お嬢さんの作品情報・感想・評価

お嬢さん2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:145分

3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結…

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

「お嬢さん」に投稿された感想・評価

何やら、ぴちゃぴちゃっと湿った音の他に鈴の音が聞こえてくるのです。チリーン、チリーンと。そして、鈴の音に混ざって、時折、女同士の喘いでいるやうな声が聞こえてくるのですよ…(稲川淳二さんのようにお読みいただけたらベストです。)

日本人がいかに変態であるかを描き、変態王国日本を印象付けようとした反日映画。がっ、まだまだ甘いっ、あまーい!

活字は想像力により10倍にも100倍以上にも昇華させることができるといったワビサビ的変態感を狙ったのかもしれないけど、あのタコを活用しない手はないっ!

女優さんは嫌がるだろうけど、巨大タコをぐるぐる巻きにして絡ませてこそ、真の日本が描けたのに。日本が誇る我らが門脇麦ならチャレンジするはず。

変態な方々は、巨大タコの吸盤を見て、ハァハァ想像するがよろし。

お嬢さん、なぁにぃ、お嬢さんって、いい匂いぃ…
赤鬼

赤鬼の感想・評価

3.6
映像の美しさ、音楽の使い方の巧さ。そして構成の素晴らしさ。
ぱむ

ぱむの感想・評価

5.0
色彩ストーリー耽美、全てがよかった
官能的でありながら嫌らしくない、性的でない、美しい画
観終わった後の男性への嫌悪感
原作はイギリスとのこと、読んでみたい
vanilla

vanillaの感想・評価

4.3
ビンビンきました
とにかく女性が綺麗、2人とも綺麗やん
日本語聞き取りにくいのがつらかったけど別に聞き取れなくても全然最後まで面白かった
あれ?これなんだろって画面の中にうつってたものが後で分かったりして細かいとこまで楽しかったな
tamai

tamaiの感想・評価

4.8
前々から観たかったやつ。
『オールドボーイ』の監督なんでハードル高めで臨んだけど、軽々超えてきた。最高に面白かったです(´∀`)

ミステリアスで、エロくてグロい。しかも笑える。いろんな要素詰め込んでるのに違和感なくハマってましたd( ̄  ̄)
映像や音楽も綺麗で文句なしです。

好みが分かれそうな映画ですが、予告みて興味持った人は絶対観るべきだと思いますd( ̄  ̄)
みさお

みさおの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

チンポを守って死ぬ…カッコよすぎるぜ
ぴごん

ぴごんの感想・評価

4.0
初韓国映画がこれかぁ…
takayama

takayamaの感想・評価

4.1
淫靡ですねー。主役のお二人、決してセクシーじゃないのに艶やかでした。
春本の朗読会という謎の設定や、奇抜なセット、独特な引きの画作り、ときおり挟まれる片言の日本語、全てがこの何とも言えない世界観を作るのにひと役買っております。
エロいだけじゃない、映画で見る叙述ミステリとしても好感。置いてけぼりをくうこともなく、理解もしやすい。その辺は流石のエンタメ感覚。
第三部でもう少し痛快な気分を味わいたかったなー、とは思ったけど、女が男を出し抜く展開は大好物。性に対して潔癖でもあり、奔放でもある、お嬢さん。
えりこ

えりこの感想・評価

3.6
騙され騙され騙された!

一部の終わりから、んんん?てなって同じシーンを別の角度から撮って、前のシーンに繋がっていくところの巧みさ。

あっちの方からはこう見えてたのに、こっちではこういうことをしてたのか!と度肝抜かれる。

そして、18禁ともなる単語を韓国人の方が日本語で話す。

変態な世界

暗くて、でも綺麗で。

登場人物おもしろい
>|