ラビング 愛という名前のふたりの作品情報・感想・評価

ラビング 愛という名前のふたり2016年製作の映画)

Loving

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新…

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

「ラビング 愛という名前のふたり」に投稿された感想・評価

人種問題はアメリカでは常にある問題で、でも結婚さえ許されない時代もあったのだと驚愕した。まだ、年月も浅いことも驚きだが、愛に勝てぬものはないと感じた。
TYCHO

TYCHOの感想・評価

3.3
実話か、、
それもたった60年前の話、、、
アメリカってやっぱりよくわからない国だな。
人種差別なんて1番人間としてみじめなことなのになぜ差別するのか?
人類はみな平等だし、色で判断するこの国はおかしい。
にこぺ

にこぺの感想・評価

3.8
ラビングって、姓なんだ。
二人を阻むヴァージニア州の法律を相手に、3人の子供たちと幸せに暮らして行くために戦うラビング夫妻。
戦うというよりも、じっと耐えて待つという感じです。派手な演出や盛り上げる音楽はなく、二人見つめあって信頼しあいながら、日々の生活を送っている感じがとても良かった。
10年経って子供3人もいるのに、結婚した頃と変わらない雰囲気はちょっと信じられないけど、黙々とブロックを積み上げて働く夫を見ていると納得させられます。
裁判の様子をもうちょっと盛り込んでくれてもよかったんじゃないかしらね。
Hana

Hanaの感想・評価

3.5
あんなに愛してくれる
リチャードがいながら
ミルドレッド ほんまっ!(イラっ)
ってなった 笑

なので余計に
シェイプ オブ ウォーターの時と
全然違うシャノンに惚れます!
最後がよかった。

違う人種の人との結婚って、差別的な要素が大きな要因かなと思ってたけど、
混合種が生まれる危惧という視点はなかったな。
それが正しいかどうかは別として、
そう信じる人の主張は理解できた。

そう考えると、白人と黒人じゃなくても
白人と日本人でもありえた話。
naoko

naokoの感想・評価

-
1枚の写真でこんなにもグッとくるとは

純愛
映画を観て思った、今年初めて泣いたと……
決して言葉が多い訳ではなく、とても静かで、でも強い愛の話でした。
二人の表情がすべてを物語っていたし、静かな怒りと、心の底で変わらぬ愛を持って生きていく、家族の生き様。。
歴史はこうやって、知らない間にも少しずつ動いていくのだと改めて感じた。
素晴らしかった。
熱くなりました。
nutaki

nutakiの感想・評価

4.2
実話ベース。実話には弱くて涙腺が緩むなあ😢
ラビングというタイトル、恋愛もの?と思ったけど、これは名字。
ラビング夫妻のラビングの物語!
だから、変なサブタイトルが付いてる。愛という名前のふたり。
まあ、ご親切さま💦
1958年のアメリカ・バージニア州が舞台。
大工のリチャードは白人、恋人のミルドレッドは黒人。
バージニア州では当時は異人種間の結婚は法律で禁止されていた。
でも2人は結婚することを決心し…。
ポワチエの『招かれざる客』を思い出す。というか先日観たばかり。
あちらは男性側が黒人で、違法ではないものの、白人社会から偏見の目で見られた。
アメリカは州に依って法律が異なっているため、バージニアは南部側に属しているためか、厳しい法律だったのかな。

リチャードをジョエル・エドガートン。
43歳というこの方、年よりやや老けて見える位なのに、何と20代の若者の役。かなり違和感あるスタート。
下を向いて上目使いの表情が、若き頃のハーヴェイ・カイテルに似てる。
まあ、イケメンとは言い難いが、実物にはかなり近いかもしれない。
ミルドレッドをルース・ネッガ。
『エージェント・オブ・シールド』に出演していた。
母親がアイルランド人、白人に近い黒人で綺麗で魅力的な女性。
ライフ誌の記者役で、マイケル・シャノン登場。
190㎝を超す長身にあのコワモテ💦
ソワソワしたが、ごく普通のむしろ善人っぽい役で拍子抜け。シャノンの無駄使いじゃ!
監督のジェフ・ニコルズの作品『MUD』にも出ていたから、監督の仲良しだったのかしらん?
『MUD』でも淡々と丁寧に描いていたが、今作もこの監督らしい、静かで優しい脚本だ。
異人種間の衝突やKKKみたいなのが出て来るかもと構えて観ていたが、そういう恐ろしいシーンはなく、安心して観れる。
ただ、ちょっとハラハラするシーンは幾つかあったが。

リチャード役の年齢が気になっていたが、裁判と同時に時が流れ、まあ、何とか見れるかなという感じになり、最後の方は、ピッタリのキャストだったと思えた。
寡黙だが愛情溢れるリチャードを抑えた演技で好演した。
裁判前に弁護士に言うセリフは泣けた。
(予告編に入ってるので、観ない方が良い)

実話お約束の本物が最後にチラリと映像で出て来るが、それが少しだけで、その辺りもあっさりで良かった。
お涙頂戴的な作りをせずに、淡々とした作りが、かえってこの2人の気持ちを際立たせて、余韻が残る。

誰かが最初に闘って、新しい道は拓ける。
その最初はどんなにか勇気が要ることだろう?
道なき場所に道を切り開く、その苦難を想像しながら。

最高裁の判決が出たのが1967年6月12日。
この6月12日が〈Loving Day〉になったそうだ。
昨日。
>|