お嬢さん(2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:145分
    監督
    パク・チャヌク
    キャスト
    キム・テリ
    キム・ミニ
    ハ・ジョンウ
    チョ・ジヌン
    キム・ヘスク
    ムン・ソリ
    イ・ドンフィ
    あらすじ
    1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

    「お嬢さん」に投稿された感想・評価

    予告編見たときに想定してた話とはかなり違う、ガールズムービーだった
    ただ、これ以上はネタバレになるので、現時点で興味を持っている人は迷わず見に行けばいいと思う。パク・チャヌク作品なんだし。

    「オールド・ボーイ」を見たときの、「あっ、そういう話になるってちょっと考えればわかったのに、なんで気付かなかったんだ!」って思ったときのことを振り返ったり、大好きなフィンチャーのある作品以降の話だなーと思ったりしました。

    このレビューはネタバレを含みます

    祖母と見に行ってしまって大変に気まずい思いをした映画(大学生とシニア)


    でも帰りの車の中で『あれは女性蔑視から二人の女性が解放される話ではないか』と言う意見を聞けたのでとても良かった。気づかなかった!エロばかりに気を向けてしまってた!
    そう言われると、二人が屋敷を抜け出すシーンや、船で旅立つシーンは本当に解放的だった。
    それに、スッキが書物を破り捨てていくシーンも、単に彼女の嫉妬というよりも、ヒデコが性の道具として扱われたことに対するとてつもない憤りと考えた方が自然だし、『性』という一本のテーマが通った映画だったんだと思った。

    綺麗な女性二人の絡みはクラクラするほどに美しかったけど、一番初めのスッキとヒデコが夜に貪りあうシーンはBGMも相まってコメディっぽくて、はたから見たときの性交渉の滑稽さを感じたし、あまりに直接的に性器を指す言葉が出て来たときの食傷感は映画を見る前から性に対して抱いたことのある感情で、この映画はいろんな面から見た『性』が超高密度で詰まっているのでは、と思った。
    いい映画体験だった。祖母と見れて良かった。

    あと、伯爵のベタな金持ちへの憧れかたとか、札をベットに敷いちゃうところとか、ちょっと小物っぽい人間臭さがとても好きでした。
    普段から韓国映画はあまり観ないんですが評判も良かったし名画座でやってるのを知り自宅の外は選挙カーもけたたましかったので、思い立ったが吉日です。

    面白かったですね。世界観は江戸川乱歩?、よりポップさが加わるので京極夏彦か。1930年辺りの日本に併合されていた時代の韓国が舞台で日本語がバンバン飛び交うので観やすいですね。と同時に反日とまではいかないにしても日本への恨み辛みが微かに伝わってくるのは否定出来ません。日本の戦後すぐの焼け野原を映画で観た時のアメリカ人に対する感情に似ているかもしれません。

    観終わった後「なるほどね」って唸るんですがプロットにそれほど真新しさはないんです。谷崎の卍(まんじ)であり、ウォシャウスキー兄弟のデビュー作『バウンド』でも元祖アヒル口女優ジーナ・ガーションもこれやってましたからね。じゃ今人にどっちを薦めるかといったら断然『お嬢さん』に軍配が上がる。この二人の女優がとにかく綺麗です。ハイハイ白状します、二度ほど私エレクチオンしました。🎵そんなつもりはないんです~⤴そんなつもりはないんです~⤵
    監督の映像へのフェチさがすごい伝わる凝った作品

    観賞後に日本版の予告を観て、先に予告を観なくて良かったと思った

    1シーン毎に新鮮な驚き、人にはオススメしづらいけれども、エロくて過激で綺麗で少し笑える、不思議な作品。
    凄まじい程の百合
    伯爵もよかったなあ
    めちゃくちゃよかった。
    好きなシーンがたくさんありすぎ!エロ〜い!お嬢さん美しすぎてしばらく頭から離れなさそう

    エロ〜い
    エロなアートか、アートなエロか。どっちでもいいか。美しすぎる映像の中で美しい人がゲスな台詞でまあ素晴らしい!
    そして本当に適材適所な役者陣。端役までぴったりで隙なし。加えて飽きさせないストーリー展開。合間の黒いユーモア。改めてすげえ監督だ!
    キムミニの代わりの日本人女優いるかなって考えると、日本語ツッコむのは不粋かなと。
    Korean masterpiece by Park Chan-wook The Handmaiden / Agassi. Super Erotic, Abnormal and full of black humors. お嬢さん,笑える程にアブノーマルでエロイ。濡れ場もマジです。今のところ2017ベスト。
    「エロと笑いは紙一重」
    むしろエロと笑いがお互いを喰い合い呑み込み合い。
    フェティシズムって滑稽なものですねえ…。この言葉はまんま自分にブーメランします。
    あなたもわたしも変態だ! みんな変態だ! 変態バンザーイ。

    先に観た友人が「ハジョンウが坂上忍に見えた」というので、彼の登場はのっけから坂上忍だった。見ればみるほど坂上忍だった。しかも一瞬大鶴義丹にも見えた。
    それでもわたしはハジョンウが好きだけど。

    伯爵の桃汁ブシャーで、今年はいっぱい桃食べようと思い、お嬢さんの衣装箪笥の中身を見ては、今秋こそちゃんとした革手袋を買おうと固く決意。
    女優さんのルック(色白女子vs色黒女子)もだけど、家具調度や衣裳の凝り具合がとても良い。こだわり方がウェス・アンダーソンっぽいと思う。
    お嬢さんのゴージャスな洋装和装も、侍女たちのチマチョゴリメイド服にも萌えまくりですよ。
    もう一回細部まできちんと見たいわあ。
    お嬢さんはマボロシのようにうつくしかった。ストーリーも面白かった、楽しめた。あの男のひとがサカガミシノブ氏に見えちゃってしょうがなかった。
    私事ですが、6月というのが本当に苦手でございまして、映画館も約1ヶ月ぶりでございました。一ヶ月ぶりの映画がこちらのように大層変態で、美しさこの上なく、違和感さえも大層面白く楽しめる作品であったことを嬉しく思います。←朗読してください。

    設定上、ニホンゴがあんな感じなのはごく自然で、もし流暢ななんの問題もないレベルならかえって不自然だったかもと思います。

    先月末に観た「哭声」には出ていなかったハ・ジョンウがこちらでは大活躍で取ってつけたようなニホンゴがこんなにも効果的に聴こえるのかと恐れ入りました。大事なところがハサミで切られなくてほんとによかったです。

    いやぁ韓国映画ってほんとに素晴らしいですね。ビバ変態。

    そりゃきっぱり口に出して音声化すると単語は笑っちゃうよねぇ~。
    >|