ラビング 愛という名前のふたりの作品情報・感想・評価

ラビング 愛という名前のふたり2016年製作の映画)

Loving

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新…

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

「ラビング 愛という名前のふたり」に投稿された感想・評価

ジョエル・エドガートン演じる無骨でシャイなリチャード。
子供が出来た事を打ち明けられた時の
喜びっぷり😆
ミルドレットをどれだけ愛してるか…
テレビ見ながら膝枕で楽しそうに笑ってるところが一番のお気に入り🎵

とても良かった。
素敵な夫婦だよね

このレビューはネタバレを含みます

アメリカの公民権運動前夜、結婚した夫婦。彼らの住む州では異人種間の結婚が認められていなかった。夫婦の絆が描かれた名作。
不当な逮捕、拘留、そして裁判を経て最高裁判決。
バージニアの自然が素晴らしい。
まり

まりの感想・評価

4.0
主演二人の演技が素晴らしかった!

実話なので現実の残酷さを突きつけられてしんどい。
Ayk

Aykの感想・評価

3.4
記録
miho

mihoの感想・評価

3.7
愛と思いやり。


割と悪役を演じてるのを見かける
ルース・ネッガの静かで素朴な
雰囲気がきれいでした。(実物の
ミルドレッドさんも綺麗!)
エドガートンさんの金髪に最初は
違和感あったけどさすがの演技派、
口数多くないんだけど表現が豊かで
終始この夫婦の力になりたいと思えた。

邦題どうよと思ったけど
まぁそうだけどねとも思う...
ただ愛しただけ

ただ愛しただけで犯罪者になってしまった二人。
理由は黒人と白人だからだ。
彼らに下された判決は、離婚か生まれ故郷を捨てるかである。

アメリカの黒人差別は根が深い。
それは今も変わらない。テレビで誰かが言ってたけど日本人は色んな文化を受け入れることが出来る人種だと。そう、日本では考えられないことだ。肌の色が違うだけ。それだけで罪になる。

故郷を捨てるというのは、かなり辛いことだろう。
自分は、故郷を離れたことがないし、今も実家で楽々な暮らしを続けている。見知らぬ土地に暮らすこと、故郷に戻れば捕まる。
もう一度言うが、彼らはただ愛しただけ。

肌の色も人種も関係なく皆が手をとり、笑い合い、助け合う。
そんな日がくるといいのにな。

wowow
はま

はまの感想・評価

3.4
アカデミー賞での印象も強い今作。
そんでもって気になるジョエル・エドガートン。

めちゃくちゃイケメンだとか、ハリウッドの大スターだとか、そういう風に言われる役者でもないし、悪く言うと「華のない」人かもしれないけど…
めっちゃいい演技しますよね。

『ウォーリアー』ではトムハ目当ての私を泣かせ、『ザ・ギフト』では恐怖に突き落とし、『ミッドナイト・スペシャル』では超絶SFをしっかりとした人間ドラマに仕立て上げたジェエルさん。
なんかこう…最近は彼が出演してるだけで一定の安心感を得ている事に気付きました←

そんな彼が黒人女性と結婚して逮捕されるお話。というか実話。
それだけ聞くと今のご時世「は?」ってなるけど、1958年ってそんなだったんだなぁと。そりゃそうか。戦争の歴史は根強い…

現代人としてはそんな歴史の根強さとは程遠いので(他の映画でその手の話は幾度となく観ているけれども)、やっぱりどこか現実味のなさとかを感じる部分もあったり。
それに、裁判だとか弁護士だとか、そっち側の話もあまり描かれてなくて、アッサリ終わってしまった感じも。

ただこの映画って、あえてそういった部分を前面に押し出してないところがウリでもあるのかなぁと思いました。
ジョエル・エドガートンだしね(贔屓?)。
ドラマをやらせれば「そこにいるだけでなんか画になる(ビジュアル的な意味ではない)」人の正しい起用法だと思いました←

裁判で最後に「ウワー!(嬉)(ハッピーエンド)」みたいな映画って結構数あると思うので、それとは一線画す感じを受けました。
それで面白いか面白くないかは人によるとは思いますが……


一番びっくりしたのはモデルになった二人と映画での二人がめちゃんこソックリだったこと(°_°)
サエカ

サエカの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

最初の方は話がどう展開していくのか読めなかったけど、最後には大感動してた。

白人と黒人が結婚してはならないなんて今では想像もつかないようなおかしな話で
好きになるならないというのはとても法律で制御できるようなものではない、そのことに気づかないとは愚かな政府、

一見寡黙で仏頂面のだんなさんの、純粋な奥さんを守る気持ちが素晴らしかった。
テレビを見ながら笑い合う夫婦のシーンも良かったし。メディアは最悪だったけど。

せっかく幸せになれたのに、飲酒運転に巻き込まれ死亡は悲しすぎる、、、
家をお父さんと思って暮らし続けたのだろう、、、

ヒューマン映画は最高です。
ちゑ

ちゑの感想・評価

2.5
実話なので淡々と物語は進み、エンターテイメント的な要素はないが、こんな時代が本当にあったのだということを忘れてはいけない。

日本とは違い州によって法律の違うアメリカで、人種の違う人同士の愛が法律で認められることになった歴史的な判例のお話。

裁判で勝利を勝ち取るストーリー展開というより、主人公家族の愛情に溢れた日常を描いている。

しかしいつかアメリカの黒人社会が石器時代を語るように『そんな時代もあったみたいだね。』と忘れてもいい時代が来ることも願いたい。でないと、黒人の子供達が歴史を知った時、暗黒の時代に怒りや悲しみや劣等感を抱いてしまうかもしれない。そのことを思い出す必要のない、法だけでなく人々の心の中でも真の意味で、平等が当たり前の世の中になってほしい。

しかし素敵な苗字だな。
>|