セールスマンの作品情報・感想・評価

「セールスマン」に投稿された感想・評価

fleur

fleurの感想・評価

3.8
面白かった。
AmiOkuda

AmiOkudaの感想・評価

3.5
イランの映画初めてやったけど、なかなかよかったよ!
引き込まれたよ。。なかなかのハラハラドキドキ感。
犯人あんたかーいなったよ。。笑
そそられたて、ただのスケベなジジーやん。
結局は赦すこと。
だれも報われないな、やはり、復讐は。
1sugar

1sugarの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

2019.3.24 prime video

舞台「セールスマンの死」で夫婦役を演じてる夫婦の話。
引っ越したばかりの家で
夫の留守中に妻が何者かに襲われる。
妻は警察に言いたく無いし、顔も見ていないし、俳優仲間にも知られたくないと言いシャワーも浴びれない状態。
夫は何としても犯人を見つけ出そうとする。
事件後の夫は妻に対してもイライラしている。
妻は不安で仕方ないから弱音も言うし一人になりたくない。
妻目線だとこの夫は優しくない。
弱ってる人を追い詰める。
周りの些細な一言もダメージ食らうのに。

授業中に生徒の携帯を取り上げて写真を父親に見せるから呼べと言うシーンとその後の別の生徒からの言葉。
タクシーでの出来事とその後の生徒の話。
舞台上で何年も連れ添った夫婦を演じた2人が目の前にしたもの。

私も今日こそ文句言ってやろーと思ってた相手が手術後で見違えるほど痩せ細った姿になっていて、その姿を目の前にしたら何も言えなくなった…。その瞬間の感情めちゃくちゃだった。
イスラム教だからなのかな
日本では即警察が当たり前過ぎる事件でそこのギャップが終始埋まらず、モヤモヤした、、旦那の立場になると我慢できる自信がない。そもそも我慢する必要もない、ただ奥さんを愛してるからなぁ、考えさせられる
苺

苺の感想・評価

3.6
イランの映画は初めてかも?
引っ越し先で奥さんが1人の時に何者かに暴行されてしまう。
証拠がこんなにもあるのに警察に被害を届けない。
イランでの女性に対しての扱いを考えさせられた。
日本人が観ても理解出来ない部分があるけど国によって感じ方が違いそう。
重いけど切ない話だったな。
もんち

もんちの感想・評価

3.7
中東のミステリー作品

想像よりはるかに面白くて引き込まれた。

イランの映画でここまでハマったのは初めて。

ひとりでじっくり観る作品。
Shiro

Shiroの感想・評価

4.0
イラン映画初鑑賞

「別離」を観よう観ようと思いながら他を優先しまくって、結局未だ観れずに今作から観ることに

すごく先が気になる作りをしていて、引き込まれました

説明じみてないので、ある程度考察しながら観ないといけない感じもあって、鑑賞後にスッキリする映画ではないかもしれないです

小規模なシチュエーションの中で、これはどういう意図が?といったシーンが散りばめられているので、2度3度観るとまた違った発見がありそうな気がしました

全体のトーンや、作りは好みの映画でした
みけ

みけの感想・評価

-
イランで「セールスマンの死」を演じる夫婦。ある日、マンションにひとりでいた妻が、闖入者に襲われる。夫はその復讐に躍起になり、夫婦の間にはすれ違いが生まれていく。この作品は、まさに「セールスマンの死」のテーマに重なり合う。
作品の中で繰り返し強調されているのは、イラン社会の中の男性中心主義という保守性である。
検閲・娼婦役への抵抗といった描写は、社会の中に潜む男性中心主義への伏線となっている。
何よりもこの作品で焦点があてられているのは、「セールスマン」すなわち夫の、自意識だ。
彼の苦しみ・そして復讐は、彼自身の男尊女卑の発想の反映でしかない。
夫が妻の気持ちを置き去りにして、自分が抱かされた「恥」の復讐のために、犯人捜しに躍起になっていることは明らかである。
この哀れな「セールスマン」を本質的に苦しめているのは、妻の不安定さでも、周囲の無神経さでもない。彼自身に根付いた男尊女卑なのだ。
KyoheiMibu

KyoheiMibuの感想・評価

3.4
観ててしんどかったな…
依緒

依緒の感想・評価

3.5
襲った挙句にお金を置いていくなんて、最低な犯人だな!!!
住んでたアパートは崩れそうになり、緊急退避で引越しを余儀なくされるし、舞台では初日が近いとちうのに女優をからかって怒らせるし……イライラすることや悪いことって重なるよね。

そして襲われた妻は事件が事件だけに警察に言いたくない。
わかるわー。日本でも難しいのにイスラム教の国イランだよ?!
犯人が許せない旦那は独自に調べ始め、ついに犯人と対峙する。

わたしならどうするだろう……
許せない。でもこの状況下で言えるだろうか。

神は全てをご覧になっていらっしゃる。
>|