セールスマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

なな

ななの感想・評価

3.3
淡々としててなかなか難しかった。
「セールスマンの死」読んだことないけど、どこかで繋がっているのかな。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

2.4
2.4点
イランてこういう街の景色なんだな。
おもってたより、都会だった。
「悪の陳腐さ」はいつも哀しい。
この映画で突きつけられる「悪の弱々しさ」は、もっと哀しい。
mizuki

mizukiの感想・評価

3.0
後味の悪いなんとも言えない映画。イランのジェンダー観が垣間見れる。
ペイン

ペインの感想・評価

4.3
アスガー・ファルハディ監督といえば超自然主義で俳優陣から子役に至るまで驚くほど自然に演出をする達人。

今作も俳優陣の実在感、佇まいの自然さたるや鳥肌もの。

今やイランを代表する世界的名監督の地位を得ているファルハディだが本作でも緻密な人物描写でグイグイ我々を引き込んでくれた。ファルハディの映画を観ると“映画は金じゃない”ということを痛感させられる。決して派手な仕掛けはないが着実な演出と演技で魅了してくれる。

正直、本作は彼のぶっちぎりの最高傑作『別離』に比べると前半部分での冗長さが目立ったり全体的にのぺ~っとした仕上がりに若干なっていたがそれでも後半からのいつものファルハディ節炸裂なラストスパート、人間の業のあぶり出しには痺れた。

余韻の残し方も素晴らしい。あ~本当に上質でご立派な映画を観たなという満足感に浸れる。

ただアカデミー賞外国語映画賞は『ありがとう、トニ・エルドマン』で良かった気がする。
Tak

Takの感想・評価

3.6
相変わらずのファルハディ節。
本と演出が良ければ映画作りに金なんか要らんのよ。職人である。
dieさん

dieさんの感想・評価

2.6
悪い方に期待を裏切られた。
何かあるだろう、これで終わりなはずはない…と我慢して2時間観たが最後まで何もなかった…
2017年に見逃した映画を回収してくシリーズ。

大好物の『別離』を撮ったアスガー・ファルハディ監督の最新作ですね。

この監督、何が良いかってとにかく映像の抑制具合が素晴らしいのです。

仕立てはサスペンスなのに、おどろおどろしい演出が抑えられ、かと言って単調でもなく、まるで上質なドキュメンタリーを見ているような日常系映画に落とし込まれている独特な感動を味わえますの。

あれは緻密に計算されて作られているとも言えるし、狙ってやったからと言って決して簡単にできるものではありません。

小説を読む際に、圧倒的に好みの文体に出会った経験のある人なら分かると思うのですが、映像の質感(というか全体的な緊張感と落ち着きのバランス?)のようなものが、僕にはどんぴしゃりとハマってしまいましてですね、はい。

(ちなみに小説で言えば、高校時代にカズオイシグロの作品を初めて読んだ時の感動がまさにそれでした)

アカデミー外国語映画賞をとるにあたっては、イスラム文化に対する批評性だとかプロットの秀逸さだとか能書きが色々とあるのでしょうけど、やっぱり映像の独創性が一番だと僕は思うのです。

この楽しみ方を見つけてしまってから、本当に映画が好きで好きで堪らなくなったのです、僕の場合は。

極々個人的な、"映画"の楽しみ方を教えてくれた最高の先生として、アスガーファルハディには頭が上がらないと、そういうわけであります。

だし、なんだかんだ言って、娯楽映画としても一流の作品に仕上がっているあたり、もう流石としか言いようがありません。

点数を付けるのがホントに烏滸がましいけれど、次作も楽しみで仕方がないですね。
yahhotaka

yahhotakaの感想・評価

3.7
全てが終わり、舞台用のメイキャップをする夫婦の表情が全てを表していた様に思う。
誰も悪くないのに、スッキリしない、置いてけぼりの気持ちの持って行きどころがない、モヤモヤ感を、表していた表情に見えました。
Gatt

Gattの感想・評価

3.9
アスガー・ファルハディ監督の作品は、4作目。「別離」の衝撃には及ばぬものの、静かに砂の穴に嵌っていくシリーズとしては、期待通りでした。最初の事件のショック度は大きいけれど、どうしても「別離」の練られた高い基準から比べると、単純な話と感じてしまった。当人にはとんでもないことでしょうが。
でもやはり毎度の、表情の悲壮感、鬱積と感情の一瞬の表れ、そして全体の空気感と負のスパイラルが堪らず、好きなとこです。
劇中劇の「 セールスマンの死 」を知らないのですが、ちょっと掛けてる部分もあったのでしょうと思われる。もっと深く観たかった。
良い機会なので、オリジナル映画版を観てみようかなと思います。