セールスマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

mukoryo

mukoryoの感想・評価

4.0
劇団員の夫婦、夫の方は教師の仕事までこなしているので、都会的で知的・文化度の高い夫婦であることがわかる。しかも劇中劇で手際よく「老けメイク」をしているところもさらにそう感じさせる。ところがある事件以降、男女間で考え方の違う古い体制的行動をせざるを得ない状況に追い込まれる。イランの人は良くも悪くも人懐っこい。前の住人の荷物があっても仕方なく片付けたり、見知らぬ人からの「荷物運んで」の依頼も「やってあげなよ」と言ってしまう。人の良さが裏目に出てるところを集めてる、という点ですごくよくできている。玄関のドアのショットが秀逸。パスタのシーンもぞっとするポイント。本当は奥さんが襲われたこと自体、周りの人は全力で隠してあげなければならないのだけれど… なぜ警察に行かないの?という声もあると思いますが、性的犯罪の加害者は「石打ち刑」による死刑もありうるそうで…加害者の家族のことを思うとあのラストも後味悪いばかりではないのかも。
セールスマンの死

おー、なんかよくわからんかったけど面白かったー。

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。ある日、夫の留守中に妻が何者かに襲われ・・・。

妻の身に何が起こったのか直接描写されないので、本当に妻は暴行されたのか、それが事実なら犯人は誰なのか。と先の読めない展開が続く。
その合間に「セールスマンの死」という舞台がはさみこまれていく。
正直、この舞台の話を知らないのでよくわからなかったが、この舞台と現実とがリンクしていく内容なんだなというのはなんとなく感じた。
それが、ラストシーンの何とも言えない二人の表情。
生きてるのか死んでるのか魂が無くなってしまったように見えた。

この監督の作品は、初めて観たけど映画の観せ方が上手いですね。
なんだろう。話は全然理解できなかったんだけど、最後まで目が離せないので映画に観入ってしまった。特に終盤30分は緊張感があり、すごくよかった。

これから観ようと思ってる方は、「セールスマンの死」を知っておいたほうがいいと思います。

ドーーーーン!

wowow
かなり複雑な映画です
話はミステリー仕立てで見ていれば理解できますが、
人物の行動をどう解釈するか、どの視点で見るかで映画の様相がガラリと変化します
深いです

主人公の妻はレイプされたのかされなかったのか?
明らかにされていませんが、主人公の受け止めよう、周囲の受け止めようで背後に強い女性差別があるのが分かります
問題は真実ではないのです

セールスマンの悲哀とそこに絡む主人公の立ち振る舞い
主人公は復讐心に駆られてもうめちゃくちゃです
妻を傷つけたセールスマンと比べてどっちが醜いでしょうか

セールスマンの死の娼婦役を演じているのはシングルマザーのようです
なぜ彼女は笑われるのでしょうか

セールスマンの死のセールスマンを演じている主人公が、実際の世界でセールスマンにあったらどのような行動をとったでしょうか
イランというか中東の映画は初めてみるけど、面白かった。
イランとかイラクとかお国柄の影響はよく分からないんだけど、古いイタリア映画を観ているような気がしたよ。
たぶん女性は虐げられているのだと思うけど、それでも「家族」は大切なんだよね。
この監督の他の映画も観たくなった。
lala

lalaの感想・評価

2.0
別離も苦手だったけどこちらの作品もやっぱり苦手だった。苦しくて息もできないぐらいの作品て結構好みだったりするけどそれとはなんか違う。
人生の一部を切り取ったような静かな人間ドラマ。人間は善と悪の中間のあいまいな世界に生きてる。ハッピーとバッドの中間のようなラスト。それが人生かなと思いました。
torakage

torakageの感想・評価

3.0
イラン映画ってやりきれない内容が多くて疲れる。タクシーで見知らぬ女性の態度を無礼だと言う生徒に「きっと過去に辛いことがあったのだろう」と理解を示していた主人公だが自身の妻の場合には犯人への復讐に囚われて思いやることができない。すっかり老け込んだ二人にはもうメイクは要らなかったんじゃね?
あの”別離”のアルガード ファルハデイ監督の作品が昨夜の「W座からの招待状」でやっていて鑑賞しました。先週の”新感染”もそうですが、その国の文化が垣間みえて割と好です。本作の場合はイラクです。イラクと言うとアメリカ映画では悪い人たちというイメージがあったのですが、実はちゃんとやってる人たちが大勢いて、悪い人たちとと一括りにするのはいかがなものかと思いますね。もちろん惡い事をやる人も居ますよ。でも、一生懸命に生きてる人たちを思うと可哀想です。

教師の傍ら劇団員をしているエマッド。彼の奥さんも劇団員なんですが、ある日住んでいた建物が火事になり、引っ越すことになります。しかし、引っ越した先で今度は奥さんがある男によって襲われます。そこからエマッドの犯人探しが始まります。

とはいえ本作はイラク映画です。ハリウッドでこういう映画を作ろうとしたら94年の「逃亡者」みたいな作品になり、丸っきりの復讐劇になりますね。ジョン ウイックなら30分あれば解決しそうな所、2時間引っぱるのは困難です。では、どうやっても映画にしたかと言うと展開をゆっくり目にしてアクションが入りそうなところを静な心理戦にしています。あと夫婦間のやり取りが重要なので、その関係がスクリーンを通してどういう仲なのかを説得力たっぷりに描いないといけません。そのあたりはよく出来ていたと思います。

それから、奥さん役の女優さんは上手いですね。実際にはありがたいことに襲われるシーンというのは無いのですが、恰もそういうシーンがあったかのように振舞うというのは難しと思います。そこらで訓練された女優さんにはできない事です。まあ最後の方の「帰してあげて」と言う奥さんの真理はよく理解出来ませんが、旦那さんが復讐したい気持ちは分かります。こういうゲスの極みは許せません。女の人と話しがしたいのなら普通に話せば良いのに・・・こんなことになるとは信じられ召させん。気持ちも分かりません。

いずれにせよこういう落ち着いたら大人の映画を作り続けてるのは良いですね。アベンジャーズやら何やらもいいのですが、こう言うのも好きです。来週のW座も楽しみです。
雑食

雑食の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

みた 劇中劇と本編との関係がよくわからず、難しい。女性の立場が弱いイランの中では恵まれてるほうなんじゃないかなって感じはするけど旦那さんが支配的。
奥さん大怪我してるのに「なんでドアを開けた?」ばっかり言われて本人もそう言われるのもわかってて、警察にも行かない。ドアを開けたことが罪みたい。事件のシーンはまったく映されていないが、どう考えても奥さんがあんなになってんだから悪いのは犯人だよって思うのにそうはならない。旦那さんの怒り方も奥さんの心配というよりは「俺の所有物に傷をつけた」いうような被害者意識からきてるように思える。
すごく極端に酷くはないけど当たり前のように女性の立場が弱いのが辛い。
最低なおじさんだけど犯人家族の方が愛情に溢れている感じがして旦那さんとしては悔しいんじゃないかな。幕引きはとっても感じわるくてでとてもいい。

このレビューはネタバレを含みます

なんで暴行されたのに黙ってなきゃいかんのだ〜〜!爺さんに罰を!爺さんを逃がすな!

と思ったりもしたけれど、
イスラム社会はそもそも女性の価値が低く彼女のみの訴えでは寧ろ彼女が罰を受ける場合すらある事、

そして常に抑圧されてきた女性は
・暴行を受けた女性側にも非があると糾弾される
・男性或いは「同じく男性に抑圧されている女性」「男社会に阿る女性」に不名誉なレッテルを貼られる
・ヘタに男性に恥をかかせて報復をされたら敵わない
可能性があるとちゃんと分かっていて、
そして強者側である「男性」の旦那さんは、そんな奥さんの視点を理解する事はできないんじゃないかと思ったな。

同時進行で行われた「セールスマンの死」といい、男たるものかくあるべしとする幻想
女性は男性のものであり彼女達の価値は男性の半分であるという差別といった
「社会に根強く残る偏った理想像や不平等な思想」が人の心をくすませて、不幸にする、そんな話なのかもしれない。

でも最後、まさか犯人が倒れるとは思わなかった。
勧善懲悪にしないのはこの作品で扱われている問題が現時点で解決していないからなのか、よくわからない。