お嬢さんの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

お嬢さん2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:145分

3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結…

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

「お嬢さん」に投稿された感想・評価

horry

horryの感想・評価

4.0
再見。ストーリーを知っていても、まったく飽きることなく楽しんだ。

女性同士の繋がりと性的関係の連続性、フェミニズム的に批判するな男性性、支配する日本と植民地である韓国という関係のなかで日本人になろうとする韓国人男性。

多層的な構成が、破綻なく絡みあっているのは、見事としか言いようがない。

映像も美しく、安っぽさがない。贅沢。
KnI

KnIの感想・評価

3.5
やはり男は間抜け。

普通にサスペンスとして面白い。
オリエンタリズムにセンシュアルな要素を足して、独特な雰囲気が出てます。カタコト日本語はやっぱり好き。
キムテリ、キムミニが非常にエロかった! 怖いとやだなと思ってたけど、程よい変態性と程よいサスペンスの3部構成に満足。繊細なタッチは谷崎潤一郎の読後感に近い。原作の荊の城は上巻だけ買ったまま積み本になっていたのを思い出した。
なんか高評価だけどあんまり面白くないよ
普通の作品 韓国人は日本人を男女ともに変態だと思っていて
歪んだ感覚で描かれた作品 こういう人が韓国人にすごく多いから困る
CANOPS

CANOPSの感想・評価

4.4
性的倒錯・騙し合いがスペクタクルで奇天烈な映画でした。同じシーンを二度、異なるキャラ視点で見せるシーンが中盤まであったけど伏線や異なる視点だからこそメリハリ・エッジが効いてて見応えがあると思います。R-18+映画なのでセクシーで大人のエロも随所に散りばめられていたけれども、何故かユーモラスで仰々しいのが面白かった。他にも行き過ぎた官能故の悍ましいエロ・目を背けたくなるバイオレンス・緊張感を高ぶるシーン・純情な恋が良いバランスで組み込まれていて思った以上に繊細で興味深かったです。
ただ、スッキと秀子が好きになる過程や物語が目的へたどり着く運ばれ方が少し弱いと感じた。もう少し5~10分くらい長くして深く掘り下げても良いのではと思った。
でも、上記に加えて信ぴょう性の高い片言の日本語、和式と洋式のコントラストで官能映画ではなく芸術的な映画に昇華していてオススメしたい作品です。
ぱん

ぱんの感想・評価

4.0
久しぶりに好みの映画に出会った。
日本に占領されていた頃の朝鮮が舞台。
登場人物が日本人だったり、日本人になりすましてる人だったりで、日本語のセリフが多いんだけど、俳優さん達がとても頑張ってた。
確かに日本人が見たらイントネーションが変だったり、早口のセリフが聞き取れなかったりはするけど、そこもこの不思議でエロティックな世界に合ってた。
日本人の話す英語だってネイティブの人からしたら同じように聞こえるんだろうし。
秀子の朗読なんか、あのたどたどしい感じの日本語が逆にエロさがあってたまらなかった。
一言で言うと、謎解き百合映画って感じかな。
秀子と珠子のシーンがほんといい。
こういうの好きです。
通常盤より24分長いということで渋谷まで見てきた。

過激で華麗な169分
濃厚なレズシーンがあったり、ストーリーにどんどん引きこまれたしで最高に面白かったです。
EIPiE

EIPiEの感想・評価

4.0
『アフタースクール』といい『プレステージ』といい、少しずつ真実が明らかになっていく形はやっぱり面白い。

韓国から見た日本ってこんなイメージなんかな笑
でも下品とは思わず、むしろ官能美を堪能した感じ(大人っぽい言い方)

中盤(第二部)が面白すぎただけにちょっと尻すぼみやけど満足。
Insop

Insopの感想・評価

4.0
原作はサラ・ウォーターズの小説「荊の城」。

1939年日本統治下の朝鮮。「藤原伯爵」を名乗る詐欺師がスラムに住む少女スッキを仕事の相方としてスカウトした。その仕事とは日本人と結婚して帰化した華族上月の姪、秀子付きの侍女となること。上月はその夫人が亡くなったこともあり、秀子に相続された遺産を狙い、秀子との婚姻を計画しているが、侍女として潜入したスッキが秀子と藤原伯爵の仲を取り持ち、藤原伯爵と秀子が駆け落ちすることを手伝う。それが仕事のはずであったが、、、的なお話。

韓国映画特有のドロドロとした愛憎劇と、日本では多分もう製作できないくらいの過激描写がふんだんに盛り込まれています。

ともすればそのエロスに当てられそうになりはしますが、二転三転する上手な構成と見事なストーリー展開に目が離せなくなります。

舞台はほぼ日本ですが、キャストはほぼ韓国人。セリフは日本語とハングルが入り混じっていて、キャストの喋る日本語が俳優さんによってかなり上手さに差があるのが難点。

やはりハングル訛りが結構強かったりするので、かなり聴き取りづらい。
流暢な俳優さんも確かにいる事はいるんですけどね。

そして、非常に過激な部分が多いので、観るならお一人様での鑑賞が良いでしょう(笑)。

でも、やっぱストーリーは秀逸ですね。
さすがのパク・チャヌク監督作。
エロス!!
キムテリがルックスから考えられない体当たり演技で驚愕、すごくチャーミング
謎解きサプライズもとても良いです
日本語すっごく勉強してくれたんだなーと感銘を受けますが、朗読するなら日本人を使ってほしかった、とも思いました
日本占領下の朝鮮を描く作品には日本人役の韓国人がおおいですが、やっぱりカタコトになっちゃってますよね