セールスマンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

イランという国の生活ぶりが垣間見れる。
アスガー・ファルハディ好き♫サスペンスだけど決定的な瞬間は見せないで、観客にモヤモヤさせつつ、心理的圧迫感に焦らすのはいつもの得意技(当方どM)(●´ω`●)。

ダンナが妻のことであそこまで執拗に怒るのはイスラムの文化的違いも背景にあるのか。

けど、過去作の「別離」のほうがもっと好きだね。本作は「別離2」みたい(笑)。けど、グレーでスカッとしない作品好きにはこれもおすすめよ☆
序盤からどのように話が進むのか気になる作品。終始ちょうど良い緊張感
m

mの感想・評価

4.3
8.26/塚サン/スクリーン1(小さい):E4(C.Dでも可)

こういう大人のサスペンスが最近足りなかった。シネコンで見逃し、塚サンにて滑り込めた作品が今年のダークホース。

謎解きが重要ではなくて感情の変化で2時間を埋め尽くす。上手い。上手すぎて息詰まる。
これからファルハディ作品は欠かさずに劇場行こ
2017年9月13日 水曜日
高田世界館
pppe

pppeの感想・評価

3.8
リアリティがすごい
なんとも言えない
胸糞悪い感じ、嫌いではない
R

Rの感想・評価

3.4
平和ボケした世界で生きているからなのか、さっぱり分からなかった。それで?は?って思ってしまった。

教師のエマッドと妻のラマは、小さな劇団で俳優としても活動する夫婦。上演を間近に控えたアーサー・ミラー原作の舞台『セールスマンの死』の稽古に忙しい。そんな中、思いがけないことで住む家を失った夫婦は、劇団仲間が紹介してくれたアパートに移り住むことになる。『セールスマンの死』の初日を迎えた日、先に戻った妻が自宅で何者かに襲われてしまう。夫は警察にも届け出ず、独自に犯人捜しを始めるのだが。。「別離」に続き、本作で2度目のアカデミー外国語映画賞を受賞、第69回カンヌ国際映画祭でも脚本賞と主演男優賞を受賞したアスガー・ファルハディ監督作。

本作のあらすじを観て、なぜ「セールスマン」というタイトルなのかピンとこなかったですが、どうやら映画の中で劇中劇として展開される「セールスマンの死」を、物語自体のモチーフにもしているので、こういうタイトルみたいです。今年(2017年)のアカデミー賞外国語映画賞を受賞しているだけあって、力感は強い作品ではありますが、同時にすごく高尚すぎる作品だなと思います。一緒の回で観られた、大阪のおばさま軍団は「なんで、こんなつまらない作品がカンヌ受賞作なの?」と言っておられましたが、たしかに分かり難い作品(笑)。単純に映画を1つのエンタテイメント作で観たい方には、オススメしかねるかなと思います。

鑑賞のポイントになるのは、その戯曲「セールスマンの死」の内容。この戯曲は単純に言ってしまうと、”セールスマン”という仕事をしていた男が、その仕事を失ったことで社会的に抹殺されるという内容のもの。無論、私たちにも見かけ上の顔や人物のしての存在とは別に、”社会的な顔”というものを知らぬうちに持っているものです。どんなにイケメンでも、どんなに家族に恵まれていても、才能や財力があったとしても、例えば、犯罪を犯してしまったら社会的には抹殺されてしまう。いや、抹殺とはいかないまでも、信用が失墜して、それを回復するためには随分な時間と労力がかかるのです。本作は普通に幸せな夫婦関係を気づいていた1組の夫婦が、自宅に入った強盗に暴行された被害者になり、そしてその復讐を果たそうとするばかりに、逆に自分たちの築いてきた(社会的な)幸せをも手放してしまう様を描いているのです。

犯罪の被害者でありながら、1つ歯車が組み違えたことで、夫婦関係はもとい、全てのことが上手くいかなくなってくる。これって、外目から見れば被害者妄想的なものかもしれないですが、当事者になったら、そう簡単に元の生活には戻れないものです。これは犯罪に限らず、単純な人とのイザコザや失恋、仕事の失敗や病気・入院など、身近にそんな落とし穴はいっぱいあるのです。そんな日常に潜む落とし穴に警笛を鳴らしてはくれると思いますが、映画としての面白みには少し欠けるかなとも思います。
●'17 9/9〜22単館公開
(首都圏等:'17 6/10〜)
配給: ドマ/スターサンズ
ワイド(ビスタ) 音声仕様表示無し
9/11 10:50〜 メトロ劇場にて観賞
DCP上映 LPCM
パンフ未購入
※オープニングは製作会社クレジット英語表記、キャスト及びスタッフクレジットクレジットはペルシャ語表記。
エンドロールはキャスト及びスタッフクレジットペルシャ語表記の後に製作会社クレジットを英語表記。

正直、舞台「セールスマンの死」とのリンクってピンと来なかった。
家族との断絶?崩壊?
状況は異なるが、小津安二郎監督の「早春」でのギクシャクしだす夫婦に近いものを感じた。
主人公の妻が被害にあったのを警察に告げない点、日本やアメリカだと裁判で知られたくない所まで露呈する事に耐えられないって事だと思うが、イスラム教圏のイランでは女性の立場があまりにも不利で犯人である男性が「女が誘惑した!」と異を唱えれば女性が有罪になるという今時信じられない事が起きてしまう。
旦那が事件当夜に帰宅した時に、既に近所の女性が証拠になるであろう階段の血痕を拭き取るために業者に依頼しようとしたことからも女性にとっては物事をあからさまにしたくないと判る。
単に頭に怪我をさせられただけのように話は進んでいるが、確実にレイプされたのだろう。
イランではここまてが表現の限界か?
イスラム教と女性の権利のすりあわない状況についてどう思う?と監督から突きつけられた映画。
主人公のDVDラックの目立つ所に有る「バベル」のDVDに意味が有るのか?