セールスマンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

tomo

tomoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

あっという間の2時間だった。
しかしイランとはどういう国なのだろうか…?

見識のない自分としては、歯痒く思ったりイライラする所も多かった。

勝手に隣人から事情をきいて職場の人にばらしてしまう同僚。
エマッドの勤める学校の、生徒たちの態度。
頼りにされない警察、事件にされない事件。
被害者であることを忘れようとする被害者。
頑なに自分と自分の名誉を守ろうとする加害者。
復讐心から加害者になりかける被害者。

更には、被害者の前で重体になるなんて!ラナの心を何度傷つければ気がすむのかな…とふつふつふつ。

イランとはどのような国なのか…と考えさせられた。
sk2

sk2の感想・評価

3.8
眠たかった。
RMiura

RMiuraの感想・評価

-
セールスマン…数々の映画賞に輝く作品だし主演男優もすごく良い演技してるんだけど、わたし男性じゃないから、フィルムメーカーに女性についてどう思っているのか質問したい。
5bansecond

5bansecondの感想・評価

3.5
どよ~んとなるけど、こういうのも観たくなる作品。
MAKO

MAKOの感想・評価

3.6
イランとフランスの合作です。 
監督はイラン人。アカデミー賞を受賞しているし、高評価だったので鑑賞。 

悪くはないのですが、想像していたのと違ってちょっと物足りなさがありました。 
それにイランの文化やイスラム教を良く知らないから入り込めなかった。劇中の「セールスマンの死」も知らなくて。 
そういうのを知ってたら楽しめたのかもしれない。 

妻を乱暴したのは誰かという犯人探しのミステリーサスペンスだと思って観たのがまずかった。 
それと妻の気持ちがいまいち分からなくて。これもイランの事を知らないからだと思うけど。 
消化不良気味で終わりました。
プハラ

プハラの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これはまた凄い。
不幸って、誰それが悪いとかこれが引き金になったとかって決定的な何かがあるわけじゃなく、いろんな要素の寄せ集めで不意に訪れるもんなんだよね。この夫婦に訪れたそれは、ほんと事故としか言いようがない。

にしてもこれは狡い!
誰の気持ちにも共感してしまうし、誰の行動にも苛立ってしまう。
ただこれを見て思うのは、普通に当たり前に、踏み外さずに市井で生きてるだけで、誰かを守ってるのかもしれないな。

だがしかし!「そそられた」の一言には完全に心の中指が立った。このじいさん、対被害者だけだったら絶対白状しなかったろうし。旦那が介入したから、自分よりも明らかに強い男が割って入ったから反省した側面はね、女性から見たらなんかぐぬぬとなったのだ。
INFOBAR

INFOBARの感想・評価

3.7
良かった。
襲われた時の真相を語らない妻と自力で犯人を探す夫
一つの不注意と一つの衝動でそれまでの人生が大きく狂う。
深い苦しみや憎しみが、同情ー許しに傾き始めるが・・・
イヤイヤ、どんでもないと思い直す。
みんなが救われない。でも、良い方法など存在しない。
犯罪は起きてしまった、「魔が差した」では済まない。
当たり前の筈なのに心が動いてしまうのは
自分以外の出来事として見てるからか?と思った。
観る者の感情を動かす そんな作品。

映画199本目/17年 (機内にて)
T木

T木の感想・評価

3.2
ぬるっと場面が進行して、ぬるっと人物の感情が変化して、気付いたら全然違う所に立ってる。そんな映画だった。
劇中の戯曲が理解出来てたら考察も深まるのだろうか、わからん。
8さん

8さんの感想・評価

3.6

ひとつの事件をきっかけに、日常の全てが崩れ始める様を描いたサスペンス作品。

教師エマッドとその妻ラナは、小さな劇団に所属し俳優としても活動している。ある日、引越して間もない自宅で悲劇が起こる。犯人を捕まえたい夫と、表沙汰にしたくない妻の感情はやがてすれ違い始め、事件の真相に迫っていくのだった…


『からみあう運命、歯車が狂いはじめる…。』


アスガー・ファルハディ監督作と聞くだけで観たい衝動に駆られませんか?「別離」はとても暗くて重い後味の残る内容で、観なきゃいけないと後から感じさせてくれる作品でした。今作の予告を劇場で観た時は、雰囲気に飲み込まれそうになりましたよ。

国の情勢や歴史が違えば風習も変わってきます。ミステリーやサスペンス要素の感じられる物語には、キャスト達の想いが溢れ言葉に出せない後ろめたい感情や葛藤が渦巻いています。何故私達が?とつい口にしてしまいそうになってしまうそんな出来事には、明日は我が身という他人事では避けて通れない思いが浮かびます。