セールスマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

Punch

Punchの感想・評価

3.5
要素要素は最高なんだけど何故かのれなかった。

このレビューはネタバレを含みます

「わたしのこと考えた?全然でしょ。」

内容がデリケートなだけに表現は難しいですが、めちゃめちゃ面白かった、です。

つつがなく送れている日常が、
所与の前提としていたものが、
揺さぶりをかけられる。

どうすれば良いのか、客観的な正解はあるのかもしれないけど、
それを阻む社会情勢、常識、自意識。
判断を迫られた時、どうすべきかが揺れる。

フィクションとサスペンスの意義はこの揺れる感覚にこそあるのではと思いました。

身体能力の高くないおじさん2人が密室にいるだけでこんな面白いか、と脱帽。
Sayoko

Sayokoの感想・評価

3.0
私にはあまりサスペンス感が感じられずよくわからないまま終わってしまいました。ノンフィクションとかだったらおもしろいのかも。
あおい

あおいの感想・評価

3.6
初めてのイラン映画。
妻が暴行されて、復讐をやり過ぎちゃう夫の話。
お国柄的なところもあって、ちょっと面白い。オープニングのマンションを急に壊したり、劇の娼婦が赤いコート着てたり、妻は警察に届けなかったり。

やるせない終わり方も好き。アーサーミラーのセールスマンの死を、知っていたらもっと高評価なのかも。

個人的に、1日に三本も立て続けに観て、頭がグルグルした。もう一度いつか観直したい。
下高井戸シネマ初めて行ったけども、次住むならあの近くが良い。
シネコンほど格式張る?こともなく、居心地が良かった。



犯人とその被害者。どちらにも家族がいるのに、犯人はその想像力を持たなかった。一方で、被害者は同情してしまうほどに犯人の日常・家族に触れてしまう。
被害者とその夫もお互いの気持ちを尊重することができなくなっている。

そんな他者との関係の象徴として鏡が印象的に思えた。ラストで鏡に映る自分を死んだ目で眺める夫婦が、他者の存在を強烈に印象づけてくるように感じた。
一度すれ違った気持ちの修復って、なかなか難しい。

このレビューはネタバレを含みます

一生分老けこむ。
館内が明るくなって席を立つ腰が重かった。

主役夫妻が出演している舞台がアーサー・ミラーの名作。劇場の外では「遠山の金さん」かな…?
その内面葛藤のミステリーは非常にスリリングで引き込まれた。

一件落着すれば「ああ面白かったね」なんだけど、この映画はそうはいかない。主人公と同化していた自分は奈落の底へ。
カタルシスも何も無い。噛み切れない思いにモヤモヤと沈む。
お前は判官じゃない。どのアクションスターの放つロケットランチャーよりも強烈な事実砲の炸裂。

総じて思うのは、ネットが広まってから世界を覆う不寛容、思い違いの正義へ、よくぞオブジェクションの指差しをしてくれた、ということ。
いい映画だった。
文化や宗教の違いで色々な考え方があり、そのあたりをわかっていないと、??になってしまいそうです。被害者なのになぜ?という気持ちはなくなりませんでした。
silence

silenceの感想・評価

3.0
イランの社会的背景や文化等を理解していなかったこともあってちょっと難しかった。

もう少し知識を増やしてからもう一度観たい。
ユタカ

ユタカの感想・評価

4.5
引っ越した先で起きたある事件をめぐる話。
ファルハディ作品らしく今回も強烈な結末が待っていて、足元が崩れ落ちて立っていられないような感覚に襲われる。思い返せば冒頭でも、住んでいる建物が土台から倒れそうになる場面が描かれていて(そのために引っ越すことになる)、その巧みさに唸る。
ちなみに「ある過去の行方」では、空港でガラス越しに何か話すけれど伝わらないと言う場面で始まり、ある誤解が物語のキーになっていた。
そして本作ではとにかくあの「ドア」の場面が素晴らしかった。映画史に残したい級の演出だ。好きな監督No.1の座はまだまだ揺るぎそうにない。