セールスマンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

ENA

ENAの感想・評価

4.2
悪と善がパッキリと二項対立になっていない所に、社会的に抑圧されてきた人たちの文化を見る。細かい心理描写が見事で、小さな針がちくちくちくちく刺さっていくよう。要所要所で呼吸を忘れる。その細やかさがあればあるほどリアリティが増す。
夫婦のディスコミュニケーションは男女ではありそうなことで、しかし文化を反映してもいる。
TomokiS

TomokiSの感想・評価

3.3
万人におすすめできるわけではないが、エンディングまでの人間関係がもたらす緊迫した空気は必見である。
Vega

Vegaの感想・評価

4.0
この監督やっぱりすっごく面白い!
どの作品も脚本が秀逸。人物の心理の揺れに伴い視点の角度が移り変わり、力関係が絶妙に変化していく。
相変わらず見事だなぁ。
善悪つけられぬ不明瞭さに観ている最中も、観終わってしばらく経ってももやもやもやとさせられるのも毎度のこと。でも今回は明らかな犯罪行為、悪は悪だから、その辺りで過去作よりは厚みがないか?うーん。しかし満足!もやもや満足!

アカデミー外国語映画賞受賞するも、トランプ批判を表明、授賞式ボイコットしたことでも注目されてましたよね。

劇中劇の『セールスマンの死』
大学生のとき授業で読んだはずなんだけど、ぜんぜん思い出せない。
ジャンルとしては、サスペンス・ホラーになっているけど、個人的には男女の心理を描いた映画だと思う。イランの道徳観などもさりげなく背景にあることを感じられた。やっぱイスラム圏だろうが、男女の行き違いってのは世界共通なんですね。監督の特徴なのかもしれないけど、イラン映画のこの静かで、暗いけどずっしり重い感じが最高に好き。
それぞれの登場人物の立場になった時、自分ならどうするだろうか?と考えずにはいられませんでした。恥の文化と男尊女卑、忌まわしい慣習の根深さは、決して他人事に思えません。

小さな嘘が結果的に事態をより複雑にさせてしまうことも、極めて身近な恐怖として迫ってきてゾッとしました。

また、白眉は日常が少しずつ"崩れ去っていく"ことを予感させる不吉なオープニングも物凄いインパクト!
お父さん、切なくてよかった!
独特で他作品も気になる。
いざわ

いざわの感想・評価

3.5
社会の違いか個人の感覚の違いか分からないけど、とにかくズレを感じる作品。
 イランという文化の差なのでしょうか、夫の行動が妻の気持ちに寄り添っていないという言い方もできますが、妻の行動も同じ程度に不可解な部分もあります。
 私が男性だからでしょうか、イスラムの男性観・女性観との違和感なのでしょうか、後味はすっきりしません。
 でもそれは、この映画がよくなかったということではありません。
あちち

あちちの感想・評価

3.5
イランってどんな国?と、その興味が一番で見た映画。
イラン・イスラム共和国という国名の国が舞台だから、流石に異文化は感じたけど、映画のテーマそのものは、普遍的だった。

男女の愛は悲しい程脆い。
例え夫婦になっても、長年連れ添おうとも。
それでも人は一人で生きて行くのは辛いのだから、どうやって絆を守るのか…。うーむ。難しい。。それは、イスラム教徒もやはり同じか、と当たり前だが、考えてしまう作品だった。
MURANO

MURANOの感想・評価

3.7
マンションにヒビが入って住民が退去を余儀なくされるシーンから始まるこの映画だが、終盤になるとそのヒビ割れが象徴的に人間関係に響いて来ているようで怖い。

グラグラする不安定な人間関係を、ジワジワと攻め立てるように静かに描く秀作。

観終わって時間を空けたところで、妙な印象がモワッと残り続けてる映画ですね。

優しさって何だろう。家族って何だろう。正義って何だろう。