ニクガタナ

セールスマンのニクガタナのレビュー・感想・評価

セールスマン(2016年製作の映画)
3.6
「別離」と同監督による2016年アカデミー賞外国語映画賞受賞作。様々なボタンの掛け違いで起きた新居での婦女暴行事件。犯人を見つけたい夫、事件自体を知られたくない妻。なかなかやるせないオリジナルストーリーが魅力的なイランのイライラサスペンス。イスラム圏独特の宗教観や社会通念に筋はあまり関わらないので観やすい。主人公夫婦の旦那の方に感情移入して、どいつもこいつも自分勝手に文句ばっか言いやがって!とイライラしながら観進めた。劇中で主人公たちが演じるアーサー・ミラーの「セールスマンの死」知らん。この戯曲の内容を観客が知ってる前提の脚本だったらやだな。知ってるとより楽しめるのかな?イスラム圏での舞台上の女性の装い、着衣で裸の娼婦を演じなきゃならないとか、髪の毛周りの始末が特にいろいろ大変そうだなと興味深かった。