McQ

セールスマンのMcQのレビュー・感想・評価

セールスマン(2016年製作の映画)
4.2
イランの名匠アスガーファルハディー監督作品。

高校教師で劇団員でもある夫エマッドとその妻ラマ(妻も劇団員)

ある日エマッドが帰宅すると、アパートから浴室まで続く血を目撃する。
何者かにラマが襲われたのであった。。

事件のショックから警察に行く事を拒むラマと、独自に犯人探しを始めるエマッド。
その最中も公演される舞台、、

割と近年ホットなネタではありますが、また別の切り口で見せてくるのが本作の見所。

実に痛々しく、切ない。
そしてこの緊張感、、
エマッドの気持ちも分かるけど、ここで強いのはやはり女性であるエマ。

自身の身に起きたら?と考えずにはいられない。

何気に好きだったのは劇団仲間の売婦役の女性とのやり取り。
彼女のけたたましい笑い声がツボでした。そしてその息子がまたかわいい。

やはり「セールスマンの死」という舞台劇を通して夫婦の心情を表現しているところが本作での一番のポイントではないかと思います。

同監督作の「別離」は観ていたのですが記憶が曖昧でした。

とても評価されている作品ではありますが、個人的に記憶に残るのは恐らくこちら。