セールスマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

ami

amiの感想・評価

4.5
《WOWOW》 

ファルハディ監督安定の、終始漂う嫌~な感じと何とも意地の悪いラストが堪らなく良い。
サスペンスとしても面白いし、社会問題が背景に存在していると考えて観ても面白い。
kiki

kikiの感想・評価

3.5
結局はゴメンで済まそうとする男。

面子を潰された男。

威張り腐った男。

宗教が混ざると話が重苦しくなりますね。
私があなただったらで考えないと。
思いやりが大切ですね。
moviEEE

moviEEEの感想・評価

3.5
開発で崩壊しかけるマンション、警察を信用しない人々、乗合タクシー、プジョーが走る街、イラン。主人公の正義感はもっともだが対峙する相手がグダグダで何ともならない焦燥感、妻はどんどん離れていくし。緊張感がずっと続く心理劇、そう劇中劇セールスマンの死よりしんどいわ。
とある事情で苦しい話を見てみたくなり、いつか見てみたいと思っていたファルハディ監督の作品を手に取りました。
ただなんか、苦しい話っていうより、いやな話でしたね。

いやな空気を作るのは本当に上手くて、夫婦がどちらも間違ってない感じなのにどんどん空気が悪くなっていくのが、なんとも息が詰まりそう。
話さないのか話せないのか、とにかく妻が自身に降りかかった事件について明らかにしないので、旦那も怒りの矛先をどこに向けていいか以前に、どの程度の怒りを抱けばいいのかわからない感じ。
ヒリヒリ混じりのモヤモヤが凄いです。
最終的に、何が起こったかについてある程度のことは判明しますが、夫の溜飲を下げたり、あるいは妻に安らぎをもたらしたり、というようなところとは真逆の方向に転がる終わり方をするので、そういう意味では徹底してるな、とも。
徹底的にいやな話でした。

まあ、いやなリアリズムについてはなるほどなと思いましたが、個人的には抜群に印象に残るほどではなかったです。
いまだに『別離』には興味ありますが。
コミュニケーション不足でもある登場人物。それが原因で起こる連鎖に
白黒はっきりできない問題は確かにある。間違いなく黒はいたわけだけど、こうしていればなど結果論で、誰もが起こり得る事件。
悪いのは男、おじいも彼もどちらも執着が強すぎる。あとで後悔するぞと思ったら案の定…ラストは2人の関係はもう戻らないというような仮面表情とメイク、そして沈黙。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.4
欠陥住宅の倒壊の危機、妻への暴行事件。大変な事態が起こるも激しい現場はあまり表現されず淡々と少しずつ頭の中に想像させる。

この旦那さん気持ちはよく分かるのだけど、結局全て自分の為の行動にしか見えない。どうにも収まらない気持ちを加害者を苦しめる事で解消しようとしているのだろうけど、それで結局取り返しのつかない結果になってしまう。

まるでアパートの亀裂は夫婦の亀裂を暗示してたようだ。
minacco

minaccoの感想・評価

3.7
静かに淡々とおもーい雰囲気が終始続く。
中東の夫婦の在り方が珍しく、夫婦なのに他人行儀だったり、愛情表現がよく分からないので、旦那の気持ちも嫁の気持ちもよく分からないまま終わった。
言葉って大切。
旦那の嫁への愛情は非常によく分かるんだけど、なんか違う。
この不和感がとても切ない。
たま

たまの感想・評価

3.0
映画は多くを語らない。
暴行のシーンの映像も全く無く、語られる事もごく僅か。
詳細は見るものに委ねられる。
どう受け止めるかで感想も変わってくるのかな。
イランという国の映画は初めて見る。
思っていたほど大きな違いが無いことに驚いた。アメリカのアニメを見たりパスタを食べたり。ただ大きく違うのは女性の立場だろう。
セールスマンの死が劇中で出てくるけど、それ自体をよく知らないので結び付きがイマイチ分からなかった。
舞台用の老けメイクをするシーンは、あの時夫婦に僅かにズレだした歯車が戻らぬまま年老いていく姿を描いているのかなと思った。