お嬢さんの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

お嬢さん2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:145分

3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結…

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

「お嬢さん」に投稿された感想・評価

衣装、美術が流石お金かかってるという美しさ。韓国映画はあまり観てこなかったがとても好きな内容だった。
男性視点の官能小説なのかな?美しく上品な仕上がりだったので⁇なシーンもたくさんあったのに最後まで見てしまった。
‪鬼才パク・チャヌク監督がサラ・ウォーターズ原作の「荊の城」を大胆に脚色した陰謀劇。掌の上で踊らされる欺瞞に満ちた設定と淫靡な世界を無邪気な日本語で語らせる手法が新鮮。舞台を日本統治下時代の朝鮮にした事で日本の様式美と朝鮮美術のごった煮感がモダン。‬お嬢さんと侍女がコルセットを締め締めしたり脱がせたり、衣装を着せてみたりの“お嬢さんごっこ”が可愛い。
ビス缶

ビス缶の感想・評価

4.3
膨大な伏線と丁寧な回収がすごい。後半の怒涛の展開がアツかった。日本語は違和感あるけどハリウッド出てる日本人の英語もこんなもんか、それ以上に酷いんだろう、、、
あとモザイクが濃い。テレビの限界?映画館で観たかったな、、、
すもれ

すもれの感想・評価

4.0
世界観も2転3転するストーリーも美術セットも結構好みで良かった
お嬢さん×メイドのシーン(めっちゃある)がなかなかエッチすぎるので実家暮らしのみんなは観るとき気をつけような!
日本統治下の朝鮮を舞台に、莫大な遺産を相続した孤独な日本人の令嬢と、彼女と結婚し、財産を奪おうと企む叔父と詐欺師、その手下としてメイドになった女が豪華な屋敷の中で織り成す騙し合いを描いた官能サスペンス。いわゆるコンゲーム・ストーリー。3部構成。男女の性的緊張関係がスリラーとして上手く機能している。主要キャストの日本語が…エロい事を言ってるらしいのだが…正直よく聞き取れなかった。ボカシもすごいし…いろいろエロいことをしてるらしいのだが…よくわからなかった。とりあえず、日本趣味のおっさんは変態で決まり!トリッキーな書斎のセットは昔の時代劇を彷彿とさせるスケール感。美術は凝っていて雰囲気があるが、韓国映画の音楽は肌に合わない。
2018.5.6 スターチャンネル(録画)(字幕)
rhum

rhumの感想・評価

4.2
なんとも官能的かつ楽しく爽やかなガールズムービーだった。話がテンポよく進むのも良いし、何より豪華な美術とそれをビシッと捉えたショットの数々が美し過ぎて悶絶。
そして「ある意味、この作品を一番楽しめるのは日本人なんじゃね?」感が脳裏を掠める。
韓国映画初鑑賞にして衝撃を受けた一本。ストーリーの完成度が高くて何度も騙された。
skiller

skillerの感想・評価

4.0
すっかりやられた!
そういうことね。

あと、日本人が一人も出演してないところにも驚かされた。

なかなかの良作でしたね。

このレビューはネタバレを含みます

とりあえずエロい。
ストーリー自体は終盤原作と違った流れになるけど、面白かった