セールスマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

かむ

かむの感想・評価

4.4
自分はフランス映画のような起伏のない映画はあまり楽しめない傾向があるんだけどこれは退屈せず観ることができた。
今作は正確にはイランとフランスの合作映画?みたいだけど
男と女のそれぞれの立場や考え方の違いというものを明確に言葉で説明するでもなく表現されている
jerry

jerryの感想・評価

-
夫のやたら偉そうな態度に終始イライラさせられた。そういう社会ですよという表現なのか。妻の煮え切らない素振りの理由もちゃんとあり、筋立てはうまいと思うけど…どうしようもない結末含めて全くスッキリしない社会派作品。あのジジイの情けなさは笑えるレベルだったが。
A

Aの感想・評価

3.4
タラネ・アリシュスティがめちゃ綺麗。
ラストは個人的には胸糞わるい。
raga

ragaの感想・評価

4.0
文化圏の違いはあれど男女の機微はそんなに変わらない、そこを見事に演出する。これは若者には少し難しいテーマかもしれない。しかしオススメ。
最後まで心理描写にリアリティがあってゆっくりとしっかりと鋭く刺さる
とても美しい
saco

sacoの感想・評価

3.0
舞台上に『セールスマンの死』のセットが組み立てられていくオープニングから、突如画面が移り主人公夫婦が住むアパートが強制解体され住人が逃げ惑うシーンに繫がる。そこはテンポが良く先の展開に興味をそそられた。

そして、夫婦が移り住んだアパートで夫の不在中に妻が強姦にされるという事件が起こった。警察に届け犯人を捕まえる事を頑なに拒む妻(犯人についても何も語らない)と、何としても犯人を捕まえたい夫。穏やかで仲睦まじかった夫婦の気持ちが少しずつすれ違い離れていく。そして、遂に見つけた犯人は意外な人物だった....。

アーサー・ミラーの『セールスマンの死』を知っているか否かで本作の解釈が微妙に違うのかもしれないと思う。
主人公夫婦(夫エマッド、妻ラナ)が事件と同時進行で演劇『セールスマンの死』を演じている事で、実生活で起きている事に対するそれぞれの感情が、複雑に揺れ動く。ラナが犯人について口を閉ざしたのは、単に世間体やイランの社会では強姦は女性も罰せられるから、では無かった。エマッドが犯人を捕まえて、その虚をつく意外さに愕然とするのも、演劇上の主人公の感情に寄り添ったところに起因するのかもしれない。エマもまた同じ。
被害者だったふたりが、ラストではある種の加害者的な罪悪感を抱えた様な、それぞれが浮かべる複雑な表情が夫婦の行く末に不穏な影を落としてみせる。

人の気持ちが時の経過に従って、微妙に変化していく様子を謎をもたせながら丁寧に描いてあるが、途中ちょっと睡魔に襲われた。

イスラム教の戒律や、イランの社会情勢、慣習を少なくとも理解して観なければ、分からない部分があるのかなと思ったけど、今回はそれよりもタイトルにも関係している『セールスマンの死』を良く知らずに観たら、深層心理に分け入って真の理由にはたどり着かないかもしれないと思う。

私は残念ながら、鑑賞後に慌てて演劇内容を確認して、今回の映画を観た直後はモヤモヤしていた気持ちが、後から徐々にはっきりとしてきたというのが正直なところです。

イラン映画で私が好きだったのは『オフサイド・ガールズ』『亀も空を飛ぶ』と、今回のアスガー監督の『別離』。
分かりやすい映画が好き。
kyohei

kyoheiの感想・評価

4.0
ミステリー映画でした。

最後、謎は解けるのだが、それでいいのか感がはんぱないです。
最初、人を助けていた主人公が、最後あんな風になるなんて…
真犯人を見つけたとしても、奥さんとの心も最後完全に離れてしまった…

傷つけられた奥さんに寄り添うことはせず、復讐心が増大して行く主人公。

物語に出てこない、女の存在がかき回していく…
起こった悲惨な事件を見せなかったり、その女の具体的にやっていたことは、台詞で伝えられるだけな感じも何ともいえないです…

真犯人にたどり着いたとしても、こんな奴が…
何ともいえない気持ちになりました…

面白かったです。
あとは、単純にイランの文化的なことも知れました。何ともいえないが日本と似ているかも…
TK

TKの感想・評価

-
記録
2017 69本目
miyabi

miyabiの感想・評価

3.5
フランス イラン合作映画。
今年度 アカデミー賞外国語映画賞受賞。

突然、崩れ始めたアパート。当然、今晩から 住む家が 無い、小劇団で演劇をしている夫婦。夫は、高校教師。
劇団の仲間から紹介してもらった訳有り物件のアパート。
引越しの片付けも途中で、独り留守番中に 部屋に侵入してきた 何者かに 襲われる妻。
流石に イラン映画。何が 起こったか 描写も 無い。行きなり 病院で 治療中の 妻。想像❗
あそこまで ケガさせられてるのに、警察来ないの?
だけど、妻は、届けないって 言う。
夫は、密かに 犯人探し!
やがて、思いがけない 犯人が 見付かる。
タイトルのセールスマンて 何?
彼らの劇中で 演じているアーサー・ミラーの戯曲。
僕はこの映画を観終わったとき、妻が積極姿勢でないにも関わらず、夫がそれでは自分の気持ちが収まらないとばかりになんとしてでも一定のケジメをつけようとするのを見て、この夫は妻の事を自分の所有物の様に思っていると見なされても仕方がないなと思いました。
しかし、その捉え方は随分極端過ぎかも知れなくて、逆に今回起きた重大な被害に対して消極的姿勢をとると「なぜ私の夫は、無関心なのか」と思われる可能性が高く、結局どうするのが正しいとも言えず、「夫婦が克服するのが難しい程の理不尽な不幸に遭遇するが、2人でそれを乗り越えていく事が出来るのか」という要素があるのだと思っておくしかないという事になります。
最終的にこの夫婦は乗り越えていく事が出来ないのではないかという不安を観ている者たちは抱きますが、今後の行く末は誰にもわかりません。
もし、僕が妻の立場なら、理由はどうあれ誰であれその処遇の結果死亡者を出してしまった事を重くみます。今後一緒に生きてたらパートナーの短慮により、再度自分にとって大切な誰か又はさほど大切ではない誰かを死亡させてしまう事態を引き起こす可能性を感じてしまいましたから。
しかし、結局お互いにとってずっと一緒にいたい気持ちが強ければ、以前の状態に戻れるかもしれなく、2人がダメになる可能性も問題なくなる可能性もどちらも確率は充分ある様に思います。
重要なのは、観た我々が皆彼らがうまくいくかを心配している、そうさせるだけこの作品がみどころのあるものだという事だと思います。