セールスマンの作品情報・感想・評価 - 68ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

えいご

えいごの感想・評価

3.5
ベースになる戯曲があるらしいけど、他で見たことがなかったので、
ほぼ初めての状態で見ました。

主人公が役者という設定なのもあるけど、役と実際の身の回りの出来事がシンクロし
お互いの影響し合うという緊張感が良かった。
一つ出来事が男女で微妙な感じ方や行動を起こす結果が違いが際立ってた。

こういった事を明確に演出できる監督は流石です。

2017.6 ル・シネマ
かめの

かめのの感想・評価

4.2

何ヶ月も楽しみにしていた映画だったから、見終わって、さぁと皆のコメントを見ていたら社会的なメッセージを求めている人が多くて、やっぱりアカデミー賞だから?映画ってやっぱり社会性が必要なのかね?と思わされた。

妻の為を想っての行動が段々と夫婦をおかしくさせて、でもこの場合、被害者である二人に「正しい」振る舞い方なんてものはない。

妻を襲った男を見つけた時、夫が監禁までしたのには驚いたけど(殺害したのかと)もうどうしたってその男を許せるわけがないんだな。

憔悴した男を見て、若干妻に感情移入しそうになったものの、そそられたんだ、という男の下世話な告白に、やりどころのない感情が渦巻く。汚らわしい。

最後、男を許そうとする妻の弱さに、こ、これだから女は…すぐに情けをかけやがる!!と同じ女ながら思ったが、否定できない。

後味の悪い最後、顔を偽装していく二人、どうしたらいいのだろう。

このレビューはネタバレを含みます

本年度胸糞悪い映画ナンバーワン。
被害者の痛みは被害者にしかわからないし、一生消えずに毎日襲ってくる。
夫は妻に寄り添いたいけどうまく分かり合えずもどかしい。
隣人は不幸話に上面の正義感を振りかざすだけの自分に酔いしれたクズどもばかり。
犯人にも家族がいて、何も知らない家族たちはとにかく優しくあたたかい。
そして一番胸糞の悪い方法で犯人を病院送りにしてしまうやるせなさ。
二度と見たくないけどこんな映画がもっと普及すれば性犯罪は減少させることができるだろうのか。でもやっぱりあのジジイのタマを切り落とすくらいはやってほしかった。
ルナ

ルナの感想・評価

4.0
罪と罰とは?復讐とは?
考えさせられた。よい脚本と、よい監督と、よい俳優さんが、1つになると、本当に素晴らしい作品が生まれることを、この作品からも、感じた。どんな人も、誰かの愛しい人。加害者と被害者。複雑に錯綜し、カオスの中に生きる人間は、実に複雑な心を持つ。その多重層の深い心を表すことができるのがよい俳優さんなのだろう。それにしても、映画は、最高の発明品だ。
MarikoArai

MarikoAraiの感想・評価

3.5
表面的にはあまり何も起こらないのだけどじわじわぞわりする作品。それと、俳優さんの面構えがとにかく良い。
登場人物の道徳感というか貞操観念は日本に置き換えると昭和30年代以前の感覚なのかしら。
途中かなり間延びしている部分はあるが、ラスト近くの切迫感はサスペンス感たっぷり。ルビッチの天使の一場面を思い出しました。
話の筋とは全く関係ないけど猫がとにかくかわいい。ロザリンとライオンで教授が飼っている猫と互角なくらいかわいい。
kumiko

kumikoの感想・評価

4.1
妻と夫
被害者と加害者
事件を隠したい者 追究したい者

一組の夫婦に起こったある事件から、色んな側面を持ちながら話しは進んでいく。
先の読めないスリリングさと緊張感、全体の色合いなどが絡み合い作品をなしている。
お国柄なのか、男女の価値観なのかそれ以前に人間がなのか、色んな意味で怖いと感じた…
junkon9880

junkon9880の感想・評価

3.6
第89回アカデミー賞外国語映画賞にはイラン代表作として出品されて受賞作品です。
この映画まずはイランの現状、お国柄をわからないとなかなか難しい映画だったなー!
映画の先に、人生タクシーみてたからちょっとは国の現状はわかったような気がしていたけど、セールスマンの死と今のイランの問題点などを重ねているんだろうな~、じつは、元の戯曲もよくしらないのでわかりきれなかったなー!
でも、なかなか奥が深い映画だな〜
aymm

aymmの感想・評価

4.7
アスガー・ファルハディ監督作品は個人的に大好きなので今作も期待が高まりすぎて逆に不安だったけど大満足でした。

心理サスペンスとして本当に見応えがあって、期待を裏切らない展開の面白さ、自分だったらどうするだろうと考えさせられる。
アーサーミラーの戯曲「セールスマンの死」と重ね合わせて見せる展開も見事。イランの社会情勢や文化のタブーをきちんと散りばめた上での至極のサスペンスだと思う。
また別離を見直したいなぁ。
カンヌ国際映画祭にて「脚本賞」「主演男優賞」、第89回アカデミー賞の「外国語映画賞」も受賞した本作。戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦の事件と感情のすれ違いが絡み合う素晴らしい展開の物語。

「家族の会話」
「駆け引き」
「複雑な態度」

などが絡み合っていく、クライマックスの心理戦のようなサスペンスが見事で

「すべてフィクション」

現実が複雑に絡んだ舞台劇だったので・・・

見事な作品で各賞を受賞するのも頷けるラストが圧倒的に見事な作品。
『セールスマンの死』を知らないと理解できないじゃない、という点でわたし的には別離より劣る...とはいえ、いやだから勉強しなさいよということだと思うので、なんかごめんなさい。