お嬢さんの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

お嬢さん2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:145分

3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結…

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

「お嬢さん」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最初、犬神家みたいな雰囲気なのかと思いきや案外コミカルでたまにクスッとしてしまう感じでした。侍女役(ワケあり)のスッキが持つ無邪気さですかね。
⚠️以下長文⚠️

しかしそんなちょっぴり穏やかな雰囲気も束の間、湯を掻き混ぜる音や唾液の音、絡まる視線…
"お嬢さん"の謎の艶っぽさに当てられ、スッキは自らの使命を忘れそうに…
なんだかこの女子2人のやり取り、本当にこっちが翻弄されてしまう。
嗚呼コルセットってこの悦楽のためにあるのかとか嗚呼実は女性の柔らかで瑞々しい肌は女性自身が触れるためにあるのでは?とか思っちゃったりする程に見てる方が惑わされるのです。

相手を想い患うことの悦びや哀しみを想像していたよりも繊細に緻密に描いたこの作品、とても好きです。
女性2人のやり取りは一瞬「キャロル」思い出したけど、私が日本人だからかこっちの方が好みかも。

日本絡みの設定いるかな〜?と思ってましたが、谷崎潤一郎っぽいお耽美な世界を、そしてこの色彩を得るには必要な設定かなと思い直しました。
お着物もこんなに沢山見れるとは。やっぱり美しいね…

ただ日本語聞き取りづらいとても…字幕欲しい…

「このミステリーがすごい!」なんて言われている通りラストの展開が凄い。
タイトル通りだし、パッケージ通り。中心はいつもそう…あの人が息を潜めて見てる。関わってる。考えている。

そして初めて人が交わってるの見て泣いたかもしれない。
なんだその感想って感じだけど。笑
友情と愛情で満ち満ちた2人がゆく未来は果たして。
私からは2人へ…こんな映画待ってた!!ありがとう!!という愛をこめて。

追伸:ラストの叔父さんのヘアーは悪趣味なアラーキーワールドを干してるのかと思いやした。
【異端作】


詐欺をしながら生きてきた女
大物を狙う詐欺師の男
ターゲットにされた富豪の娘、お嬢さん
変態な趣味を持つ狂った家主


この4人をめぐる詐欺作戦のお話


かと思いきや物語は違う方向に転がって意外な道筋へと進んでゆく。人間の三大欲求食欲、睡眠欲、そして性欲。人間が持つ欲求が動機になって物事が好転したりすることはあるし、よく起こることだと思う。今作は偶然起きてしまった欲求の結果自体が人生を大きく変えることとなる。性行為によって。劇的に変化してしまう



映画において濡れ場シーンは一種のロマンスで物語上にあまり影響を与えないものが多い。しかしこの映画ではセックス自体に深い意味を持ち、この出来事により物語が進んでいくのだ。だからこそじっくり濃密に描いている。物語上最も重要な出来事であるからこそ最も力を入れて描いているのだ。セックスをここまで力を入れて描き、なおかつい下心としての演出ではなくではなく物語上重要な場面として機能している作品を始めて見た



欲求がもたらす動機により人生は進んでいく場合が多い。お金持ちになりたい。だから働く。パッと起こってしまった出来事かまその後の人生を変える出来事になる場合は少ない。だから大きな力が作用する。雷に打たれるほどの衝撃とはたんにビビッとくるというものでなく、滅多に当たらないからという意味も含まれてるのかもしれない。今作のセックスはまさに雷に打たれるようなセックスだったということだ。
エロくて美しくて生々しくて、かっこいい映画でした。

物語が紐解かれていく感じも興味深く、かなり熱中して観てしまいました。
視覚的に刺激的なシーンも素晴らしくて、頭の中にビリビリとくる印象が強い作品でした。
uml

umlの感想・評価

3.5
彼らの性根と生き方への構え、胸のすく騙し、その中に差し挟まれる、レトリックとしての取り澄まさない性欲。骨のある人間の美しさを描き出すのが上手いパクチャヌク。彼らの'演技'と倒錯は、日本人こそより楽しめる作品だと思う。
日本軍占領下の朝鮮半島、日本人令嬢の遺産を奪い取らんと、朝鮮人詐欺師達が計画するって話☆

詐欺計画は″藤原″と名乗る胡散臭い男と、遺産相続権を持つ″秀子″の新しい侍女として屋敷にやって来た娘の″珠子″の二人で実行されます。
順調に″藤原″が″秀子″に取り入って駆け落ちするように進みますが、″珠子″が″秀子″に対して好意を持ち始め、計画に綻(ほころ)びが生じはじめます。

ここからは二転三転するサスペンスが展開していく訳ですが、そんなスリリングな展開を凌駕するエロチック表現がこちらの集中力を奪っていきます!
あの「朗読会」はなんなの?
実際にそんなことを行っている人々がいたのでしょうか?
「花と蛇」的ないかがわしい秘密倶楽部のような会合が定期的に行われています!
下(しも)も下(しも)、ド下(しも)なネタを嬉々として楽しむオッサン達がマジキモいです。(わたくしも大概喜んでおりますが)

本作が世界的にも高く評価されていると知り、「皆さん、本っ当に下ネタ好っきゃなぁ」、って感じた一本(* ̄ー ̄)☆
最初からなんかアリアリの雰囲気、驚きはしなかったけど、楽しめたかな?でも中途半端な日本語と半端なエロさが引っかかるところが。
やっぱり韓国映画は中途半端だったと実感した。
秀子お嬢様は片言の日本語、しかも美人じゃねぇ。
日本人として出演している俳優陣も何言ってるかわからない。
小説の朗読も、所々おかしな言葉が…。
見るに耐えず途中で断念してしまった。
果

果の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

お嬢さんとメイドが騙し合いながらも、お互い心惹かれていく様が最っ高にいい。
レズビアンではなく百合だなぁと思う。

個人的に韓国人が喋る日本語が耳に心地よかった。

物語が3部に分かれているのもよかった。おもしろい。

2人には永遠に愛し合っていてほしい。
小鳥遊

小鳥遊の感想・評価

4.0
エロくて綺麗でエロい映画

ストーリーも
騙し騙され騙されて、で
なかなか見応えのある面白い展開

侍女と伯爵がお嬢様を騙して施設にぶち込んで金を手に入れる作戦だと思ったら
実は伯爵とお嬢様は結婚してて
騙されてたのは侍女の方で
でも侍女とお嬢様は一緒に過ごす内に
お互いに情が生まれて
最後は2人が手を組んで伯爵や叔父さんとさよならして遠くへ逃げるお話

侍女とお嬢様の絡みがエロいのなんの
朗読もなかなかのエロだけど
玉をアソコに入れるラストシーンはやばい
Uka

Ukaの感想・評価

4.3
すんなり騙された
終わり方が原作とは違うけど、私はこっち方が好きだなー
しかしタコは変態だ