セールスマンの作品情報・感想・評価 - 90ページ目

セールスマン2016年製作の映画)

Forushande/The salesman

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦…

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。 ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。 演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

「セールスマン」に投稿された感想・評価

むけい

むけいの感想・評価

3.2
1つの事件を始まりに、強く揺らぎバランスを崩していく登場人物たちの心理と人間関係を主題とする作品。

すれ違いや憤りなど、精神的な動きが丁寧に表現され、人物の行動に共感が持てる場面が多かったです。盛り上がりには少々欠けますが、題材に忠実な作品でした。
内容的に不快感や後味の悪さはありながら、道徳的な訴えなども取り入れられており拘りを感じました。



娯楽目的の方にはおすすめしません。地味で重めなお話が好みの方向けです。
Jun55

Jun55の感想・評価

4.1
アカデミー賞外国語賞にノミネートされながら、大統領入国制限令に抗議のために、アスガー・ファルハディ監督が授賞式に参加することを拒否したことでも話題になっている作品。
ただ、内容としては政治色は一切なく、フェルハディ監督もインタビューで、この映画をイラン特有のこととして観る必要はない、と語っている。
確かに、テーマとしては、どの国でも起こり得ることだろうし、その意味で「イランの映画」として構える必要は全くない。
サスペンスの展開の仕方、特に激しいシーンということではなく、俳優の演技でその緊張感を高める手法は、演出の方法、俳優の技量が素晴らしいということなのだろう。
様々なメタファーが隠されている気もしていて、奥深いテーマも潜んでいるのだと思う。
|<