ラビング 愛という名前のふたりの作品情報・感想・評価

ラビング 愛という名前のふたり2016年製作の映画)

Loving

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新…

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

「ラビング 愛という名前のふたり」に投稿された感想・評価

ジョエル・エドガートン演じる無骨でシャイなリチャード。
子供が出来た事を打ち明けられた時の
喜びっぷり😆
ミルドレットをどれだけ愛してるか…
テレビ見ながら膝枕で楽しそうに笑ってるところが一番のお気に入り🎵

とても良かった。
prdd

prddの感想・評価

4.5
ジェフ・ニコルズの映画大好き。
観るといつもなぜか「ボレロ」やバッハを思い出す。音楽の映像の絡みがとても好き。同じ旋律から気づかないうちに和音と違う音やリズムが積み重なる。ラストは心地よいユニゾン。そんな感じ。モーツァルトやベートーベンの激情にはない、理性的で抑制された、しかし何より熱い。
幼き時より培われた、人が人を受け入れる感覚はとても大切。だからこそ、我々は偏見のない人を育てる義務がある。そして、間違った受容を持って育った人を、頭ごなしに非難するのではなく、気の長い対話をもって律するべきなのだな、と、昨今のトランプのことやら世界のことを思いながら見た。hateする人をhateしてはいけない。リチャードも環境が違えば、白人史上の方に入ってたと思うから。アフリカ系の友達たちの言葉が真実だなぁ。
ラストの実物の写真が素晴らしい。アメニモマケズのように、リチャードのように生きたいと願う。
言葉足らずで無骨でも、物事の核心を見通す目と愛する人を守る心は本当に感動だった。時代と時勢に翻弄されながらも、ひたすら愛する人を守り抜いたんだな。すごい。
こやち

こやちの感想・評価

4.0
ただ愛している。ただそばに居たい。ただそれだけの思いが法律を変えたんだね。二人の間の温度差が破綻につながるのかとちょっと心配しちゃった。
あとあの弁護士ね。詐欺師かと思ったよ。なんかキョドってるんだもん。
poggy

poggyの感想・評価

3.4
2018-71

アカデミー賞が好きそうな映画。

夫婦2人の演技が自然でよかった。

最後ホロっとしてしまった…
異人種間結婚という重いテーマを淡々と深く静かに描いている。

ラストのテロップで思わずホロリと😭
こまち

こまちの感想・評価

4.2
実話をもとにした作品。
何が素敵かって、この夫婦は激しく主張したり、強く反抗したり、デモ行進するタイプでは決してないということ。
ただ、『妻を愛してる』『夫についていく』信念を貫き続けるその静かなふたりの確かな愛が尊くて、美しかった。
リチャードの悲しみの涙も、喜びの涙も、普段の彼の様子を見ていたら胸をとてもとても熱くした。
派手さはないけれど、とても素敵な作品であり夫婦でした。
Yuya

Yuyaの感想・評価

2.7
控えめな演技 控えめな演出によって
基本的人権だったり 当たり前の幸せを 無意味に奪おうとする
法や権力の愚かさに対する抑制された“怒り”が グッと凝縮されてた気がする

そもそも 何の為 誰の得になる決まりごとなのか…
そんな事に目を向ける余裕さえないなら 死んでも白人になんて 生まれ変わりたくないね
だって 恥ずかしいもん

ただ 忘れたくないのは 人種や民族 あらゆる分け隔てを超えて 素晴らしい人が世界にはたくさんいるわけで だからこそ今日だって この2人のように恋人たちが愛を誓いあってんだってコト
>|