お嬢さんの作品情報・感想・評価

お嬢さん2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:145分

3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結…

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

「お嬢さん」に投稿された感想・評価

何やら、ぴちゃぴちゃっと湿った音の他に鈴の音が聞こえてくるのです。チリーン、チリーンと。そして、鈴の音に混ざって、時折、女同士の喘いでいるやうな声が聞こえてくるのですよ…(稲川淳二さんのようにお読みいただけたらベストです。)

日本人がいかに変態であるかを描き、変態王国日本を印象付けようとした反日映画。がっ、まだまだ甘いっ、あまーい!

活字は想像力により10倍にも100倍以上にも昇華させることができるといったワビサビ的変態感を狙ったのかもしれないけど、あのタコを活用しない手はないっ!

女優さんは嫌がるだろうけど、巨大タコをぐるぐる巻きにして絡ませてこそ、真の日本が描けたのに。日本が誇る我らが門脇麦ならチャレンジするはず。

変態な方々は、巨大タコの吸盤を見て、ハァハァ想像するがよろし。

お嬢さん、なぁにぃ、お嬢さんって、いい匂いぃ…
植民地国家建設や詐欺的取引は父的=「男性的」なものであるが、それを女性性という抜け穴をくぐり無化させるという構造。相変わらずドロドロの情念に胃もたれするが、今回のパク・チャヌクは美的にそれを昇華させた。
ぴこ

ぴこの感想・評価

5.0
引き込まれた。つくりよし。
サスペンスとしても面白いし、なんて官能的。エロ過ぎ。この頃の生きる為なら「何をしてもええんじゃ」感は堪らなくワクワクするし、アジアグローバル感は浪漫。戦前って一括りに負の歴史として処理してしまいがちだけど、こんな時代が10数年はあった訳で、権謀術数めぐらして、人々が活き活きとした時代でもあったはず。虹色のトロツキーなんかを同時に読むとより楽しい。

このレビューはネタバレを含みます

キャラが立ってて面白い!
ストーリーも意外性たっぷりで大満足
あうん

あうんの感想・評価

3.0
百合大好き!百合の間に挟まりたい!とかほざく男達全員に強制的に観せてほしいと思った。
Mai

Maiの感想・評価

-
No.44 /4000🌈
1章の終わりで思わず前のめり。
どんでん返し…想像もしていなかった。
2章3章では伏線回収だけでなくここでもどんでん返し。
パンツ一丁なのに格好いいタバコシーンは脳裏にこびりついた。

エロスと騙し合いが続くので『ワイルドシングス』に似たような構成かと思いきや丁寧さが全然違い、脚本が秀でております。

卑猥な単語もてんこもり。日本語で言わせるという皮肉が何とも言えない。

男性がとことんゲスく描かれ、歪んだ性的嗜好の上月は気色悪いの一言だが、藤原はなんか嫌いになれなかった。お嬢様への愛を感じたからかな…。
とりあえず守れて良かったね😢

ストーリーと関係ないが、角度によって秀子お嬢様が椿鬼奴や浅見れいなに見える瞬間が何度かあった。
美しくも恐ろしく切ない重層的な映画
お風呂シーンえっちすぎる
うさ

うさの感想・評価

3.8
ジャンルとしてはサスペンスなのか⁇想像してたのとは違うが、衝撃が強く印象に残った作品。
>|