス社会の実状というか裏側を観せられた気がする。
sugar

sugarの感想・評価

4.0
お役所仕事の業務的なこと。助けて欲しいひとが、実際助けられていない現状ってどうなの?って思ってしまう映画。
主人公は、信用できるひと。
システムは、厚い壁を立てて中に入れてくれない。どちらの言葉が、重みがあるか?
自分がこの立場になったらと考えたらゾッとするし絶望するし同じようなことをするんじゃないかと思った
何故でしょう。全編に亘って涙が止まりませんでしたねえ。

組織や国の要には、ダニエル・ブレイクは存在しないのでしょうか。

どんな結末が待っていようとも、僕はダニエル・ブレイクでありたいと思いましたねえ。