セールスマンの作品情報・感想・評価

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

2017年9月13日 水曜日
高田世界館
柊

柊の感想・評価

2.0
日本で観られるイラン映画にハズレは少ないと思っていたら珍しく面白くないイラン映画に当たった。って言うか私には合わなかった。
Taul

Taulの感想・評価

3.0
ある夫婦の災難から、愛と憎悪のあり方、男と女の違い、イラン社会の属性などが浮かび上がる濃密なドラマが展開。劇中劇の使い方も巧みだ。猜疑と自問自答が頭の中を駆け巡る。もはや一つのジャンルのようなアスガー・ファルハディ劇場を堪能。やはり天才の仕事ぶりだった。
「セールスマン」(イラン映画)観了。イランというかイスラムでの女性の立場がベース、序盤からサスペンス感で引き込まれ、終盤のいくつかの家族愛への展開に息を呑む。
日本や欧米では描くことが出来ないストーリーと感じる。あまり馴染みのないイランの現在を知ることができることもポイント。
セールスマンの死見とけば良かった
サスペンスの雰囲気作りがしっかりしてた。最後の死の重みの表現も良かった。ただ、犯人分かってからの葛藤が文化的背景に詳しくないせいかいまいち分かりづらく感じてしまった。戯曲『セールスマンの死』も観ていたらもっと本作の良さも理解できたかもしれない。
okke

okkeの感想・評価

-
2017年10月 早稲田松竹にて 併映『人生タクシー』
初めてイラン映画観た
繊細な描写、心情表現、映し方が、上手い
あとからじわじわと胸くる焦り、不安が観ている方にも伝わってくる
あと、ペルシャ語がフランス語に似てるなぁって思った。聞いてて心地よい響きだった
ぴ

ぴの感想・評価

-
アジの南蛮漬けを作ることと天秤にかけて…第三者、それ以上でもそれ以下でもない人々のごくパーソナルな面を窓越しからドアの隙間から不可抗力によって、そしてやじうま根性抜きに覗かされる、共感することはないけれどものすごく生々しい対岸の火事…まとまらないけどまとめるとセコムしてますか?って話です
KENJI

KENJIの感想・評価

2.0
構成がのれない… 作りこんだOPだけに、中身の演色が足りない。
>|