わたしは、ダニエル・ブレイクの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

わたしは、ダニエル・ブレイク2016年製作の映画)

I, Daniel Blake

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳し…

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」に投稿された感想・評価

sokwtkhr

sokwtkhrの感想・評価

4.6
タイトルとジャケットから、観るのを躊躇していたが、もっと早く観るべきだった。

ケンローチの映画はあまり観たことがないのだが、薄っぺらい映画になってしまいそうなストーリーをこれほど、力強い映画に撮れるすごい監督なのだと思う。

役所の対応に不服を覚えた事がきっかけで、こんな映画を撮れる監督がどれほどいるのだろうか。

説明的ではない、細かくて丁寧な描写とゆっくり進むストーリーが不思議なリズムだった。

脚本も丁寧で、ワンシーン、ワンシーンが魅力的で、部分的でも見直せる。

わりとカットが多いけど、ストーリーとしては、ゆっくり進んでいく。
この感じが是枝さんっぽい。

音も頭に残っている。
足音、手紙を開封する音、子供がボールをつく音、木を削る音、、
いろいろな音が丁寧に拾われていて、カットが変わっても音は繋がっているので、ワンカットのように感じるシーンが多い。

映画監督だったら真似したくなるな、、

また観たいし、もう一度観なければと思う。
ユーヤ

ユーヤの感想・評価

5.0
僕は双極性障害者で、でも、傍目から見れば結構大丈夫で、ともすればタダのワガママにも受け取られかねないような人生を送っていて、公的補助も受けられなくて、でも、物凄く生き辛い人生を送っています。

一言で言ってしまえば、社会的弱者です。

でも、一言で言ってしまってはいけない、

この物語の主人公たちのように。

お願いだから、弱者に優しい世界を。

とはいえ!
怠け者も居るよ!
それも事実!
…だから、分かりづらいんだろうなぁ。
よしお

よしおの感想・評価

3.9
きっと多くの人がこの映画を観るべきで、
この映画を観て貧困問題について考えるべきだと思う。

イギリスだけでなく、日本でも、世界中でもこういったことはきっと存在していてるとおもう。

だからこそこういった制度に関わっている人はもちろんだが、いろいろな立場の人がこの映画を観てそれぞれが感じるものを得てほしいと思った。


renache

renacheの感想・評価

4.3
タイトルの意味。

自分と境遇が近い訳でもないのにすごく感情移入してしまって、鑑賞後こんなに気持ちを持って行かれるとは思わなかった
テンプレ対応しかしないお役所仕事を揶揄するブラックコメディかと思ってたのに…

これがイギリスの現状なんでしょうか?
もう観たくないけど観てよかった
貧しくて八方ふさがり。
それでも生きていかなきゃいけない厳しさ。
俺はただ働きたくても働けないだけなのに
そんなことも役所は出来ないのか?
本当に救うべき人間を救えない制度なら、消えて無くなれ
終わり方どうなるかと思ったけど、、、
ギャス

ギャスの感想・評価

3.3
ただ真面目に
人の役に立つように
そう特別に大義でもない普通の正義と信念を持って
生きてきた老人に、
なぜこのような困難が押し寄せてくるのか。

若者の生きる世界と、老人の生きる世界はそんなにも違わない。
お互いに手を差し伸べてどうにか生きていく。
そこにも困難が。

この社会の不条理をじっくり体験させて、
まるで当事者としての憤りを感じさせる。
この怒りにどう向き合い、
どう行動していけばいいのか、
改めて考えた。
megu

meguの感想・評価

3.0
切ないなぁ。
こんな世の中さ。
日本も何処かであるよ。きっと。
貧困って本当に切ない。
パソコンなんて難しくてできない人にはできないんだよ〜〜
役所の人に腹が立つ。
母子家庭のお母さん…
缶詰🥫開けて食べちゃったのは
本当見てられない。😢
平等にとはいかないけどさ
世の中さ、うまい具合にいかないもんかね
リアリズムを徹底して、貧困問題を扱っている。
感情移入してしまい、役所の機械的な対応にはかなり怒りを覚えてしまった…。
どこまでも絶望しかなく、希望など存在しない状況に生きてるけど、そんな状況でも、隣人を救おうとする姿に胸を打たれた。
場面展開の味気なさも、映画の雰囲気とマッチしていて最高だった。
貧困問題って、怒りを覚える貧困層が、自分たちの状況を伝えることができないし、富裕層は、自分たちの立場を享受するだけで、解決するには、かなり時間がかかるし、ビジョンが見えないのでやるせない。
この映画は観た方がいい。現実がよくわかる。
まゆ

まゆの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます


尊厳を大切にして、自分が困っていようが他人に手を差し伸べて、納得のいかないことは納得いかないって発信しようとするダニエルの生き方が素敵だった。

ただ、だからと言って家族を守るためにケイティが取らざるを得なかった行動が汚らしいとも思えない。

本当に困ってる人から尊厳を奪ったり、形式にとらわれて本質を見られないようなシステムがいちばん問題よね。っていうお話。