セールスマンの作品情報・感想・評価 - 76ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

前半は、退屈 事件後 夫婦の考え方の違いや関係が変わっていく姿が、じわりじわりとやってくる。
ヤマ

ヤマの感想・評価

3.6
あまり書くとネタバレになるので、書きたくないけど、イランは、日本よりはるかに「名誉と恥」や「宗教的価値観の中での男と女の役割」がウエイトを占める社会であることが見てとれた。
個人的にちょっとショックだったのは、イスラム教は戒律等に厳しいのに売春婦はしっかりと存在し、その女性を利用する男たちもまた大勢いるということ。(ISとか無茶苦茶なのは除く)

このレビューはネタバレを含みます

イラン映画を見ると相乗りのタクシーにだけは乗りたくないって思う...

犯人を軟禁しておくシーンでなぜかプリズナーズを思い出したり...
土曜日の昼に

自分と全く異文化の文法で書かれた作品でかつハイコンテクストっぽかったのでどこをどう楽しめばいいのか分からなかった

このレビューはネタバレを含みます

終盤のある部分で理由もわからず涙が出た あんなやつに同情したのではない 今思うと、自分の怒りのやりどころが無くなったから、気持ちをどうしたらいいのかわからなくなり…思わず男と一緒に泣いてしまったのだ
ゲル

ゲルの感想・評価

2.4
観やすいとは思うが、とにかく暗い作品。被害に遭った妻への夫の態度が冷たく感じるが、日本とは文化が異なるからだろうか。
長いわりに途中大きな何かがあるわけではないので、ちょっと飽きる。というよりイライラした。ドキドキして観られたのは犯人かどうか確かめるシーンのみ。
個人的には、他人には積極的にはおすすめしない作品。
kostamm

kostammの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

イスラム社会の男女観が引き起こす悲劇を描いた作品。ミステリーとしても、イスラム文化園のドラマとしても見れる。男性が表面上の物語を動かし、その背後に女性がいるという作品の構成は、そのままイスラム社会を映しているようでもあった。
今最も期待の高い監督。
確か
五年前、渋谷で観た衝撃の別離。

期待に見事に応える。
上手いなー。
次の画が待ち遠しくなる。
直接的なところが無くソフトに。
いい映画ってわけでは無いが、好きだなー。
skip

skipの感想・評価

-
相も変わらずタイミング優れた情報更新の度に鑑賞者の思考は手のひらごと返されしかも物語いえど自己の省みから切り離せない。しかもその展開力は舞台に出会い無理なくリンクさせて語ろうとするのだから試みからしてビッグ。
TeT

TeTの感想・評価

3.9
あの「別離」の監督・脚本家だけあって、期待を裏切らないキッチリと構成されたストーリー。
あと、いずれも魅力的で説得力十分の俳優さんたちの演技。
マーケティング先行のセンセーショナリズムに走ってもおかしくないよう題材なのに、落ち着いた映像運びとストーリーテリングに、映画の作り手の良心を感じました。