ローサは密告されたの作品情報・感想・評価

ローサは密告された2016年製作の映画)

Ma' Rosa

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:110分

3.8

あらすじ

ローサはマニラのスラム街で小さな雑貨店を家族で経営している。家計のため、少量の麻薬を扱っていたが、ある夜、密告からローサ夫婦は逮捕される。麻薬売人の密告要求、高額の保釈金……警察の要求は恐喝まがいだ。この危機をどう脱するのか? ローサたち家族は、彼らなりのやり方で横暴な警察に立ち向かう。

「ローサは密告された」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.2
不満のない社会、悩みのない社会はないだろう。しかし不満や悩みを言える社会は幸せなのかもしれない。

<実際に起きていること、現実を見せたいといつも思ってい>て、<人々を教育し、人々に知らせるために>映画を作っているフィリピンのブリランテ・メンドーサ監督が描いたマニラのスラム街で懸命に生きる家族の物語。
(http://synodos.jp/culture/20085)

4人の子どもを持つローサは、マニラのスラム街で小さなコンビニエンスストアを経営するローサ。4人の子どもを持つ彼女は、お店の売り上げだけでは生活できず、夫とネストールは少量の麻薬を売人から仕入れて販売している。しかし夫の誕生日、それが見つかり2人は逮捕されてしまう。

<フィリピン国家警察には長きにわたる汚職の歴史があり、同国で人権侵害的な法執行機関の最たる例が警察だと米国務省は明言している>(公式ウェブ)。そんな警察は釈放の交換条件として2人に金を要求し、ローサ一家は釈放のためになりふり構わず金を集める。

この日のトークショーで『ゆきゆきて、神軍』の原一男監督が次のように話していた。「人の感情を描くのが映画。歪みのない社会はないが、感情は社会の歪みから生まれてくる」。

社会の歪みに対するこの感情が本作には感じられない。麻薬を売ることの良心の呵責、警察に対する不満や怒りが見えてこない。人物の心理は描写されず、まるでそれが当たり前のことのように、麻薬を売り、釈放のために金集めに奔走する。

<彼らにとってはこれがいつもの、日常的な状況なのです。彼らは物事をあるがままに受け取る。彼らは感覚が麻痺してしまっているので、嘆きも抵抗もしない。そもそもほかに選択の余地もないのです>(http://synodos.jp/culture/20085)。

「衣食足りて礼節を知る」。逆に言えば、衣食足りなければ礼節など悠長なことは言ってられない。貧困に苦しむ彼らに、怒ったり、くよくよしたりしている暇はないのだ。

本作のハイライトの一つが、ローサの娘ラケルが転ぶシーン。<彼女はとても狭い路地を歩いている。ほかに道はありません。誰かが水を捨てる。別に悪意からではありません、仕事だからです。娘は滑り、転ぶ。でも彼女は文句も言わず、自分を転ばせた老婆をなじりもしない。ただ立ち上がって、歩みを続けるだけです>(http://synodos.jp/culture/20085)。

逮捕の日から翌日までの動きをドキュメンタリー風に描いた“硬派”でリアルな物語。最後の最後で、この映画唯一の心理描写といっていいローサの姿。カンヌの女優賞はこれで決まったのではないのだろうか。

●物語(50%×4.0):2.00
・ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が2016年6月30日の就任直後から麻薬、薬物犯罪者の殺害を容認、報奨金などに言及して奨励していることとの関連も注目されるけれど、フィリピンの社会構造を明らかにしていることが良いと思う。

●演技、演出(30%×4.5):1.35
・説明的な要素はなく、映像で実態を見せる。ラストのローサの姿は寝落ち厳禁。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・手持ちカメラのドキュメンタリー風の映像が雰囲気にマッチ。
フィリピンの監督、ブリランテ・メンドーサの2016年作品。マニラのスラム街を舞台に、麻薬売買で逮捕された夫婦を描く社会派作品。ブリランテ・メンドーサ作品は初めて観ました。

 社会派作品を語る手法を僕は持っていないのかもしれない。フィリピンの貧困についてあまりにも知らなさすぎるし、それを後ろめたく思う程度の良心はあるし、メッセージを完全に映画的手法から切り離して語る手法も確立できていない。
 そんな言い訳を並べつつも書くと、マニラのスラム街という街を手持ちカメラによりぶつ切りで切り取った点が特筆すべきところになるのかもしれない。最初観ていてこれはドキュメンタリーなのかと見まがうくらいだった。それくらい、マニラという街は「リアル」だし、演出が介在していると思えないくらい各役者陣の演技も「リアル」。

 一方で、タレこみにより芋づる式に関係者が出てくるところ、警察の腐敗がわかりやすいほどの腐り具合で、今年観た映画の中でもベスト級の悪役具合であること、後半の保釈金をめぐる子供たちのやりとりなど、娯楽的要素も含まれている。

 そして、実は意外とわかりやすいストーリーラインを踏んでいくうちに、次第に街の「顔」が浮かび上がるんですね。この街がなぜここまですさんだかはわからない。それでも、間違いなく人々の性格をゆがませる因子がこの街にはあり、子供たちもそこへ飲み込まれていくという暗示。この映画の主役は間違いなくこの街だった。
 そしてラストに映されるローサの顔は、この街の表情を具象化したものであり、間違いなく映画を終わらせるに足る顔だと感じた。

 と言いつつも、疲れた体には堪える作品だったのも事実。個人的にはこの手の荒廃したリアルを描いた作品は『そして、ひと粒のひかり』('05)のエンドロールがアラニス・モリセット風のポップソングで終わるように、物語的なものでなくても多少の救いがあった方が好み。生活感あふれる映像は情報量も多く、疲れるのも事実なので、体力のある時に観ましょう。
太ったオバハンがギャアギャアうるさくしながら何やら活動していると思って見ていたのだが、我々は徐々にこの人に同情的な視点で事の成り行きを見守らなければならなくなる。
一体何をもって正義と認識出来るのか。こちらがこれまで培ってきた常識が削り剥ぎ取られていく様な気持ちになる。
撮影手法によるものなのか、彼ら彼女らの世界での出来事の観察は、異様に迫力を感じる。
観終わったとき、「あ、、、参ったな、、、」等と、ポロリ呟かずにはおれない。
なかなか凄い作品だった。
skipRA

skipRAの感想・評価

-
街の熱気と生活感の凄さに映画のフィクションが負けていない。後半は展開とともに街までドラマチックに見えてきて転倒に涙した。人間と街がどちらもそのままに感情的。
Masa

Masaの感想・評価

4.0
フィリピンの貧困街、サリサリストア(小さな生活雑貨店)を営み慎ましも平和に暮らしている一家を悲劇が襲う。生活の足しに麻薬を販売していることを、可愛がっていた近所の少年に密告されてしまった。

一家の両親は拘置所へ、3人の子供は釈放資金を集めるため奔走する。
警察って?賄賂って?家族って?フィリピン人監督による作品だから当然なんだけど、フィリピンの生活がリアルに描かれる。善良で権力にイジメられるだけの、お涙頂戴の市民は登場しない。描かているのは、ひたすらリアリスティクなフィリピン人。陽気で甘くて大好きな家族のためならなんでもする。

役者さん、演技が上手すぎます。
そして、カメラが透明になったような映像。つまり、映像は作り物って意識をさせない程のカメラワーク。これは、ドキュメンタリーです、と言い切りたいほど、リアル。
大統領は麻薬戦争で超法規的殺人を繰り返していると国際的にも非難されているけど、映画中に政治の話は一切なし。これも計算された演出だったり?
narry320

narry320の感想・評価

4.3
【映画】『ローサは密告された』。心理を描かず画だけで見せ切るブリランテ・メンドーサ。仲間に売られ捕らわれた警察に搾取されながらそれでも生きていく家族と街模様。ドキュメンタリーと見紛うリアリティしかない演技体。痺れました。傑作です。youtu.be/Wyd31XIB6yM
bonsainyc

bonsainycの感想・評価

3.5
警察が腐敗している
smilemasa

smilemasaの感想・評価

4.0
善人か悪人かは紙一重で、偶然で。この映画はフィリピンでも上映されている、という事実が何よりも希望。
http://www.bitters.co.jp/rosa/
mitumeme

mitumemeの感想・評価

3.5
国全体が腐敗してる
skm818

skm818の感想・評価

3.8
密告で逮捕された薬物売人の夫婦とその子どもたちと警察の話。
冒頭数分もしない間に、フィリピン社会のいい加減さ(小銭がないので釣り銭はなしとか、バックしたくないのでタクシーここで降りてくれとか)、ローサが暮らしている地域の貧しさ、汚らしさ、そしてローサやその夫ネストルの図々しさや図太さやクズっぷりが露わになる。顧客ノートまで作って商売してるんだから、正直逮捕されるのは自業自得というものだろう。
ただそれに輪をかけて警察官がクズ。保釈と引き換えに大金を要求。払えないと言うと仲間を売ることを要求。で、ローサは売人の名前を言う。これって後から報復受ける可能性があるよな。
売人が逮捕されてボコボコにされている。警官はさらにローサたちに金を要求する。ローサは子どもたちに金の工面を頼む。子どもらはそれぞれ親戚に頭を下げたり、テレビを売ったり、売春したりしていくらかを手に入れる(次男を買ってるおっさん、給料全額少年買いにつぎ込むとか…)。でもまだ足りなくて、娘のケータイを質に入れることになる。それでも必要な額には足りない。
どうするのかっちゅー話なんだが、映画はケータイを質入れしにきたついでに団子を貪り食って目をぎらつかせているローサの姿で終わる。このおばさん、釈放されたらまたやる気満々やで… なんかこのまま夫も子どもも捨てて逃げそうな気もするし。
>|