セールスマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

すず

すずの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

被害者なのに何だか悪いことをしている風。

途中眠くなった。

犯人隣人の人かと思ったのに。
車を退けるため奥さんが鍵の束を渡した時、1発で開けたからこれはもしや💡と思ったのにー😣

直接的に描かない、表情や態度で心を表す映画の良さを感じれるようになりたい
MariHosaka

MariHosakaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

年寄りだから、体が弱いから、家族がいるから、で魔が差したじじいを許すなんて絶対むり
せり

せりの感想・評価

3.5
もっと悲鳴とか派手に復讐するシーンがあるのかと思ったけれど、想像とは違った。
静かに重い…。暗い…。
最後の夫婦の表情が頭から離れません。

妻が憔悴しきっているなか、犯人への怒りが募り、復讐ばかりに目が眩む夫。夫の立場になったら、本当に大事なものは見えなくなってしまうのでしょうか…。

見終わった後、映画館のトイレに家の鍵落としたのもあって、、なんだか気持ちが晴れない。。
afforlax

afforlaxの感想・評価

3.5
文化の違いによるものか、結末はやや不満。
普段目にすることのないイランに少し触れることができる映画だと思う。
2017年6月11日、渋谷ル・シネマにて鑑賞。

アスガー・ファルハディ監督、さすがの人間ドラマ。
前作『ある過去の行方』から、だいぶ待たされた(笑)

この映画チラシには「ある夜の闖入者--たどり着いた真実は、憎悪か、それとも愛か--」の宣伝文句が印刷されているが、この文言、結構、的を得ている。

サスペンス・ドラマ風な展開を見せるが、愛の物語という気がした。
今年の必見映画の1本である。

<映倫No.47189>
まんず

まんずの感想・評価

4.0
飛行機で視聴!
イラン映画見るっていいつつ別離以来見てないと思っての同監督作品でした!

息が詰まる雰囲気、そうくるかという場面展開。
夫婦の感情が劇での出来に出てくるのも面白い!
たまには誰も幸せにならない映画もいいよね?笑
きき

ききの感想・評価

4.0
いいひとはいいひとらしく、悪いひとは悪いひとらしくいてくれないと、なんかもうみていてうまく感情を処理できなくなってしまうなあ、という思い。
いや「いいひと」って「悪いひと」ってなんなんだ。ぜんぜん簡単にわけられない。

スキンシップ文化のない日本で育ってスキンシップがけっこう苦手な私がみていても、そこは抱きしめるとこなんじゃないの・・・と思うところが多々あり、夫婦の抱えている問題がセンシティブなだけに、スキンシップの少なさが気になりました。
あと、被害者である女性がわりと各方面から悪気なくナチュラルにやすやすと侮辱されているのもつらかった。本人もそれを諦めている感じなのもつらい。
HarryT

HarryTの感想・評価

3.5
重い映画でした。家具や調度が寂しいとつらさが増すね。
空虚な中心
イラン社会がとかイスラーム社会がなどと訳知り顔で評している人々はカッコいいし頭いいですね、セールスマンの死の戯曲から語ってスノッブでいいですね。とか思いますけど、そういうやつらこそアスガーファルファディに煙たがられるんじゃねーの?
どんな宗教のやつが見てもこれは面白いと思いますよ。単純に普遍的お話の部分や映画のつくりが優れてるから面白いんだと思うんですが、シネフィルってダメですね。
福介

福介の感想・評価

3.0
2017.09.27 鑑賞。

各所で高評価なファルハディ監督作品の初鑑賞。
正直そこまで面白くなかったです。
静かだけど間延びしないよう配慮された演出、細かく繊細な心情の表現、あえて単純には展開させないストーリー、それらはどれもきちんと作られているのですが、あまりにきれいに作られすぎているというか。
洗練されすぎててのめり込めない、という感じでした。