ローサは密告されたの作品情報・感想・評価

ローサは密告された2016年製作の映画)

Ma' Rosa

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

ローサはマニラのスラム街で小さな雑貨店を家族で経営している。家計のため、少量の麻薬を扱っていたが、ある夜、密告からローサ夫婦は逮捕される。麻薬売人の密告要求、高額の保釈金……警察の要求は恐喝まがいだ。この危機をどう脱するのか? ローサたち家族は、彼らなりのやり方で横暴な警察に立ち向かう。

「ローサは密告された」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.2
不満のない社会、悩みのない社会はないだろう。しかし不満や悩みを言える社会は幸せなのかもしれない。

<実際に起きていること、現実を見せたいといつも思ってい>て、<人々を教育し、人々に知らせるために>映画を作っているフィリピンのブリランテ・メンドーサ監督が描いたマニラのスラム街で懸命に生きる家族の物語。
(http://synodos.jp/culture/20085)

マニラのスラム街で小さなコンビニエンスストアを経営するローサ。4人の子どもを持つ彼女は、お店の売り上げだけでは生活できず、夫とネストールは少量の麻薬を売人から仕入れて販売している。しかし夫の誕生日、それが見つかり2人は逮捕されてしまう。

<フィリピン国家警察には長きにわたる汚職の歴史があり、同国で人権侵害的な法執行機関の最たる例が警察だと米国務省は明言している>(公式ウェブ)。そんな警察は釈放の交換条件として2人に金を要求し、ローサ一家は釈放のためになりふり構わず金を集める。

この日のトークショーで『ゆきゆきて、神軍』の原一男監督が次のように話していた。「人の感情を描くのが映画。歪みのない社会はないが、感情は社会の歪みから生まれてくる」。

社会の歪みに対するこの感情が本作には感じられない。麻薬を売ることの良心の呵責、警察に対する不満や怒りが見えてこない。人物の心理は描写されず、まるでそれが当たり前のことのように、麻薬を売り、釈放のために金集めに奔走する。

<彼らにとってはこれがいつもの、日常的な状況なのです。彼らは物事をあるがままに受け取る。彼らは感覚が麻痺してしまっているので、嘆きも抵抗もしない。そもそもほかに選択の余地もないのです>(http://synodos.jp/culture/20085)。

「衣食足りて礼節を知る」。逆に言えば、衣食足りなければ礼節など悠長なことは言ってられない。貧困に苦しむ彼らに、怒ったり、くよくよしたりしている暇はないのだ。

本作のハイライトの一つが、ローサの娘ラケルが転ぶシーン。<彼女はとても狭い路地を歩いている。ほかに道はありません。誰かが水を捨てる。別に悪意からではありません、仕事だからです。娘は滑り、転ぶ。でも彼女は文句も言わず、自分を転ばせた老婆をなじりもしない。ただ立ち上がって、歩みを続けるだけです>(http://synodos.jp/culture/20085)。

逮捕の日から翌日までの動きをドキュメンタリー風に描いた“硬派”でリアルな物語。最後の最後で、この映画唯一の心理描写といっていいローサの姿。カンヌの女優賞はこれで決まったのではないのだろうか。

●物語(50%×4.0):2.00
・ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が2016年6月30日の就任直後から麻薬、薬物犯罪者の殺害を容認、報奨金などに言及して奨励していることとの関連も注目されるけれど、フィリピンの社会構造を明らかにしていることが良いと思う。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・説明的な要素はなく、映像で実態を見せる。ラストのローサの姿は寝落ち厳禁。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・手持ちカメラのドキュメンタリー風の映像が雰囲気にマッチ。
アレクセイゲルマンの映画みたく狭い部屋を人間が目まぐるしく移動し画面の至る所で各々が活動している。なんでこれを撮ろうと思ったと尋ねたくなるピント送りが妙に残る
くう

くうの感想・評価

3.0
「密告された」って言われても……(困惑)

ドキュメント?かと思うほどのリアリティ映像。でも、モキュメントだった。

実話ベース?と思ったらドラマだった。

でも恐らく事実としてあちこちに転がっているのだろうことは「フィリピン・警察」で検索すれば分かる。恐い。

日本や韓国映画の警察、クズでしょどころじゃない世界が広がっていてビックリ。これじゃ悪徳岡っ引きみたいなもんじゃないか。

子どもたちがひたすら可哀想だが、元を辿れば子どもたちとの生活のためだ……「正しい」が通用しない世界で解決策がない。

主人公に全く同情はできないけれども、人は生まれる場所も時代も選べないと考えると気の毒ではある。

ラストのローサには心持って行かれた。

けれども、この人もこの国も、こんな感じで強く生き続けるのだろう。


物語性を求める方には不向き。ただ、淡々と世界の現状にやるせなさを感じながら観る作品。
ryom

ryomの感想・評価

-
エキゾチシズム感情抜きにこのような写し方で観れたどうか分からない。ピンボケしていても、人物と人物の狭い隙間に居る警官が喋る時にカメラに捉えたりするのだから、計算も凄いだろう。合わないピンボケと意図的なピンボケが気になる。雨が、汗かも分からず、ローサがつくねみたいなの食べる表情がいい。息子達イケメンだ。
himaco

himacoの感想・評価

3.8
雑多な街の雰囲気と腐敗した警察。
この街で生きていくということ。

土砂降りの雨で濡れた髪と、体に張り付くTシャツはこれから訪れる梅雨を思い出させるような不快さ。

マニラで小さな雑貨店を営むローサと夫のネストール、子供たち。家計は厳しく、そのために顧客相手に少しの覚せい剤を扱っていた。
ある夜、店に捜査が入り警察に連行されるローサと夫。

警察から要求される多額の保釈金をかき集めるために奔走する子供たち。

ブレる画面にピントはぼけ、雨で滲むライト。まるでドキュメンタリーのよう。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.8
匂い立つような 蒸し暑いフィリピンの熱気の中で
生きる為の生業と強欲が練りこまれた ひと家族の人生を これでもかって凝縮して観させられたような…
この国ではこれは決して 特別でも ましてや他人事でもないんだろうな

とりあえず奥さん役の女優の迫力がスゴイ
善悪を超越して 生きるとはこういうコトだと 堂々と開き直ってるその姿は もはや聖母に近い安心感さえ覚えてしまう
それに比べて 亭主も警察もてんで頼りない男ばっかり 入れ替わり立ち替わり 結構イライラもしたんだけど そんなんも全部飲み込んで ただ必死に生きる為の前進を続ける 人々と国

それは 今の日本には 必要なくなったものなのか はたまた失われたものなのか
どちらにせよ 国も時代も進むだけだけどさ
tori

toriの感想・評価

3.7
警察の腐敗、街の雰囲気などの肌感
ドキュメンタリーっぽい

この国に生まれただけで安全とそこそこの生活が手に入る日本人は幸せ

東南アジアの男は働かないで飲む打つ(薬)
日本人女性は幸せ
生きるための罪、その罰を背負うのは家族であり子であり、罰のためにまた罪を犯す。スラム街の悪循環、これじゃ断ち切れないなーという痛々しい現実。
人生は綺麗事だけではない、清濁呑み込んで逞しく生きる人間を見るのが好きだ
ただ画面の写し方がドキュメンタリー風にこだわったからか、盗み見しているような感じがして集中できなかった
期待ほどではなかった
masatan

masatanの感想・評価

4.6
フィリピンの首都🇵🇭マニラで、雑貨屋を営むローサは、覚せい剤を所持していることを誰かに密告され警察に連行されてしまう。

私はマニラに行ったことがあります。道端にはホームレスの人がいたり、コンビニの周りには銃を持った警官がいて、Money!とせびる小さな子どもがたくさんいました。その警官たちは、そのような子どもを追い払っていて、私たちはただそれを眺めるしかありませんでした。(ちょっとでもお金を渡すともっとせびるから)

もしかしたら、あのとき会った子どもたちの家族もローサのような家庭だったのかなとか考えてしまいます。覚せい剤を持っていたのは生きるため。覚せい剤を売ってまでしないと生きていけない。

そして取り締まる警察がめちゃくちゃクズでして、保釈金として5万ペソをローサたち家族に要求します。おそらく保釈金と言う名のカツアゲのようなものでしょうか。この警察官は下の階級の警察官で、上級警察官に通報するなよと口止めしていました。この5万ペソはローサたちにとっては大金です。払うためにローサやローサの子どもたちが親戚や友人に、時には身を犠牲にしてまでお金をかき集めます。5万ペソというのは日本円にして2万円もありません。

覚せい剤を売らないと生きていけないような環境、社会がこうした腐敗をさらに加速していると思います。環境のせいで善い人も悪い人になってしまうのは本当にやるせない気持ちがします。
ドゥテルテ大統領になってルールが厳しくなり、その1つとして麻薬の取り締まり強化があるそうです。治安維持のためでしょうが、それによってこの映画のような家庭がたくさんいるのが現実です。

ローサの娘がとある路地で、水に滑って転んでしまうけど、周りの人はだれも助けない、自分一人で立ち上がって歩いて行くシーンが印象的でした。メンドーサ監督によれば、このシーンがフィリピンを象徴しているそうです。
>|