セールスマンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

事件は「うっかり」から始まる。いくらなんでも、それはちょっと無防備じゃない? と思うような。

その事件を表沙汰にはしないようにする。そして、周りには「なんかおかしいよね」という空気が漂う。

ボクのサイトでは、もうちょっと詳しく書いてます。http://oride.net/thesalesman/ で。
ゆべし

ゆべしの感想・評価

3.5
どうしても文化が違うので、色々と感情移入できない部分があるけど…。
平坦なドラマだけど飽きることなかった。
劇中劇を知ってたらもっと良かったんだと思う。残念…。
好きな話ではないが、面白かったし、飽きなかったし、これが噂の評価の高いイランの監督かー、と納得

マンションがヒビ割れて避難したり、引っ越したら前の人の荷物置いてあって、壁に子供の描いた絵があったり、しまいには不審者が入ってくるし
イランには絶対に住みたくないと思ってしまった

町も殺風景で怖い感じがした
でも、イランに留学した友達がモスクはキレイだしイランが好きだと言ってたから、今度はイランが好きになるような映画を見てみたいと思った

生徒が先生に従順だった
奥さんも意外と旦那さんにバンバン意見するんだなと思った
もっと男性が強いのかと思った
あまり知らないイスラム文化圏のことを知れて良かった
さと

さとの感想・評価

3.0
中盤あたりからどうなるんだろうと先が気になったけど、全体的にはゆったり暗めのサスペンス。
お国柄もあるんだろうけど、旦那さんの奥さんへの態度や、ラストの展開も個人的には理解できなくてモヤモヤした。
大介

大介の感想・評価

3.5
倫理観や価値観、文化の違いなんだろうけど、いまいち登場人物の心情が理解できないところがあって、序盤からスッキリしないまま話が進んでしまい感情移入しにくかった。

いまだに女性の立場が男性に比べて苦しいというのは、よく理解できた。

終盤の緊張感はなかなか。

全体的には楽しめた。

勝手に期待値上げてたのが失敗だったかな。
安定のアスガーファルハディ印。
今作もいきなり冒頭から緊張感高まるスタートで、序盤の事件からラストまで嫌な緊張感を持ったまま鑑賞できた。

ファルハディ作品から学べるイラン人の価値観や社会慣行はとても新鮮だし、何よりも子役の使い方が上手すぎる。
今作のメガネ坊やはチョイ役ながら特に可愛かったぞ!

「セールスマンの死」の内容を全く知らなかったので、劇中劇と物語のリンクを十分に堪能できなかったのが悔しい。
Haruki

Harukiの感想・評価

4.7
イスラム社会の闇や閉塞感が全体に漂いながら、サスペンス要素・ドラマ要素がしっかりあって楽しめる作品。
イスラム圏の価値観や、それに埋もれる犯罪など、現代の問題を感じる。

劇中劇『セールスマンの死』と現実が絡み合い、真実とリンクするのは見事。
イランで起きる現実と、アメリカ人による虚構の舞台との対比が秀逸。

ラストは、あの部屋の中で、人間への憎悪と愛情が混在していて、登場人物それぞれの複雑な心情が描かれている。

結末に対する虚無感や、社会の歪みを観る者に残す。
人は色んな予期せぬ事態に巻き込まれる事は避けられないけど、その時どんな判断をして何を選択するのか、それも全て自分が決める事。信仰によって判断を間違えてしまっては自分を幸せに出来ない
non

nonの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

イランのサスペンスということで見たけど、ストーリーがとにかく胸糞悪かったし、役柄とわかっていても老人が気持ち悪くて仕方なかった。

犯罪者でも、家族にとっては偉大な父親で、人間いろんな面がある。怖いけど、傷ついてもなるべく多くの面を知りたいと思うな…
犯人には同情の余地なし。何も知らない奥さんや娘さんが可哀想だったけど、知らない方が良かったんだろうな

懲らしめたい気持ちは充分にわかるけど、問い詰める間、犯人と妻を長い間同じ空間にいさせるのは酷だった。
まだ

まだの感想・評価

4.0
家は都市の近代化の影響で壊れ、追われた先の家はオンボロで、妻は何者かによって襲われ。そんなついてないこと尽くしの主人公は、復讐のため犯人を追うが、その過程で周囲に怒りをぶちまけしまい、徐々に彼と妻の関係や、周囲との関係性も崩れていきます。
立派な夫で教師で(あと俳優)だったはずの主人公がそこまでして復讐をしたがっているのは、何もかも失いつつある中で、復讐が成されればすべて解決するかと思っているかのように思えて。痛々しかったです。

アーサーミラーの戯曲「セールスマンの死」とシンクロするような構成になっていたのが印象的でした。夢を抱いて、平凡に生きていたはずなのに。どうしてこうなったんだろう?何を間違えてしまったんだろう?誰もわるくないのに、悪い方に悪い方に流れていってしまう。そんな、すぐ隣で起きうる悪夢がここにありました。