セールスマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

後味が悪い作品。

作品中に出てくる舞台内容を知っていたら、また印象が違うんだろうか?
bowzZ

bowzZの感想・評価

3.0
セールスマン全然関係ないし淡々としてるし「別離」も観たけど、こういう作風なんだろう。自分とはあまり肌が合わない。
結局”私刑”の話なんだけど、イランでは普通のことなんだろうか?これでは警察も裁判も要らない。
Marino

Marinoの感想・評価

3.0
客観的にみたら赦してあげて〜 やけど、もし自分の大切な人に起こった出来事ならそうするべきだとわかってても絶対に赦せないなわたしは。
身内が犯罪(特に性犯罪)被害に遭ったときに被害者を置いてけぼりにして復讐に走る男性キャラクターが心底苦手だし、加害者の身内に気遣って告発を諦める(そしてその諦めの決定権は男性キャラクターが持っている)のも嫌いなので、苦い気持ちになった
期待値を上げすぎた。

いまいち戯曲「セールスマンの死」との掛けが分からなかった。

主題はそこなのねー。って感じ。
UBB530

UBB530の感想・評価

3.3
セールスマンの死、昔読んだけど、忘れてしまいました。もう一回出直します。ゆるすこととは...
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.6
妻に起きた出来事で、夫がどうにかしたいと躍起になるが、妻に寄り添いたい気持ちとは裏腹に、仕事と舞台と妻の言動にイライラ

妻の、犯人の家族への想いもわかるし、
ようやく見つけた犯人を懲らしめたいという夫の行動もわかるけど、相手を赦すことって大事
憎しみは憎しみしか生まないし、犯人の家族に今後降りかかるであろう不幸が目に見えている社会において、断ち切ってあげる勇気も必要

最後は、もやっと終わる
ここまで二者択一が厳しいと感じさせる映画に巡りあえる機会などそうあるものではありません。アスガル・ファルハーディー「セールスマン」

昨年初めて観て、当然すぐさま触れる事などできぬまま、一昨日2度目の鑑賞。
同監督の「別離」の時にも触れましたが本作も同様に(いかなる賛辞も追いつきようがない)文字通り2017年公開映画最大の収穫、とまずは言っておきます。
とは言え手放しで他人に推奨したくなる生易しいシロモノであるわけありません。
むしろ昨年公開された映画の数多(あまた)で「絶対に観るべき」「観ないよりは観た方がいい」「観るに値しない」「絶対に観るべきではない」と強引に4項目分けした場合、
本作は
(決意を持ってなら)と付したうえで「絶対に観るべき」映画でありますし、
(無自覚)あるいは(興味本位)であるうちは「絶対に観るべきではない」という厳しい選択を迫られる映画といえます。

こんな映画はたくさんあるものではありません。

昨年公開されたジャームッシュやカウリスマキ、阪本順治、吉田大八の好ましい新作さえ(観ないよりは観た方がいい)映画なのですから。

決意を持って観た方なら本作から受ける避けようのない未知の痛みが全身に広がる事など充分に覚悟の上だった筈。
既に「彼女が消えた浜辺」や「別離」のいずれか、あるいはどちらかを観た方なら無傷のまま鑑賞を終える事など有り得ない、と充分に自覚的だからです。

そんな自覚的、覚悟の上でもってしても本作から受ける痛みは想像をはるかに超えた体験となります。

そもそも映画で受ける痛みの大部分は北野武「アウトレイジ 最終章」のように数日もすれば覚醒剤のような快楽に変わる筈ですが、この「セールスマン」を観れば痛みは日を追うごとに、もしかしたら観た方の過去の個人的な痛みの体験まで巻き込んで増幅しかねない危険を孕んでおります。

2017年、スコセッシ「沈黙~サイレンス」クリストファー・ノーラン「ダンケルク」ドゥニ・ヴェルヌーヴ「メッセージ」「静かなる叫び」デミアン・チャゼル「ラ・ラランド」バリー・ジェンキンス「ムーンライト」などで(衝撃)をお感じになる免疫不備の(無自覚)(興味本位)状態なら
絶対に観るべきではない、と繰り返し申し上げます。
教師エマッド、夜は夫婦で舞台活動もしており戯曲「セールスマンの死」に取り組んでいる。(で、このタイトルなんでしょうね)
突然、住んでいるアパートが倒壊の危機にさらされ引越ししたが、その部屋に以前住んでいた女はどうも近所から評判が良くなかったよう…
ある日妻はエマッドが帰ってきたのだと思い玄関を開けたまま入浴しようとするが…
ーーーーーーーーーーーーー
この監督さんの作品を観るのはまだ二作目。「別離」では人間ドラマだけでなくミステリー要素と複雑な心理の揺さぶりが凄くて驚いたが、今作は観ながらやっぱりこういう作品を作る人なんだなと(^^)

別離は私が勝手なイメージを持って観た分、インパクト大きかったがこちらも揺さぶりはやはり来ます💨

あとイランに対しても勝手なイメージがあり、こういう作品を作れる方が居るなんて、と失礼ながら思ってしまいました💦この監督さんはどんな映画を観てきたんだろうとつくづく思う

2018 3 レンタル
なんがゾワモヤ( ´・ω・`)
男の心と女の心が一気に分かる。
被害者なんだけど、加害者に
なっていく旦那さんが怖い。
奥さんは綺麗。顔に怪我しても
綺麗な顔って綺麗なんだなあ