セールスマンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

もやし

もやしの感想・評価

4.6
なにそういう話だったの…?ってなった。怖いわ。
「プリズナーズ」を真っ先に思い出した。



旦那は男性性の塊という感じで、かなり良い男。
でもその彼をもってしても強大な出来事の前ではグジャグジャするしかない。
間違ったことはやってないんだけどどうしてこうなってしまうのか…





出来事は出来事でしかないんだけど、人の感情、気持ち、信念、尊厳、拘り。そういうものが絡んでくることで、どんどん事態がややこしくなってくる。
これはこの監督さんの作品毎回思う。
だけど気持ちなんてなければいいのにとはなれないのが悲しい。

自分の日常でもあるわ。こんな大事じゃないけど。
ちょっとしたものでも絡み合うとほどけなくなる。ほんと人生ってめんどくさい。




人に害を加える者も別の場所では誰かに何かを与えていたりもする。
どこかでは嫌われてる人も誰かには好かれていたりもする。
当たり前のことだけど、この映画を見るとそれを考えさせられる。
人間がいかに多面的なものなのかってことをいつも考えさせられるよね、この監督の作品は。



でもその結果何があるのかというと、どうもわからない。
妙なニュアンスの不快感が残る。
私はこの映画の何かが気に入らない。
私はこの映画を好きではない。
この監督さんはどこか人を遠くから見てる節がある。
遠くから見て、自分の言いたいことだけ言って、それでいいやというのはどうなのだろう。
notitle

notitleの感想・評価

3.7
イランという土地で、暴行にあった女性と犯人、その周辺の話。何が真実か、如何するのが正なのか。優しさが時としてナイフになり得る。考えられ得る選択肢は無数在れど、文化や偏った思考がそれを阻む。と思うことさえ社会に毒されてるかもしれない。
DVDで。

なんかずるいなーって。
そりゃないよーって。

終盤はムカムカハラハライライラして後味悪すぎ。
後味悪い話嫌いではないけど被害者が後味悪く感じるのはダメ。
セールスマンの死をちゃんと見るなり読むなりして知ってからまた見たい。
ひたすらすれ違う2人が悲しかった。
obliviousT

obliviousTの感想・評価

3.6
んー重い。難しいに尽きる。ストーリーは単純な犯人探しミステリーなんだけど、物語のセリフの間だったり、スローでナチュラルな展開がより登場人物たちの心情をリアルに描いていた。
エイジ

エイジの感想・評価

3.8
宗教の違いによる違和感はこの映画ではあまり感じなかったな〜。日本でもこうなる夫婦はいるように思う。ま〜、自分で犯人探すことは出来ないと思うが…。

旦那さんの思いも分かるし、妻の気持ちも分かる。

警察に届けないのは日本でもある事と思う。警察の事情聴取や裁判はセカンドレイプと言われるくらいやから( i _ i )警察自体も犯人わかってるなら示談にしろやってスタンスだろうしな。


この映画の面白さは、やはり見せ方じゃないかな。実際に知り合いに奥さんのような人がいたら、どう声をかけていいのか言葉がでない…。そんなような緊張感がこの映画全編に流れていて、だから引き込まれてしまう。その上手さだよな。

昔の邦画にも通じるものがあると思う。

『セールスマンの死』の意味するところは…正直よく分からない😓
あの話は、理想と現実の違いにノイローゼになり、崩壊する家族が立ち直る最後の手段は自らの死であると思い込んでしまうセールスマンの悲劇だけと、犯人を追い込むことが夫婦の立ち直りに必要だと思い込んだ旦那さんと被らせたのか…。

それとも『セールスマンの死』と、セールスマンなのか?って犯人の死とかけたのか…。
.
『セールスマンの死』は、世間体や見栄、恥ってのがテーマでもあるから、それに被らせたのかな?

うーん、どうなんだろ…。


でも、好きな映画でした(^o^)/
ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.7
アカデミー外国語映画賞

あの劇中劇、イランなのに《casino》やら英語だし、これ何か意味あるんだろうなあとは思いましたが・・なにせペルシャ語が読めない!!原題すらわからんのです!

そこで町山智浩さんにすがってみると、なーるほどねー。文化統制下、全てのメッセージは暗喩なのか!
気になった主人公の変容も納得です。

でもこれ言われないとわからないって!









これからご覧になる方は以下読まないでください。あくまで個人的なメモです。

マンションの崩壊→イランの体制か経済の崩壊、地盤沈下
前の女の職業→売春はダメ→はっきりさせない
バスルームであったこと→ふたりとも覚えていない→レイプ?→宗教上姦通罪で女性が逮捕される可能性
寛容な男の変容=学校、タクシー→インテリ男→でも内面は多くの男と同じ
おそらく脳卒中の男を殴る→イスラム法目には目をの考え方
saiki

saikiの感想・評価

4.0
イランの複雑な宗教や文化は言わずもがな

「わらの犬」
「プリズナーズ」
「LAコンフィデンシャル」のラッセルクロウを思い出した。

男性主義的なものを揺るがされる。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

3.7
かなり胸糞悪い作品であった...
タイトルの「セールスマン」には、舞台で主人公が演じる役と犯人(らしき人物)の職業が行商であることの二つの意味があるようである。
画や映像表現にさほどの特徴、見どころが無い上に、話が動き出すまでちょっと長いので序盤は退屈。映像的な工夫は手持ちカメラで臨場感、緊張感を煽ることとジャンプカットぐらい。劇場のスイッチャーがガラスに映りこんだり、手元を意味深に映されたりするのだが、特に物語に絡んでこなかったのは謎。適当に雰囲気を出すためだけの演出が多いなという気がしてしまう。
冒頭の何が起きているか分からないままに、長回し手持ちカメラで不安を煽られるシーンから始まって、一貫して不穏な空気が流れており、それによって主人公の危うさも表現されている。娼婦役の女の不安定さ、妙な笑い方も不気味。タクシーで過去に男に乱暴された女性と乗り合いになるシーンは伏線的な役割を果たしている。人間関係も映画の進行に合わせてどんどん不安定になっていく。
子どもの登場で和ませたかと思えば、すかさずパスタの件で嫌な状況を作り出すシーンなどは観客の不快感のコントロールが上手い。
終盤の緊張感は凄い。濃密な心理描写で我を失う主人公を描いていく。
劇中の舞台とのパラレルな演出もなされる。無人の部屋がパチッという音と共に消灯されるシーンは舞台が終わったかのようであるし、舞台の中での夫の死の直後に現実の悲劇的な結末が訪れ、予言のような役割を果たしている。
ラスト、メイク中の二人を交互に映していくシーンは表情が暗く、二人のこれからには期待できない。なんとも後味が悪い結末であった。
結局妻がどこまでされたのか、登場人物の頭や足の怪我の原因等は分からずもやもやした感覚も残る。
イランの保守的なジェンダー観が随所に見られたのは面白かった。
ホーク

ホークの感想・評価

2.6
セールスマンの死を読んでいないせいか、結局なにを訴えたかったのか解らない作品になってしまった。読んでいたなら全く違うのかもしれません。