セールスマンの作品情報・感想・評価 - 88ページ目

「セールスマン」に投稿された感想・評価

アスガー・ファルハディ監督の上質なすれ違い。いつものごとく愛ゆえに噛み合わず愛ゆえに収拾つかないw
ある事件を境に登場人物それぞれが欠けたピースを埋めようと最善を模索するも意図する方向へは流れず食い違いは深まるばかり、、ドラマチックのカケラもない超日常の風景にある静かな破綻が悲しすぎる。

『ある過去の行方』『別離』同様、イランそしてイスラム教における夫婦の在り方を捉えてはいるけど前2作に比べると独特な風習みたいなのは控えめやった気がします。ただそれでもやっぱイランって国の面白さは所々にあったし、展開としても結構突飛なものでやや強引に感じたとこもあったけどやっぱ観客を飽きさせない脚本は見事。ナチュラル過ぎる演技、セリフ、間も惹きつける。

とは言え実は今回前半ちょこちょこ睡魔に襲われ寝ちゃいましたw不覚!上映後、お連れさんに寝てたとこ教えてもらい補完w
飽きさせないとか言っといて寝てるし、説得力ないな〜しかも感想まで書いてるし〜wすんまそん!後悔やけどいい映画でした〜
KY

KYの感想・評価

3.9
アスガー・ファルハディ監督作。イラン映画。アカデミー外国語映画賞作品。

共に小さな劇団に所属する夫婦は、ちょうど戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演していた。教師として教壇にも立つ夫が家を空けた隙に、転居したばかりの家で妻が何者かに乱暴されてしまう。その日を境に二人の生活は一変し…。

・・・

『別離』『ある過去の行方』と同じで登場人物が情報を隠す事で生まれるミステリーの側面がストーリーの軸になって行くんだけど、どうも過去作に比べて序盤が眠くなった。

暴行を受けた妻が情報を隠す展開はレイプなのではないかという【ミスリード】を促す点もあったり、イスラムにおける暴行を受けた場合女性が裁かれるケースが多い事を危惧しての沈黙とも、セカンドレイプ的に周囲から噂が立つ事を怖れての沈黙とも捉えられる。しかし、そんな要素ゆえ『事件が起きたのに全然話が進展しない・・・』という退屈さを感じてしまった。

犯人が判明する中盤以降は面白くなって、被害者と加害者が反転する構造だったり夫婦間の価値観の差異の衝突が面白いのはさすがなんだけど一度退屈に感じた気持ちを取り返せるほど過去作を打ち抜くインパクトはなかった。
前半は、退屈 事件後 夫婦の考え方の違いや関係が変わっていく姿が、じわりじわりとやってくる。
ヤマ

ヤマの感想・評価

3.6
あまり書くとネタバレになるので、書きたくないけど、イランは、日本よりはるかに「名誉と恥」や「宗教的価値観の中での男と女の役割」がウエイトを占める社会であることが見てとれた。
個人的にちょっとショックだったのは、イスラム教は戒律等に厳しいのに売春婦はしっかりと存在し、その女性を利用する男たちもまた大勢いるということ。(ISとか無茶苦茶なのは除く)

このレビューはネタバレを含みます

イラン映画を見ると相乗りのタクシーにだけは乗りたくないって思う...

犯人を軟禁しておくシーンでなぜかプリズナーズを思い出したり...
土曜日の昼に

自分と全く異文化の文法で書かれた作品でかつハイコンテクストっぽかったのでどこをどう楽しめばいいのか分からなかった

このレビューはネタバレを含みます

終盤のある部分で理由もわからず涙が出た あんなやつに同情したのではない 今思うと、自分の怒りのやりどころが無くなったから、気持ちをどうしたらいいのかわからなくなり…思わず男と一緒に泣いてしまったのだ
ゲル

ゲルの感想・評価

2.4
観やすいとは思うが、とにかく暗い作品。被害に遭った妻への夫の態度が冷たく感じるが、日本とは文化が異なるからだろうか。
長いわりに途中大きな何かがあるわけではないので、ちょっと飽きる。というよりイライラした。ドキドキして観られたのは犯人かどうか確かめるシーンのみ。
個人的には、他人には積極的にはおすすめしない作品。
kostamm

kostammの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

イスラム社会の男女観が引き起こす悲劇を描いた作品。ミステリーとしても、イスラム文化園のドラマとしても見れる。男性が表面上の物語を動かし、その背後に女性がいるという作品の構成は、そのままイスラム社会を映しているようでもあった。
今最も期待の高い監督。
確か
五年前、渋谷で観た衝撃の別離。

期待に見事に応える。
上手いなー。
次の画が待ち遠しくなる。
直接的なところが無くソフトに。
いい映画ってわけでは無いが、好きだなー。