セールスマンの作品情報・感想・評価 - 76ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

ミステリーのようでありながら、夫婦、家族、イラン社会の問題などがうまく織り込まれていたと思う。被害者は加害者に、加害者は被害者にもなり得る怖さ。お互いに違う方向を見ている二人の表情が心に残る。たまにチラチラと映る可愛い猫が、緊張感を和らげてくれた。
SU

SUの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

とてもうまいけど、リアル過ぎて好きになれない、あまのじゃくな作品。

だって
よぼよぼのおじいちゃんが全身全霊愛してくれる家族を裏切って不倫した挙句、その相手に会いに部屋を訪れたらその人はもう引っ越していて引き下がるかと思いきや、シャワーあびていた主人公の奥さんに欲情してケガさせて自分も怪我したってすごいバカだし軽薄じゃん。そんでもっともうやめてもいいってわかってて執拗においかけまくる主人公も、もはやそれは奥さんのためじゃなくて傷付けられたプライド守りたいが如し、挙げ句の果てに怒りに任せて女子みたいな平手打ち食らわせといて、おじいちゃん死なせてしまうし、元凶作ったそもそも奥さんはすべての行動が軽率。

まったく納得いかないし、しっかりしろよ!って思っちゃうんだけど、よく考えたら人間の行動って多分みんなそんな感じなんだよな。人から見たらバカじゃんって思うことをやってしまったりとか、こーゆーイライラした気持ちって日常割と感じてるなと。そういう意味では100点な脚本。
yusuke714

yusuke714の感想・評価

4.5
「これぞ映画」という映画は久しぶり!
余韻が凄い、言葉が出ない(笑)ファルバディのファンになりました。
あいこ

あいこの感想・評価

3.5
「セールスマンの死※」をよく知らないから、ちょっと難しかったよねー。

映画のストーリーは最初仲良し夫婦やけど、事件をきっかけに急に亀裂が入って、倒壊の危機になる話です。

襲われるとか、夫婦がラブラブとか、直接的なシーンがない。女性の肌が全くみえない。当たり前のシーンがない…ほぅ、これがイランなのか。 

iPhone使うし、プジョーに乗るし、パスタ食べるし…なるほど、これがイランか。

この夫婦だけじゃなくて、娼婦にも、侵入者にも、みんなに守りたい生活があるってのを見せられた。

※急速な都会化が進む中、それについていけずにリストラにあったセールスマンがやむを得ず保険金狙いの交通事故死を遂げる話(らしい)
Nori

Noriの感想・評価

2.0
予告編を観れば、何者かに襲われた妻、その何者かを見つけ出そうとする夫、という構図が見てとれる。

犯人に対する憤りと共に、妻に対して声を荒げてしまう夫の描写ほか、男の身勝手さ、狭量さを思わずにはいられない。

そうして、女性は傷つき、分かりあうことのない男と女の溝は、決定的なものになるのかな。

自身の中にある暴力的なものについて、自問した人も少なくないのでは、と思いました。
すあま

すあまの感想・評価

4.0
ある事件が起きるまでも丁寧に描かれているなあと感じた。サスペンスなのだろうけど個人的にはこれといって驚くような展開ではなかった。
ただ、登場人物たちの心境や関係性など引き込まれ、かなり嫌な気持ちにさせてくれる。
今日は高蜂くんと観に行きました。
今日は雨も降っており、気温は低かったのですが、高蜂くんはノースリーブでした。

昼は近くのカフェで「牛肉と枝豆のスープ」を食べました。バケットを勧められましたが、玄米にしました。
野菜も入っており、身体に優しい味がして美味しかったです。
ただ量が少なかったので、評価は3.4とさせて頂きます。

このレビューはネタバレを含みます

これまでの作品を見ても良作だと思いつつ同時に感じていたことだけど、やっぱりファルハディーのようなタイプの監督は苦手だなと改めて今回気付かされた

ファルハディーの作品はイランの都会に生きる人々や富裕層を描いている点に特徴があって、その点は今回も興味深かったのだけど、言ってしまうとその風俗、これに強いて加えるとひび割れた主人公夫婦の最初の部屋くらいしか映像を通しての個人的見所はなく、映像的に対して面白味のない監督とはいえ今回はそれに輪をかけて映像的に退屈だった

で、そんなファルハディーの売りとしては愚かな人間のいざこざを描いた脚本なのだけど、これもその愚かさとか迂闊さ、要は人物の間抜けっぷりに悪い意味で拍車がかかっていてずっと呆れながら見ていた

どの点が間抜けなのかというと、第一に夫だと思って確認もせず扉を開け放ってしまう女が警戒心なさすぎだし、それでやばいと思ったけど性欲を抑え切れず女を襲う加害者もあまりに馬鹿だし、その加害者にいらぬ仕返しをして逆に自分が心に傷を負うことになった主人公も軽率で、といった具合に阿保臭い行動を取る登場人物ばかりなため、久々に劇場でイライラを募らせることとなった

勿論こんな間抜けな奴らの話でもコメディタッチならゲラゲラ笑って傍観できたのだけど、この映画なそんな側面なんて一切ないドシリアスな作風で、愚か者たちが深刻を装って茶番を繰り広げてる点も興が削がれる一因だったのだが、こういうユーモアの欠片も感じられないくらいシリアスすぎる空気を醸し出すのもファルハディーの悪いところ

そして最大の不満点は、結局セールスマンの死の舞台が殆ど活かされていなかった点で、終盤出て来る家族とかその行く末はリンクしてたかなと思わないでもないけどその程度で、文化人という設定をつけたかったんだとしても映画とかでも代用できるものだし、こうした特に深い理由もなく設定が据えられているのにも腹が立って仕方なかった

こうした粗も映像表現にさえ凝っていたら目を瞑れたものなのに、その映像もいつものことながら出来損ないのダルデンヌ兄弟とも言える味気ないもので、もうファルハディーの監督としての力量は底が知れた感があるから今後は余程評判の良くない限りは劇場に足を運ばないことを心に決めた
なつ

なつの感想・評価

4.0
あれ、監督、本作はわりと普通?
普遍のテーマ?と思って観ていたのですが…。
後半、一気にきたっ‼
人間の無様、自分本意、エゴ、保身
あぶりだしてきました。
そして、恐ろしいまでの皮肉をぶちこんできて…。
滑稽でした、、、。

劇中劇の『セールスマンの死』が、
始終、憂鬱な雰囲気で、まとわりつく
絶妙な演出でした。
性被害をめぐる心理サスペンスは序破急という言葉を思わせて、その作劇術に嵌った。事件を機にした夫婦、男女のありよう、捜査や司法に対する視線、被害者への抑圧等の普遍的な問題の中にイランの歴史と文化が絡む語り口は見事というほかない。 そして通奏低音としてのアーサー・ミラーの戯曲。映画が終わったところから被害者、加害者とその家族の物語が観客の中で始まる。できれば監督の描くその後の物語を観たかった。結末の付け方は難しい。