お嬢さんの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

お嬢さん2016年製作の映画)

아가씨/Agassi/The Handmaiden

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:145分

3.9

あらすじ

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結…

1930年代日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りてヒデコを誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキにヒデコが次第に心を開いていき…。

「お嬢さん」に投稿された感想・評価

mamii

mamiiの感想・評価

4.5
見事に騙された!何転も何転もしていくストーリーに釘付けでかなりの良作。

愛、裏切り、欲望、信頼、騙し合い、儚げな美女…私の好きな要素てんこ盛りで感激。

本能には逆らえない。例えお金や地位、名誉をいくら手に入れても、自分自身に嘘をつくことはできない。 そんな事を感じた。

綺麗なのに陰鬱なお屋敷、上品な洋服、透き通った白肌、美に溢れてた…何とも素敵な世界観。それと対比するかのようにそれぞれの生々しい欲望が姿を表すのが何とも言えず良かった。

薄汚い男達の欲の中に繊細な美しさが光る一作。
素晴らしい変態映画(褒め言葉です)
ゆわ

ゆわの感想・評価

3.9
騙し騙されあう四人の人物
一体誰の掌で踊らされていたのか
いつのまに踊らされていたのか
はたまた自分を変えてくれたのか

詐欺師の小手先として潜り込んだ少女は道化師にはなりきれず自分の意思で踊らされることを選び
純粋無垢なお嬢様はその素性を仮面でかくし役者の糸を操ろうとするも人形にはなりきれず
自分の望みのままに生きてきた老人はその傲慢さゆえに最も大切にしていた宝石たちを失い
手のひらで思い通りに踊る役者を皮肉な笑みで見ていたはずの詐欺師はいつのまにか背中に糸をつけられていたののも気づかずに

R18とありもちろん官能的なものでしたが
とくにあの片言の日本語が妙に色っぽいものでした。たぶんこれがペラペラの日本語とか韓国語とかでは醸し出せない雰囲気でした。
ACO

ACOの感想・評価

4.0
美しいエロス。
一人で見なきゃいけない感じ(笑)
韓国映画のグロさもいい感じに効いていて、良かったです。
最後もほーそうなったか!な感じで面白かったです。
高嶺

高嶺の感想・評価

4.3
美しいだけじゃなくシナリオもよかった
真似したくなる画
素晴らしい
tofu

tofuの感想・評価

3.6
見始め~1時間くらいは派手な展開もなく詐欺師の話かぁと思っていたが、段々と全ての人物や屋敷などに違和感を覚えだした。

中盤あたりに、とある展開が待っているのだが、そのタネ明かしが非常に心地良かった。往年の「ワイルドシングス」を彷彿とさせる二転三転ものだった。

あとはエロイ。
劇場鑑賞しなくて良かったレベル。
けしからん(建前)。
それと…エロイ。
変態な趣味趣向のある人物の出てくるエロティックなだけの話かと思いきや、三部構成でこんな結末が待っているのか!と面白かった
obagi

obagiの感想・評価

-
スッキが行く!!実に怪しい日本人貴族のお宅でメイドに!
でもここのお嬢様何かがおかしい!見ていくうちに色々驚くお話

レンタルの案内でチラッと見て、興味があったのでレンタル。
案内もチラッと見た程度なので全く何も知らない感じで見始めたのですが、開幕イッチニ、イッチニと行進する日本兵が描かれ、涙ながらに幼子と離れる少女が向かう先は日本人貴族の家。反日ものかな?と思ったらアレヨアレヨと驚きの連続で最後まで楽しかったです。

ただ、♡なシーンは面倒臭かったので早送りしながらメインストーリーのみ。韓国の役者さんたちの話す微妙な日本語が最初は突っ込みたかったんですがだんだんと怪しさも相まって癖になる。
衣装もなんだかおもしろかったです。
色々好きはあるんですが、私の稚拙な文章では言い表せないので好きな部分は眠いのもあるし少ししか書いてません。

[好きな部分]
・怪しい。怪しすぎる。
・イ・ヨンニョさんは顔だけでもう怪しい(スッキグループのおばちゃん)
・癖になる日本語
・ストーリー
・ラストの詐欺師の悶え方
・タバコを1本、先生

[しょうがない部分]
・エロ多いからもうちょっといらないかな?とも思うけど、エロないとこの話成立しないもんね

[感想を書いた時の視聴回数]
初見

[所持管理番号]
未収納(レンタルにて視聴)
AredruM

AredruMの感想・評価

3.5
過剰に作り込まれた良さ
シャンテで観ました
mist

mistの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

よかった。お互いに騙しあってる三つ巴の展開で、最後まで「いや、まだひっくり返るのでは…」とわくわくしながら観た。R18だしそれなりなシーンもあるのだが不思議とやらしさは感じなかった。俳優に感情移入するというよりカットそのものの美しさに目がいく。

シリアスな話なんだけどたまにフハッと笑っちゃうようなユーモアの一瞬があったりその組み込み方が絶妙なんだな〜 えっ今わたし笑ってよかったんかな…?と心配になりつつ次のユーモアでまたフハッと笑ってしまう。話は全然笑い事ではないのに。

何回か山場があるんだけど最初を越えたあたりでなーんだこんなもんかーと思っちゃったが話はまだまだ続き、まず一発ひっくり返され、疑心暗鬼になったところでさらにもう一回転させられ最後には爽快だった〜 エグいシーンも多々あるが誰も憎めないしなんかもう美しいからいいよ!なんでも!(放棄)

韓国人の方々が日本人の役をやったり日本語を話したりされていらっしゃったので、最初は独特のアクセントに聞き取るの大変だった(そもそも韓国語にも慣れてないのでダブルで大変だった)けど終わる頃にはこのもにょっとした日本語愛しいな〜と思えてる自分がいる。韓国の方が話す日本語ってかわいい。
masa

masaの感想・評価

4.4
これはすごい…
これはエロい…
しかし最高に面白かった。
とても衝撃的な作品。
基本的には詐偽師の話で、展開もまんまとやられました。

原作はウェールズの作家サラ・ウォーターズの『荊の城』。舞台設定がヴィクトリア朝から日本統治時代の朝鮮に変更されている。
監督は『オールド・ボーイ』の鬼才パク・チャヌク。

日本統治下の韓国を舞台に、ある詐欺師が企てる富豪一家の財産強奪の行く末を追い掛ける。二転三転する展開に驚愕しつつ、1930年代の韓国を再現した美術や衣装に目を奪われます。

日本の統治下にあった1930年代の韓国。詐欺師たちの集団の手で育てられた少女スッキ(キム・テリ)は、伯爵の呼び名を持つ詐欺師(ハ・ジョンウ)から美しい富豪令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドという仕事をあてがわれる。スラム街から彼女とそのおじが暮らす豪邸に移ったスッキだが、伯爵は彼女の助けを得て秀子との財産目当ての結婚をしようと企んでいた。結婚した後に秀子を精神病院に送り込んで財産を奪う計画を進めるが……

秀子とスッキのからみや二人のシーンが最高にドキドキした。すげぇエロいけどキレイ。172㎝のキミ・ミニと166㎝のキム・テリ。
Blu-rayが、ほ…欲しい…
しかし同性愛とベットシーンがテーマの映画ではありません。

ストーリーも日本統治下の韓国で繰り広げられる騙し合いに最初から最後まで完全に引き込まれました。
主な主演4人は日本語で演技もしている。変な日本語のところもあるが、短期間で日本語は凄いと思った。特にキム・テリの日本語はまだなめらかで上手だった。
キム・ミニの日本語での朗読会は、なんとなくたどたどしい日本語が逆にまたエロスを感じさせてたまりませんでした……