ピピン

セールスマンのピピンのネタバレレビュー・内容・結末

セールスマン(2016年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

舞台に上がる為のメイクをしているラストシーンが印象的。
これはペルソナを意味しているのではないだろうか。
これから別のペルソナを被って生きて行く、今後の二人を暗示しているように思う。

もし、こんな事件に巻き込まれたら、という観点での夫婦の葛藤や意見の相違は非常に見応えがあった。

しかし、その状況を作り出すシナリオが荒すぎる。
犯人は証拠を残しまくり、生徒の父親が簡単にトラックの持ち主を割り出し、その持ち主に不自然な程強引に荷物運びを頼み、何故か犯人である義理父がやって来て簡単に白状してしまう。
あんな事件を起こした犯人が心臓病なのも筋が通らない。

結局はラストの犯人とその家族のやり取りのシーンが作りたかったのだろう。

登場人物達の感情面だけなら「セールスマンの死」やイランの男女の問題などに詳しくなくとも充分見応えある作品なだけに残念だ。