セールスマンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

TeruHaruta

TeruHarutaの感想・評価

3.4
オスカーで外国語賞とったので見て見たけど、うーん。。微妙。
明らかにトランプに対抗して取らせた感あるね。
もちろん悪い作品ではないけど、、期待しすぎた感はあった。
イランにおける男尊女卑感はとても出てたね。
こんな世界もあるのだと知らされました。
yasuka

yasukaの感想・評価

3.8
犯人がわかった瞬間、私は安心してしまった。この人がこんな残酷なことをするはずがない。鉢合わせして、逃げるために殴っただけだったんだと。
それはあまりに保守的で愚かな考えだったかもしれない。

日常で見せる顔。
そこで見せられない裏の顔。
どちらもあってひとりの人間。
なにが本当、なんて、ない。
ある人にとっての神、がある人にとって悪であることは、どちらも真実。

妻は語らず、夫は、何もなかった。という言動からイランの強い男尊女卑の風習を感じさせた。
私も夫と同様、何もなかった。と信じたかったし、信じている。
それは現実と向き合うための自己防衛本能かもしれない。

こういう人間臭い後味の悪い映画をもっともっと撮って欲しい。
自分には全くハマらなかったし、面白くなかったな…
何回観てもきっと同じことを思うだろうな
nori

noriの感想・評価

-
何がビックリって、隣の空き地の工事で、建っているアパートは傾き住めなくなったってこと。
こんなことあるの?イランでは。

そのために次の家を探すはめになった夫婦。
なにやら、前任者の荷物が残ったままのアパートを紹介され、とりあえず入居。
2人は劇をやっている。
ある日、妻が疲れて帰り、夫が買い物をして帰ってくるのを知っていたので、インターホンが鳴り、確認せず、戸を開けて、自分はシャワーを浴びた。
しかし、それは、前に住んでいた女性のところへ来た客。
彼女は襲われ、病院に運ばれる。
日本だと、これだけで、警察がでてきて当たり前だが、イランは、宗教的なものなのか、考えるらしい。
妻が、こんなにケガをしても、警察に届けず、自分で探そうとする夫。
これが普通の国なのか?

そうこうしているうちに置いていったトラックから、犯人が分かる。
犯人をおびき出して問い詰めて、放置しておいた。
そしたら、犯人は心臓が悪くて死にそうになる。
今度は、その家族を呼んで、彼を連れていってもらおうとする。
妻は、あなたがいないと私は困ると言い続ける。
他の女のところに行った夫だよ、と観ているほうは思う。

なんとも後味の悪い映画。
一体誰が悪いんだ。
荷物を置いて出て行った前に住んでいた女性?
確認もせずに戸を開けた妻?
開いていたからと入っていった死にかかっている男?

それよりなにより、家が傾く構造ってどうなのかな~

思うことはいろいろあるが、結末は、良くなかった映画。
riesz77

riesz77の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アスガーファルハディ監督。イランの巨匠?イラン映画自体が初。昨年のアカデミー賞でトランプ大統領の入国措置に対抗して式をボイコットして話題になった監督。『別離』を数年前に友だちに勧められたけど、ようやく観たいと思えた。深い。

男女によって意見が分かれる映画。自分は夫エマッドに感情移入してたから進展にもどかしさを感じた。でも被害者である妻ラマからすれば、家に侵入されて暴行を受けたことなんて公にされたくないし、特に男尊女卑が未だに根深く残っているから、夫婦間で意見が食い違い、ラマがエマッドに「犯人の家族にすべて話したら終わり」って台詞がずしんときた。エマッドは愛する妻を想っているから犯人を追い詰めてるのに、ラマはそれを望んでいない。

夫婦関係が第三者によって壊されてしまう。最近観た『スリービルボード』を思い出した。原因は外にあるのに関係が破綻していく様は当事者からしたらツライだけ。

考えさせられる内容だった
naonyan

naonyanの感想・評価

3.8
この監督の作品が好きなので、ちょっと期待しすぎたかな。
映画の内容というより、
あの国の警察やインフラ、いったいどうなってるんだ?!という驚きが強い。
emily

emilyの感想・評価

4.5
作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演している役者の夫婦。引っ越しした家には前の住人の荷物が残っており、それを廊下に出して暮らし始める。ある日妻が何者かに襲われる。妻は警察に通報しないという。夫は独自に犯人を捜し始める。そこに繰り返される演劇が交差し・・・

 音やサスペンスならではの迫りくるカメラワークなどの演出は一切ない。ただ淡々と出来事を描いていくが、そこに「セールスマンの死」の演劇が交差することで、夫婦の感情のズレと、現実と劇中劇が徐々に徐々に境界線を越えて重なっていく。妻の取り乱した演技はない。だからこそ一つ一つの言葉に重みがあり、夫婦の考え方の違いが浮き彫りになる。そうして観客に問うのだ。あなたならどうするのか?妻の取る行動、夫の取る行動。どれが正しいのか?どの選択をするのが正しいのか?どのシーンにおいても”人間らしさ”が上手く交差し、何気ない会話にも常に考えさせる要素を残していく。
 現実が演劇を越え、演劇が現実を越え、そして作品のタイトルと演劇のタイトルが一致する瞬間。犯人を見つけてから狭い部屋で繰り広げられる会話とそこからのストーリー展開が予測不能でありながら、非常しっくりくるのだ。被害者でありながら、まるで加害者みたいな気分を味わう。加害者に襲う悲劇が人間の心理を見事に操る。そうして残る者にその選択の結果が訪れるのだ。何が正しいのか?何が正解なのか?どこにも正解はないが、それぞれの気持ちが痛いほど分かる展開になっている。それは自分の中にある人間らしい理性や情けがそうさせる。非常にスリリングで目が離せない。そうして終始自問自答するのだ。夫婦を演じる二人の抜群の会話の間と、抑えた表情から見せる夫婦感のズレの表現が絶品だ。
こば

こばの感想・評価

2.5
ずーっと暗い。最後も哀しいね。

終始登場人物がイラついててなんかこっちまで落ち込むよ。
つまり俳優の演技が超自然ってことだよね。すごい。

あと、イランのお国事情(警察事情とか、イスラムでの女性の立場とか)の描かれ方、日本との違いがとても興味深かった。

しかし、物語の流れとしては個人的には納得できず。どー考えても犯人に情けをかけられない。絶対、洗いざらい話して犯人も同じ位の辱しめを受けるべき。全部お前のせいじゃ~!
単細胞な私には難しい映画でした。
なな

ななの感想・評価

3.3
淡々としててなかなか難しかった。
「セールスマンの死」読んだことないけど、どこかで繋がっているのかな。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

2.4
2.4点
イランてこういう街の景色なんだな。
おもってたより、都会だった。