ローサは密告されたの作品情報・感想・評価

ローサは密告された2016年製作の映画)

Ma' Rosa

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:110分

3.8

あらすじ

ローサはマニラのスラム街で小さな雑貨店を家族で経営している。家計のため、少量の麻薬を扱っていたが、ある夜、密告からローサ夫婦は逮捕される。麻薬売人の密告要求、高額の保釈金……警察の要求は恐喝まがいだ。この危機をどう脱するのか? ローサたち家族は、彼らなりのやり方で横暴な警察に立ち向かう。

「ローサは密告された」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.2
不満のない社会、悩みのない社会はないだろう。しかし不満や悩みを言える社会は幸せなのかもしれない。

<実際に起きていること、現実を見せたいといつも思ってい>て、<人々を教育し、人々に知らせるために>映画を作っているフィリピンのブリランテ・メンドーサ監督が描いたマニラのスラム街で懸命に生きる家族の物語。
(http://synodos.jp/culture/20085)

4人の子どもを持つローサは、マニラのスラム街で小さなコンビニエンスストアを経営するローサ。4人の子どもを持つ彼女は、お店の売り上げだけでは生活できず、夫とネストールは少量の麻薬を売人から仕入れて販売している。しかし夫の誕生日、それが見つかり2人は逮捕されてしまう。

<フィリピン国家警察には長きにわたる汚職の歴史があり、同国で人権侵害的な法執行機関の最たる例が警察だと米国務省は明言している>(公式ウェブ)。そんな警察は釈放の交換条件として2人に金を要求し、ローサ一家は釈放のためになりふり構わず金を集める。

この日のトークショーで『ゆきゆきて、神軍』の原一男監督が次のように話していた。「人の感情を描くのが映画。歪みのない社会はないが、感情は社会の歪みから生まれてくる」。

社会の歪みに対するこの感情が本作には感じられない。麻薬を売ることの良心の呵責、警察に対する不満や怒りが見えてこない。人物の心理は描写されず、まるでそれが当たり前のことのように、麻薬を売り、釈放のために金集めに奔走する。

<彼らにとってはこれがいつもの、日常的な状況なのです。彼らは物事をあるがままに受け取る。彼らは感覚が麻痺してしまっているので、嘆きも抵抗もしない。そもそもほかに選択の余地もないのです>(http://synodos.jp/culture/20085)。

「衣食足りて礼節を知る」。逆に言えば、衣食足りなければ礼節など悠長なことは言ってられない。貧困に苦しむ彼らに、怒ったり、くよくよしたりしている暇はないのだ。

本作のハイライトの一つが、ローサの娘ラケルが転ぶシーン。<彼女はとても狭い路地を歩いている。ほかに道はありません。誰かが水を捨てる。別に悪意からではありません、仕事だからです。娘は滑り、転ぶ。でも彼女は文句も言わず、自分を転ばせた老婆をなじりもしない。ただ立ち上がって、歩みを続けるだけです>(http://synodos.jp/culture/20085)。

逮捕の日から翌日までの動きをドキュメンタリー風に描いた“硬派”でリアルな物語。最後の最後で、この映画唯一の心理描写といっていいローサの姿。カンヌの女優賞はこれで決まったのではないのだろうか。

●物語(50%×4.0):2.00
・ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が2016年6月30日の就任直後から麻薬、薬物犯罪者の殺害を容認、報奨金などに言及して奨励していることとの関連も注目されるけれど、フィリピンの社会構造を明らかにしていることが良いと思う。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・説明的な要素はなく、映像で実態を見せる。ラストのローサの姿は寝落ち厳禁。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・手持ちカメラのドキュメンタリー風の映像が雰囲気にマッチ。
フィクションと頭の中で理解しつつも、カメラのアングルやリアルすぎる演技のせいでドキュメンタリー映画を観ているような感覚に。
終始緊張のピーク。

衝撃とショックが次々とスクリーンからやってくるものだから「あぁ、、もうこの緊張感から解放されたい」ってくらいの疲労感に襲われた。
グラグラと揺れるカメラ、アップにしすぎてぼやけてしまう映像。なにもかもがリアル。
普通ならNGになるはずのグダグダなやりとりもそのまま映し出されてるから感覚が麻痺していく。


大雨の日に起きた一夜の騒動。
土砂降りとねっとりとした湿気の中で起きた家族の悲劇。
フィリピン警察の腐敗っぷりについては観る前から覚悟していたけれど、それよりも取り調べ室に子供がいたりと別のところで文化の違いにビックリ。


ラストは「ここで終われば完璧だ」っていう1番理想的な中途半端なタイミングで終わってくれるので、余韻で目眩クラクラ。
あのラストは最高!!


エネルギー消費しすぎて疲れたけど大好きな作品。
フィリピン警察の階級の差について予習してから観ることをオススメ。
nIa

nIaの感想・評価

3.8
絶望的な作品で、これが言わば警察24時のような、ドキュメンタリー的な作品であればいいな、いやもしかして本当にそうではと一瞬思うんですが
すぐにそれはないと分かるんです なぜなら警察だって腐敗しているから…
「自分がチクられたから、自分が助かるために誰かをチクる」という連鎖も、警察の腐敗も別に珍しくもない。
「だからどうしたの?」としか感じなかった。
JohnSmith

JohnSmithの感想・評価

3.8
楽しみにしてたものの、少し嘗めた態度で挑んでしまって、反省。

ラストでドキュメンタリーテイストが、映画に昇華された気がして救われたような。嬉しいような。
●'17 10/21〜11/3単館公開
(首都圏等: '17 7/29〜単館公開 シアターイメージフォーラム)
配給: ビターズ・エンド
ワイド(ビスタ) 音声仕様表示無し
11/2 20:00〜 メトロ劇場にて観賞
DCP上映 LPCM
パンフ未購入
NZRK1

NZRK1の感想・評価

3.7
20171017 シネモンド
tb

tbの感想・評価

3.5
2017/10/16
Ning

Ningの感想・評価

3.8
フィリピン全土があんな感じってわけじゃないけど。
マニラの“現実”が嫌というほど凝集された映画でした。
後味があんまりだったから、ブランカの前に見たかったな。

行間を読ませる演出が、フィリピン人ぽくなかった。凄いセンスだな、監督。

長女とローサ、お顔がホントの親子みたいだったー。
フィリピン・マニラ。
何が正しくて何が悪いのか…麻薬の売買を密告されて捕まった夫婦。
しかし警察も悪事の塊。

法外な釈放金を求められ、子供たちが奔走する。
その姿に胸を打たれる。

カメラも手持ちなので、まるでドキュメンタリーを見てるようだった…空気がビシビシ伝わってくる。

最後のローサの気持ちが痛いほど伝わってきた…何も正しくないし、何も悪くないのかも、この国のスラム街では。
>|