セールスマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

劇場予告から気になった作品。劇場鑑賞出来ず漸くのDVD鑑賞。タイトルと内容にギャップ感あり。

旦那様が帰宅したと思い、アパートの鍵開けたのが運の尽き。不審者に侵入され……

怪我を負った奥さんとの間に、徐々に日時生活でギクシャク感が発生する。犯人探しに翻弄する旦那。

犯人も意外ならば結末も意外。なんてことないカメラワークもハラハラドキドキ‼︎

フランス🇫🇷&イラン🇮🇷作品とのこと。上質なヒューマンサスペンス映画でした。

⭐️教訓⭐️戸締り&火の用心‼︎皆さん‼︎SECOMしていますか!?
maomei

maomeiの感想・評価

3.7
妻が暴行された夫の犯人捜し、それは復讐なのだろうか? イスラームの家族観や男女観が垣間見える、多くを語らないながらもしっかりと考えさせるスリリングなドラマだった。だいぶ欧米的と言えるような要素を前提にしながらも、やがて取り憑かれたように事件にのめり込む夫に注がれる妻の視線の複雑さが苦しい。劇中劇「セールスマンの死」は暗示のように思う。夫婦の幸せの形ってなんだろうなとふと思うような一作だった。
Qudan

Qudanの感想・評価

3.0
事件が起きてからの夫婦の感情のすれ違い、特に主人公である夫の苛立ちが上手い。

オチとしてもっと驚きを用意しているのかなと思っていたので肩透かし感もあったけど、意外とやり場のない感情を抱えたまま終わるのが現実かもしれないと思ったり。

劇中劇の「セールスマンの死」を知らないため、いまいち作品を読み解けなかったのが残念でした。
りうた

りうたの感想・評価

3.8
レンタルで鑑賞2

イラン映画は同じ監督の「別離」以来です。
イランの日常を生々しく描いていて逆に新鮮。
絶対的な悪は出てこないのに、なんでこうなっちゃうかなーってお話です。
ragii

ragiiの感想・評価

3.9
アカデミー賞の外国語映画賞を受賞した作品

アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演している夫婦。夫は教師をしながら舞台に出演しながら夫婦で俳優活動をしている。ある日引越ししたばかりの自宅で夫の留守中に妻が何者かに襲われて平和な生活が崩れ去る。
表沙汰にしたくないために警察に通報したくない妻の態度に納得がいかない夫が密かに犯人を探そうとする。

いやー上手い!
アスガー・ファルファディー監督作品始めて観たけどスゴイ!! 前半パートは特になにが起きるわけではなく、フツーの日常を描かれていて、実はこの中に間接的に物語に重要な事が描かれていたり、

劇中起きる事件に対して、登場人物達の発言や行動が少しずつボタンのかけ違いや感情の揺れ動きがあったり…

オープニングとエンディングがある円環構造になっていたり、

本当に起きていることを俯瞰で眺めているような錯覚に陥るぐらい普通に撮っているようで、最後まで観ると1つ1つが周到に考えられているのもスゴイ!

もー本当に上手い!!
うまく良さを説明できないし、内容も万人ウケはしないかもしれないけど、すごく上手くて一見の価値がある秀作!!
この“セールスマン”というタイトルは
アメリカの戯曲作家アーサー・ミラーの“セールスマンの死”をモチーフにしていることは冒頭のシーンからも見てとれます。
では“セールスマンの死”とどう関わってくるのか。これが非常に上手く出来ている映画です。
“セールスマンの死”は第二次世界大戦後のアメリカにおける問題を描いたもので、これまで信じてきた競争社会の考え方が覆され家庭の崩壊、親子の断絶、若者達の社会への不信感、絶望感など、アメリカの影の部分に切り込んでいます。
イランといえばイスラム教国家であり反欧米主義で男尊女卑的な差別的なイメージがあります。飽く迄イメージです。
ところがこの映画の主人公は革新的で都会的、非常に自由な発言をしています。ある意味では欧米的な思想とでも言いましょうか。
そんな彼がある事件をきっかけにどんどん古きイスラム国家の男尊的思想に変わっていきます。これは怖いですね。見ていて他人事とは思えないのも上手い作りだと思います。
結局アメリカであろうとイランであろうと根の部分では非常に土着的な思想があるということですね。日本も同じです。
これは面白かった。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.1
短文感想 71点
去年アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品。タイトルからほとんど予測出来ない作品でありましたが、かなりサスペンスタッチで描かれている作品でした。そして思い返せば、イランの社会的問題を冒頭から取り上げていたのだなと思わされました。その社会的問題は冒頭にしか出てきません。しかし、この一連の事件は、その社会的問題が基盤にあったからこそ発生したものであり、深く考えさせられました。現代の日本ではあまり考えられない事態。
じわじわと犯人を追い詰める主人公は何かに取り憑かれたよう。それほど復讐心というのは強烈なのです。最後もなんとも言えない終わり方でして、一体誰が悪なのかわからない状態。モヤモヤした終わり方ですが、どこか消化不良。アカデミー賞っぽくないなあとも思ってしまいました。悪い作品とは決して言えないが、あまりにも淡々としている気がしました。
行き場のない感情だけが取り残されてしまった。

1番の被害者は誰とか関係なくって、全てにおいて残酷だなーと感じた。

被害に遭ったあの奥さん。

彼女の心の痛み、悲しみが手に取るように感じられた。

理解してくれない、いや、理解しようとしない夫への絶望、諦め、苛立ち。

だけど夫は夫で、妻を傷つけた犯人を躍起になって探してるし。。。
多少独りよがり的なものが感じられて、この夫、好きではなかった (-。-;


ところが後半から被害者がガラッと変わる。
この見事な切り替わり。

ホントは被害者ではないんだけど、なんだか憐れでそういう見方になってしまう。

もうやめてあげてー!


なんだか後味悪かったなぁ。

じゃぁ、結局どうしたら良かったんだろうね。
考えても答えが出ない疑問。。。

で、思ったのが「不用心なんだよね」
ってこと。

お国柄かもしれないけど、そんなんでシャワー浴びに行っちゃダメだよ、奥さん。。
ゆき

ゆきの感想・評価

2.5
終始、暗い感じで進んでいく。
結局、中途半端なままの夫婦で終わったのかなー。
それともこのふたり、修復できないまま終わった?
Hotori

Hotoriの感想・評価

4.3
面白かった。。イラン社会の風刺と言われるけど、もっと原初的な「情」の話に思えた。

場面が展開し、物語が多層化するたびに、観客としてそれまで寄り添ってきた感情の行き場がズレていく。