セールスマンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

外は雨

外は雨の感想・評価

3.6
夫の帰宅だと思って軽い気持ちで開けられた扉。「なぜ開けたんだ」という周囲の残酷な問い。やり切れなさと後悔と怒りからすれ違う二人。夫は犯人を追跡し、彼女は側にいて欲しい。その、側にいるのにかけ離れた気持ち。

二人は劇団員で「セールスマンの死」を演じている。

ファルハディ監督。イラン映画。普遍的でありながら、西洋的な文化も含みながらも、イランという土地に根ざす慣習が根底で映画と結びついている作品。尊厳を怒りの対象に残してやれるか。

復讐や、許しというよりも、彼女はただ記憶を強くしたくなかったんじゃないか?
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

3.7
1つの事件。
心と身体に傷を負った妻と、報復するため探り始める夫。想い合っているのに離れていく夫婦関係。

どんよりと重苦しいなぁ…と思って観ていたら、いつの間にか引き込まれてしまっていた。

‘怒り’・‘悲しみ’、そんな簡単な簡単な言葉では表せない、深く潜っていくような複雑な気持ちを感じた。

復讐も許しも簡単ではない。これからの生き方を問われるような岐路に立った時、自分ならどんな答えを出すだろう。

最後のシーンでも想像を掻き立てられる。
Chonpe

Chonpeの感想・評価

3.5
不思議とジッと観てしまった。

いや、不思議ではないのかも。
R

Rの感想・評価

4.2
喋りすぎず、目で演技をする映画に久しぶりに出会えた。
秀作。
aopon

aoponの感想・評価

4.0
秀逸な心理サスペンスだった。
登場人物の心情が丁寧に描かれて
ラストまで全く飽きさせない展開も
お見事。
アカデミー納得の作品。
Hana

Hanaの感想・評価

3.8
うわぁ…

これは面白い。
犯人の捕まったくだりの顔が腹たつ 笑


そりゃ…
アカデミー賞とカンヌ獲りますわぁ。
DSPEC

DSPECの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前の住人結局登場しないのね。ひょっとしたら劇団の子連れの女の人かと思ってのだが…娼婦の役やったし。

何でこのタイトル?主人公が所属してる、劇団の公演「セールスマンの死」の話とか詳しくはわからないが類似している部分が有るのだろうか?

お金を置いて行かれた事が、主人公にとってどうしても許せなかったのでしょう。自分の妻が、前の住人と同じように娼婦扱いされたと感じ、最後お金を返却し、地味に痛そうな渾身の右フック一発で何とか理性を保て解放したのだが…

結局、家主のババクも前の住人のお世話になってたのね、自分がプレゼントしたであろう黒のワンピースを整理する時の、何とも言えない表情「この薄汚いネズミめ!」
niconico

niconicoの感想・評価

3.0
自分は好きになれなかったかな。登場人物の誰にも感情移入できずにモヤモヤ。どうにもならない。嫌いじゃないけど好きじゃない。そんな映画。
まー

まーの感想・評価

4.0
さすがファルハディ。どうにもならないもどかしさ、じゃあどうすればいいんだよ!という詰んだ重〜い一撃を与えてくれます。

本作も素晴らしいクオリティの作品でした。
ただ、そこはイラン映画。例によって本作も検閲をスルーするためにかなり巧妙な編集をしたそうで。相変わらずめんどくさい国(宗教)だなーと。

自分もエマッドと同じか、それ以上、プリズナーズのヒュー・ジャックマンみたいになるかもしれない。これが俗に言うフォースのダークサイドですね。気をつけないと。
ただ、こう言うと世界中の女性を敵に回しそうですが、ラナって受けた被害に関して落ち度は無いし可哀想なのに、なんか嫌な感じなんですよね。はっきり言って嫌いです。このバランスがファルハディマジック。人間の表に出ない嫌な部分を映像で見せられる稀有な存在だと思います。大好物。いただきました。
マスン

マスンの感想・評価

3.5
タイトルがセールスマン、舞台の戯曲が「セールスマンの死」

教師をしている夫、舞台劇に出ている夫婦
ある日、夫の留守中に妻が何者かに襲われた。かなりのひどい傷。
隣人が発見したため、噂はつのる。

警察に届けよとしない妻。
次第に二人の生活が一変してしまう。

人相も分からない、手掛かりは一台の置いたままのトラック。
夫は犯人探しを始める。

ラストは驚きの展開。
良かったのか悪かったのか、あの一撃。
何とも重苦しい夫婦の切ない心理を見せる