セールスマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.6
事前にしっかり調べて、劇中劇の元になった作品を知っていればきっともっと評価が高くなっていたはず。

宗教的なこととか、舞台となった国の状況とか、そういった事前知識があったら…
今作に関して他の方のレビューを読んでなるほど!!って思うことが多々あったり。

タイトルの意味がよくわからんくて、劇中劇のこと?とか色々思っていたけどラストに、あああああ!そういうことか!ってなってすごく納得(笑)
伏線回収が気持ちよかった。

主人公の心情の変化がストーリーと絡めてもっとわかればきっとさらに楽しめたんやろなーとは思ってみたり。
ずん

ずんの感想・評価

3.7
あの時何が起こったのだろう
妻の態度や様子で想像はできるのだが見せないんですね
全体的に見えそうで見えない部分が散りばめられていて自然と気になってしょうがなくなっていく
夫の真っ直ぐに真実を追う姿が良かったです
mokomoko

mokomokoの感想・評価

3.5
カンヌ国際映画祭「脚本賞」、「男優賞」とアカデミー賞「外国語映画賞」受賞作品。

教師エマッドの妻ラナがある日侵入者に襲われてしまう。犯人を捕まえたい夫と、表沙汰にしたくない妻の感情はすれ違い始める。やがて犯人は前の住人だった女性と関係がある人物だとわかるが・・・。

なんともいえない作品だった。復讐心に囚われて犯人と対峙するシーンは見物だが、一方で最愛の妻とは心の距離が生じ・・・。

見えない娼婦の存在が終始話しをかき乱していき、最後の二人のシーンもなんとも言えず。映画を見終わった後、虚無感に苛まれてしかたがなかった。
ごく限られた空間設定での出来事がどんどん膨らんでいる作品。

ただ、難しかった。
劇団に所属し同じ舞台に立つ夫婦間に埋めることの出来ない溝を作る事件での、女性の負う心の傷の深さ、それを理解しきれず復讐の為犯人探しに執着する夫、理性や知性で抑えきれずにそれまでの生活が静かに確かに崩れていくやりきれなさが辛い。
夫婦が夫婦役を演じる‘セールスマンの死’が投影されるのは、過ちを犯してしまった側であるのか。責めるも許すも出来ないような、感情の行き場が憐れみにしかないように感じてものすごくもやもやしてしまう。
自分の女性としての視点から見てしまうし、社会や個人の人間性でも対応は違ってくると思うけど、こういう事件に巻き込まれること自体が非常に辛いのに、こんな展開自体が本当にきつい。
bnft

bnftの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

このカットの意味はこれとあまり決めつけたくないので、本作のラストはオープンエンドなのだと考えます。
ラナとエマッドはエンディングの時点では終わり切ってないでしょう。
それにはまた別の物語が続くはず。それ位の描写の積み上げはあったはずです。


エマッドはラナとの約束は破っていない。別の破局を招いていて責任の一端は免れないが、ラナの理性と倫理がどこまで理解してどう右か左かの白黒をつけるのか、付けないのかも分からない。その後の舞台に二人がいるのだから。交わす視点の意味を視聴者が一意に決めることなんかできない。そういうラストだと思いました。

ラナは彼女の思いとズレながらもエマッド自身のエゴさえもラナを軸にしか動いてない事すら突き放してしまうのか。

男の馬鹿さ加減なのかもしれないけど、付いていけないが見捨てないというラナの倫理感、警察沙汰にしたくないラナへの裏切りを反転して他者の想いを近い人間(エマッド)へも適用して、時間が許容と理解へ動くことを期待したい、そういうラナでした。ファム・ファタールがそんな単純では面白くない。

エマッドはテストステロンの支配下からの抗いをも見せている、ラナはそこを思い測らないのだろうか。

女性心理という一般化から独立したラナの人間としての倫理的知性を信じたい。そういう男の儚い願いを表した映画とも読めないでしょうか。
非常に個人的な偏った見方ですが。結局エマッドに肩入れラナを客体としてしてみてしまって部分は否めないのだけれど。分かれよと言われると二の句が継げないけど、それでもラナの心がとても気になります。

あとは、イラン文化ローカルを感じさせない神話的物語類型に則った普遍性のあるドラマ展開が意外でした。
なつ

なつの感想・評価

3.8
扱われるテーマは食傷気味ではあるものの、何とも言えないリアルさでじわじわと非常に苦々しく責めてくるストーリー展開は流石と言わざるを得ない、っていう....。宗教やお国柄は実は関係ないと思う。あの部屋を紹介したおっさんが元凶。冒頭のシーンがそのまんまのお話。いい意味でも悪い意味でもファルハディ。『別離』ほどの後味の悪さではない。