お嬢さんの作品情報・感想・評価

お嬢さん2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:145分

3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結…

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

「お嬢さん」に投稿された感想・評価

ne22co

ne22coの感想・評価

-
これ、、なぁ〜、、、公開時にスクリーンでみとけば良かったなぁ〜っっっ。

至る所にキレのある美しさが散りばめられていて、もう、只々目を見張ってしまった。
とみー

とみーの感想・評価

3.3
(こんなあなたにオススメ)
・ミステリー好きな方
・きれいな女性が好きな方
・大人なストーリーが観たい方

(こんなあなたには向かないかも)
・意外に長い 140分くらい
・エロを目的なら うーんって感じ
・とにかくエロを目的にしぎない事が重要

[エロというよりフェチ?韓国発のアダルトサスペンス劇場!]

皆様のレビューを拝見し エロを期待しての鑑賞!いやいや そっちかい!って感じでした!サスペンスとしては良かったです 小説のような展開でした
しかし 18禁にするほどか?
胡蝶

胡蝶の感想・評価

3.8
記録用
終始淫靡な感じがする映像や音声が良い

洋館と和風建築のミックスの怪しい館

侍女たちの制服

ババアの佇まい

女の囁き声

お嬢様を入浴させる侍女

お嬢様に添い寝する侍女

館で繰り広げられていること

観る前には計り知れなかったストーリー展開にビックリ

よくできた作品だけど、登場人物に感情移入ができず、魂を揺さぶられない作品なので3点(個人的な感想です)
KURO

KUROの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

三部で区切られており 一部毎になるほどな と言ってしまう 上手い作りだと思った

ストーリーは分かりやすく ラストもいい方向の終わり方だったので 後味は悪くはないのですが 全体的に暗いというか 陰湿な感じで エロティックよりそちらのイメージが強かった
まあ どちらにしても オススメし難い作品

吹き替え無しの理由なのか 日本語が混じるのですが 日本語の部分が聞き取り辛かったのが残念です
ふとん

ふとんの感想・評価

4.5
パクチャヌク監督といえば、オールドボーイを思い出してしまって、これもエログロなのかなと恐々観始めたら、、
美しい絵にあっという間に引き込まれ、騙し騙され、すっかりこの映画の虜になってしまいました。
えい

えいの感想・評価

3.6
お嬢さん、、、騙された!

やっと見れた!って気持ちと同時になにを見せられてるんだ…って気持ちになった。笑
HAL

HALの感想・評価

4.0
「Fingersmith (荊の城)」BBC版が大っっっっ好きなので、ずっと見るのが怖かったのだけど、やっと見た。(BBC版はサリー・ホーキンスがスウ(スッキ)ですよ!)

…なんだこれは。『荊の城』をベースにしただけの、全然違う作品だった。一言で「すごい」しか、正直出てこない。圧倒されて語彙力を失う(もとより無いけど)演出だった。

これはこれで、全く別物として、好き。官能に焦点をおいてしまうと、サラ・ウォーターズの信念が歪められないか心配だったけれど、それもない。虐待から脱出し、女性が女性であり、ビアンでいることを貫けるお話になっていた。途中、ハラハラしたけど。あと子役にあんなこと言わせて大丈夫か。

原作を基に、こんなアレンジができるものか…。笑えるシーンまで挟んでくるとは。才能ある人の想像力ってこんなに豊かなものなのか。更に、あの長編大作を無理なく二時間に納めるための脚本の工夫がしてあるのだけど、それが逆にこの作品を更に高めていて、溜息。

BBC版への敬意も前半には感じられて(主に衣装と家具・窓の配置、音楽)、あとベルも良かった…。ベッドサイドの百合が気になった。

歯を削るシーンも、良い。BBC版では、前半にこういう、過度な官能は抜きの、静かで耽美なシーンが続くのが好きだった。BBC版では原作に忠実に、もっと手と手袋にフォーカスしてて(原題: Fingersmith=スリ、単語にFingerがあるのと、その指が二人夜の営みに使われることにフォーカスしてる)、これまた好きだったが、そこは時間の都合だな。

男尊女卑の韓国でこれが作られたことも、良いなぁと。対して日本は…。
言語の面では、最初は違和感を感じたものの、韓国人の役者がここまで話せるの、ヤバくないか…?に変わっていった。たまにとても自然な発音が出るたびにぶっとぶ。世界観に呑み込まれて、どんどん気にならなくなってたな。

ラスト付近ではタコの効果がまた、、天才!

何度もBBC版ってうるさいですが、最後にまた推しておく。お話はいいけどここまでの過激さはいらない、って方に、ぜひBBC版をオススメしたい。ベッドシーンは脱がないし、ひたすらに美しい作品です。サリー・ホーキンスはもちろん、モード(秀子)役のエレイン・キャシディの演技力に惚れますよ。
misu

misuの感想・評価

4.7

台詞を完璧に聴き取れなかったのは確かだけど、面白かったあ😽お家めちゃシノワズリやしな (私得) 😽
>|