セールスマンの作品情報・感想・評価 - 65ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

たけし

たけしの感想・評価

4.4
濃いなー、濃い!とっても濃い。
人間の感情なのか何なのか、人の中と人と人の間にあるものが全て濃い!
濃厚な作品でした。
これは見逃さずに良かった。
主演のあのトランプに楯突いた女優さんはベッピンさんでしたし、俳優さんが皆素晴らしい!
パン屋のお父さんも秀逸でした!
あんな話をこんなに濃くできるって想像できない。
反省は、セールスマンの死を知らずに観に行ったこと。
あらすじだけでも知ってから行くことオススメします。
chica

chicaの感想・評価

-
私にはあまり引っかかってこなかったのですが…
『セールスマンの死』を見てみたいと思います、そこからじゃないと何も言えない…
『セールスマンの死』の舞台の裏側が晒されていく過程と、壁やドアが見るべきものを隠匿しつづける事態がパラレルに進行し、見える/見えないの相剋のドラマが一挙に崩れる地点で劇中劇と映画自体が共に終局を迎えるという、この上なく鮮やかな形式に感嘆の念を持たずにはいられない。しかもライトを点ける/消すという主題まで重なってきている。ちょっと巧すぎるんじゃないかと思っちゃうほど巧い。『彼女の消えた浜辺』と本作を観た限りの感想だが、ファルハディは「見えなさ」を描かせたら当代随一の作家なのではないか。その描出はイラン社会が隠蔽しているものを示すと同時に、「あるがままの真実には辿り着けない」というカント的命題をより切実に、より残酷に光りの下へ晒してしまう。本作の痛みは皮を剥がされた肌の痛みだ。「本当の自分などは存在せず、演じられた仮面の集積こそが人格である」という平田オリザの言葉を思い出す。
脚本 4
演出 5
画作り 5
音 5
独創性 5
関心の持続 3
演技 5
陶酔感 4
言葉 5
バランス 3
いとJ

いとJの感想・評価

3.0
息もつかせぬサスペンス!……ではなく、「罪を憎んで人を憎まずなんてできるの?うーん、そんなこと、できないかも……」なんていうような、微妙な気持ちにさせられる映画です。小島秀夫監督は「腹にくる」「腹に遺る」とコメントしていますね。勧善懲悪ではないリアリティのある人間を描いていることが、この物語の魅力のひとつではないでしょうか。
た

たの感想・評価

-
ずっと息苦しかった
別離と彼女が消えた浜辺でも同じこと思ったのにうっかりまた観て疲れてしまった

イランもトルコみたいな再開発がされてるの知らなかった
郊外が嘘みたいに無機質な高層マンションばっかりになる前にイラン行きたいな
K2

K2の感想・評価

4.1
『セールスマンの死』をイランの現代社会に落とし込んだストーリー。

日常的な会話に見え隠れする感情を引き出して緊張感とか張り詰めた感を出すのがすごく上手い技量上級者な監督の静かなサスペンス。ほいほい感情移入する対象が変えられそうな運びも上手かったです。
shun

shunの感想・評価

3.4
犯人を追うサスペンスなんですが、緊張感の持続のための演出手法にただ感嘆する、重いけどね。この監督映画の終わらせ方にはまりそう。新作でたらみたい。
トランプ大統領の中東7カ国入国禁止令に抗議して今年のアカデミー授賞式への出席を断ったことで話題になったアスガー・ファルハディ監督。
その時からとても気になっていていましたが、ファルハディ監督の作品は今回が初鑑賞です。

ある日、住んでるアパートが無理な工事の影響で倒壊しかけて住めなくなり、慌てて引っ越した先で夫の留守中に妻が何者かに襲われるという悲劇に見舞われます。
深い心の傷を負って不安定になる妻と、犯人を見つけて復讐しようとする夫。
この2人は劇団員であり、同時進行で「セールスマンの死」の公演という劇中劇が描かれています。

みんなスマホを扱い、近代化されたイランでも、やはりまだまだ女性の地位は低く、性犯罪の被害に遭っても女性の落ち度になって処罰されるなどがあるため、妻は警察にも言えず、夫にも本当の心の内までは明かさない苦しみを負います。
夫が妻の痛々しい姿に犯人への怒りを募らせる一方で、妻は犯人探しよりも自分の苦しみを理解しただ寄り添って欲しかったんだと思うのですが、そこが夫婦の間でズレが出てきてすれ違っていく感じももどかしい。

この事件をきっかけに夫もやり場のない憤りや苛立ち、焦りから精神的にも蝕まれていき、穏やかだった性格が荒れていくんですね。
その辺は、おそらく劇中劇の「サラリーマンの死」と重なっていくところがあるのでしょうけど、私がこの戯曲について無知だったのがほんとに残念過ぎます…。

犯人は誰かというサスペンス的要素よりもむしろ人間の様々な感情を重層的に描いていて、善人と悪人という単純な分け方ではない、もっと複雑な内面が状況によって炙り出されるその描き方がとても緻密であり丁寧で、特に終盤の犯人がわかってからの展開は、夫と妻、犯人の複雑な感情が渦巻き、この限られた空間の中で物語がどう転がっていくのか緊張と不安で目が離せませんでした。
人間の心理をここまで深く描き出した手腕は本当に素晴らしいとしか言いようがありません。

倒壊寸前の建物のひび割れた壁や窓ガラスは、平穏だった日常が崩れ落ちそうな不安定さと不穏感、ヒビが入ってしまった夫婦の関係やそれぞれの内面を表しているのだと思います。
「セールスマンの死」をわかった上で見ると、きっともっと多重で深みを感じられるのかもしれませんが、いずれにしても素晴らしい作品でした。

82
アメブロを更新しました。 『「セールスマン」日常生活の中で起こり得る事件をどう解決することが良いのか。』 https://twitter.com/yukigame/status/876122542972456960