セールスマンの作品情報・感想・評価 - 65ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

いわを

いわをの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

う~ん~~、何とも評価の難しい映画。
監督の意図やテーマが今一つピンとこない。
いえることは、シャワーを浴びるときはドアに鍵はつけましょうと、悪いことをすると罰が当たりますということかな
てるる

てるるの感想・評価

3.5
2017年アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したイラン・フランス映画。

教師であり、舞台役者でもある主人公と、同じく舞台役者の妻。夫の帰りが遅くなったある日、引っ越したばかりの家で妻が暴行に遭ってしまう。必死に犯人を探す夫と、傷を負った妻の間には段々と溝が出来てしまう。果たして犯人は誰なのか、この夫婦が出す決断とは。

実は先日閉会した国会で騒がれた共謀罪の影で性犯罪が厳罰化する法案が通った。今まで親告罪だったのが非親告罪となり、罪も重くなった。
個人的には、心の殺人と呼ばれ、被害者の人生を壊し、時に周りの人々の人生までをも壊す強姦罪などは今回の改正では足りない部分も多いと思うし、もっと厳罰化しても良いとさえ思っている。
そして収監は屈強な外国人ばかりの刑務所に入れるべきだと思う。目には目をじゃないけど、そこで同じ恐怖を味わうべきだと思う。

だから妻が暴行に遭ってしまい、文化的で穏やかな性格だった夫が変わっていく様は観ててツラい。特に序盤は危険な時にも人助けをする場面などが描かれるから尚更。
彼が事件後に取った行動は少し歪んでしまったとはいえ妻を愛しているからだろうし、最後の決断もそうだと思う。だからこそ気持ちは分かるし、彼を責められない。個人的にはいくら魔が差したとはいえ絶対に許せない。
対する妻の行動もまた理解も出来るし、全て忘れたいのに忘れられない気持ちも分かる。

この映画は普通の人々がふとしたことで悪魔にも豹変するし、赦すことも出来ることを描く。例え救われない結末だとしても。

でもこのタイトルの基になっているのが、劇中劇である「セールスマンの死」という戯曲で、おそらくストーリーとリンクしてるっぽいんだけど、そもそもその話を知らないのでしっくり来なかったのが残念。

でも1番怖かったのは妻が間違って開けたドアをしばらくカメラが写すところだったな。
Olga

Olgaの感想・評価

-
住んでいたアパートが倒壊し始めて、主人公夫婦は引越しを余儀なくされる。これだけでも大事なのに、次に起きる大事件の準備段階に過ぎなかったとは。劇中劇「セールスマンの死」はプロットくらいしか知らなくて、イランのこともイラン人のこともよく知らなくて、アマチュア劇団の公演にも細かく検閲が入るとか、興味深いことが多かった。ラナが作った料理、字幕では「パスタ」となっていたけれど、本当のところどんな料理なのだろう?
弱い者が弱い者を傷つける。
誰が悪いのかわからなくなる。
誰にも償えない結果となる。
本当の話は、こういうことになるのだろうと、どうしようもない気持ちになった。
女によって巻き込まれた、夫婦と、そしてどうしようもないあのおじさん。
秀逸。
アスガーファルハディ監督の「別離」に続き二度目のオスカー受賞作品という事で、期待し鑑賞。
ある事件をきっかけに、夫婦や人間関係が崩壊していく過程をスリリングに画いていく演出が見事。
終盤の犯人にたどり着くまでのプロセスと心臓病を患う老人としたシナリオが秀逸。
dita

ditaの感想・評価

4.0
@シネ・リーブル梅田
浴室で何があったのかわからない夫と同じ立場の私たちはイライラを抱えながら事件を追いかける。事実を見せずに心の動きを丹念に追う流れから辿り着いた真実の前では、加害者と被害者という立場すら逆に思えるほど人の気持ちというものは危ういんやなと。
のこ

のこの感想・評価

4.5
小さな劇団に所属する夫婦((シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリドゥスティ)はアーサーミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演していた。
ある日、引っ越したばかりの自宅で 教師でもある夫が不在中に妻が浴室で何者かに襲われ 目や額 顔に怪我をする。
妻は警察に届けるのを嫌がり 夫は必死に犯人捜しをしながら心の中では妻を責め続けている!
引っ越した家は以前娼婦が住んでいた。まだ荷物が残っている。お客が訪ねてくる可能性もあるのに友達はその家をその夫婦に貸した。それが正しい選択だったかどうか~?
引っ越した家はあちこちひびがあり 亀裂が
この夫婦間にもこの家屋のように、お互いの気持ちにズレが生じて
夫は何が何でも犯人を突き止め 犯人に償う道を!
妻は被害者であるが 重い病気を背負っていた犯人を許したい気持ちになりつつ~
重病の犯人は愛する妻 娘~家族の為にすべてを失いたくなく~自分の欲望で人を傷つけ 利己的な感情で逃げて行こうとする(病気だからと言って許されるものではない!)
劇中で演じる「セールスマンの死」~
すべてを失う老セールスマンと家族の悲劇を現実お互いにかみ合わない 心が一致しない夫婦が演じる! 
切なさよりも深い悲しみが残る作品。
観終わって一言。
やっぱりファルハディ映画‼️
ブレてないですね。
事件をきっかけにガタガタと崩れていき、
露わになる夫婦関係。
冒頭のビルが崩れそうになるシーンが
この映画の象徴にもなっていますね。
劇中劇も象徴されていますね。
事件の真相は映画では語られずに
『藪の中』。いわゆる黒澤監督の
『羅生門』的に観ている人に委ねる形。
全貌語られずじまいは人によっては
納得いかないでしょう。
でもその事はファルハディ監督重視
していない筈です。人物の心理変化、
心理描写に重点置いてますから。
やはり衝撃はラストでしょうか。
加害者が被害者に、被害者が加害者に
見えてしまうこの違和感‼️
明らかに加害者悪いんですよ。
加害者の人はビジュアル的に
ちょっと違和感ありましたが。
妻の気持ちも分からなくないですが、
やっぱり夫は悪くないですよ。
このポイントがこの映画に対する
評価に直結するのではないでしょうか。
この手の映画を魅せる映画にしてしまう
ホント素晴らしい監督ではありますが、
『別離』には及ばないなと私は思います。
映画観終わってずっしりくる映画です。
Frengers

Frengersの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

「サイコ」を髣髴とさせるシャワーでの事件に端を発するサスベンスが映画の中心にありながら、浮き彫りになるテーマはあまりにも多彩。
 冒頭のセットに明かりが点くのと最後の元自宅のライトを消すことからくる、舞台上と実生活の相克があり、生徒と観客、もしくは顔をほぼ見せない不特定多数の「隣人」に囲まれた集団監視的な状況と大半の室内劇から浮かび上がる個人と集団の対立がある。細やかな挿話には性や教義とイラクに根付く国民性と、スマホに代表されるグローバリゼーションの軋轢もある。唐突に始まる工事は生活を追いやり、挙句の果てに人間ではなにひとつコントロールできない状況に・・・
 そしてそれを語る、扉の開け閉め、壁、階段、鏡といった舞台を思わせる装置の配置とネオンや警告灯の繋がり。最後の看取る場面のまるで喪服を思わせる統一感も含む色彩感覚がある。
 自分が如何にアメリカ的(もしくはアングロサクソン的)価値観に侵されているかを思い知らせてくれただけでも有難いし清清しい。点数は暫定的。あと5回くらい見たい。
アスガー・ファルハディ。魅力ある監督が多いイランの中でも、今最も注目を集める監督。

日常に投げ込まれた石により、静かに広がる波紋。それが夫婦の心を徐々に侵食し荒波となって、浮き彫りになる真の姿。

またしてもこの監督は、善悪二分法では表せない人間の心理をサスペンスフルに描きだす。間違いなく極上の人間ドラマです。

ただ、「彼女が消えた浜辺」や「別離」を観た時ほどの驚きはなかった。それは、この監督の変わらない手法に慣れてきたからでもあります。それだけ安定した手腕とは言えるのですが、今回は上記作品のような二転三転する面白さでは少し及ばないと感じました。

その代わりと言ってはなんですが、劇中劇として「セールスマンの死」を並行して描いていたのはとても効いていました。事前にフォローしている方から忠告されていたので、「セールスマンの死」のあらすじを読んでおいたのは良かったです。
主役の夫婦は劇中劇の方でも夫婦を演じるのですが、劇の途中で実生活の方の感情が次第に吐露してくるところは緊張感溢れてました。
本来は、被害者であるはずの二人が、逆に追い詰められていく姿はとても痛々しいです。
事件は一切見せずに、観ている側の想像力を刺激してドキドキさせる手腕。

そういう意味で、やはりこの監督は、現在最も力のある監督のひとりだと改めて感じました。