お嬢さんの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

お嬢さん2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:145分

3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結…

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

「お嬢さん」に投稿された感想・評価

ohassy

ohassyの感想・評価

4.0
何を隠そう韓国エロティックサスペンス映画が大好きです、Lieも映画館で観たし。
これはいうほどエロくはないけれど。

こちらも主演の女優2人がとにかくすばらしくて、凄みすら感じる存在感。
男どもはこの2人の完璧な世界には邪魔な存在でしかなく、もはや賑やかしに徹するしかない。
珠子がお嬢さんの歯を削ってあげるシーンの美しさと妖艶さは、あんなに長いシーンにも関わらずもっと観ていたかったと思わせる。

舞台が現代でなく、日本軍占領下としていることで非現実性が肯定され、美術の力も相まってこの世界観とストーリーも受け入れられた気がする。
故・鈴木清順監督の作品のような。

ただエロい、ただサスペンスという映画は退屈だけど、内容と相反する軽快さと爽快感で作品を整えた監督の技が眩しいくらいに光る。
こやま

こやまの感想・評価

4.3
前半長いな〜〜って思ってたけど後半にかけてめっちゃ面白くて長さ感じなくなってた
1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。
女優ふたりの演技っぷりはもちろん、ストーリーもえ?!があって面白い。今までに見たことのない衝撃さのある映画。
山岡

山岡の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全編に渡って性描写が展開されるが、どのシーンもどこか滑稽で、セクシーさに欠ける…ただ、スッキと秀子のベッドシーン、あのシーンだけが、とにかくエロティックで、生々しく、緊張感に満ちている。

あのベッドシーンで、二人の間に特別な絆があることを示すことにより、後半の展開に説得力をもたらしている…。

ドンデン返し系のサスペンス映画は、その形式にこだわるあまり、仏作って魂入れず的なことになることが多いが、本作では二人のラブストーリーとドンデン返しの展開が有機的に絡み合っており、そこがこの映画を傑作たらしめる最大の要因であると思う。
エロ要素よりもサスペンス的に脚本・演出が良かった。ラストも良い。
菓子故

菓子故の感想・評価

4.5
今年一好きな映画。
お嬢さんと使用人の関係性が、話が進むにつれわかっていくところがとても好き。
ころ

ころの感想・評価

3.8
ストーリーはとっても面白かったです。

長い映画ですが、ぐいぐい引き込まれますし。

ただ変態性がものすごく強いので、なかなか人には勧めづらいです。

でも、面白いですよ。
1990

1990の感想・評価

3.4
詐欺師はふつうにいい人
めちゃくちゃ用意周到だったからきっとお嬢様の企みに途中から気付いてた

日本語の台詞が多いけど役者はほとんど韓国人でなんでだろ?って思ったけど当時の貧しい朝鮮と裕福になり始めた日本のリアルな時代背景が分かり易かった
kaede

kaedeの感想・評価

3.9
オールドボーイはだいきらいだけど、今作品は好き。二転三転する物語は面白いしハピエンなのが良かった。
2回くらい見ると、細かい台詞とか仕草に隠された伏線に気づける。
もちろん女の子二人が可愛くて痛快で最高なんだけど、ハ・ジョンウ演じる伯爵はとても良い悪役だったと思う。声をあんまり荒げないクールさがちょっとウザカッコ良いし、時にコミカルでさえあって良いよね。

例の朗読部屋で、スッキが怒りに任せてエロ本(って言っていいのか)の数々を破り捨てていくシーンは、ベタだけど感動してしまった。BGMが良かった。あの朗読の習慣が倫理的におかしいということを、映画を観ている私でさえ忘れかけていたことに気づいた。スッキはそれに一石を投じて、ぶち壊してくれたんですね。一生ふたりで幸せに生きていってくれ。