ギミー・デンジャーの作品情報・感想・評価

ギミー・デンジャー2016年製作の映画)

Gimme Danger

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:108分

3.8

あらすじ

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピ…

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピストルズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後の⾳楽シーン に多⼤な影響を与え伝説となったストゥージズ。彼らがロック・ファンを惹きつける理由は何なのか。イギー・ポップを軸に、メンバーと、本当に近しい関係者のインタビュー、そして新たに発⾒された貴重な映像や写真で、ストゥージズの真実が明らかになる。

「ギミー・デンジャー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

最後の最後にスピーチの格好良さでイチコロ。ある映画をきっかけにしてストゥージズが再結成へ向かう後半が面白かった
イギーとストゥージズが死ぬほどかっこいいので良い。
作りがいまいち面白みに欠ける。
長生きと健康の為の一般常識をその存在自体によりデストロイし続けるイギーポップの、案の定なんで死なないんだと言いたくなるはちゃめちゃ年代記だった。メンバーは殆ど死んじゃったけどイギーは死なない。たりめーだよ。何やったって死なないイギーは死なないんだよ。我ら皆死すべし存在だけどイギーだけは死なない。どころか老いもしない。死すべき憐れな我らを気遣って定期的にシワくちゃスキンスーツを更新してくれてるけど、スーツの下には変らぬムキムキが透けて見えてるし、サラサラヘアー具合でも未だ老いてないのがバレバレだ。たまに犬のフリなんかしてるけれどやっぱり友達想いのジェントルマン。もうダライ・ラマに並ぶ淫人じゃねえ偉人だ。遡って生まれ変われるのならダライ・ラマかイギーをやってみたい。
Seto

Setoの感想・評価

4.1
トレインスポッティングで聞き馴染みのあるイギーポップ


考え方かっこよすぎる
ライブ中ステージからジャンプして前歯が一本折れてたのはすごすぎる
よねだ

よねだの感想・評価

4.1
友達のとドライブでストゥージズを爆音でかけたら、消せ!って怒られたのを思い出した。
音楽も、スタイルも、唯一無二で最高にカッコいい。
なんてクールなバンドなんだ。Dirtなんて褒め言葉じゃないか。
ぴー汰

ぴー汰の感想・評価

3.9
か、かっけー…ストゥージズはI wanna be your dogしか知らなかったけど楽しめました。

イギーポップという男の生き様として、
The Stoogesというバンドの物語として、
ロックの歴史の一つとして、
ドキュメンタリーとして、映画として、
どれをとっても素晴らしい作品だと、思い、ます。

MUSIC IS LIFE
+
LIFE IS NOT BUSINESS
ここまで体現した生き方をしたミュージシャンは果たしてどれほどいるのか。
ドリオ

ドリオの感想・評価

3.0
何か物足りない感が否めない。
イギーポップが好きだ。

まず知ったのはトレインスポッティング。
あの冒頭のシーン、4人が街を全速力で走る時にかかるBGM。これにだいぶ痺れた僕はすぐサントラを買って誰なのか調べて、洋楽にだいぶ詳しい弟にどんな人か聞いたもんです。
そこからストゥージスのことを知ったり。
敬愛する吉井和哉さんのブログで知ったり(そこからデヴィッドボウイにもハマり)。
まぁ、触りくらいしか知らなかったけども。
そんな"イギーポップ"のバンドを掘り下げるドキュメントをジム・ジャームッシュが撮る、と。そりゃあもう見るしか。
パターソンと同時期に公開していた、と。

イギーポップって天才肌で狂気的なイメージが先行していたけど、あんなお茶目でカッコいいおじいさんだったとはw
ストゥージスを愛しているのがとても現れていました。
荒廃的で痛々しいけどパンクでグラムで破壊的。あのサウンドが生まれ広まりやられた男たちの話。

クスリ、ダメ。
shinobu

shinobuの感想・評価

3.7
ジム・ジャームッシュがストゥージズのドキュメンタリー映画を撮るって事で楽しみにしてたけどようやく鑑賞。

個人的には知られざるエピソードがあって楽しかったです。
改めてイギーポップやストゥージズの偉大さが分かりました。

貴著な映像にジャームッシュに語るメンバーの本音。
ニコやボウイやウォーホルとの興味深いエピソード。
ダイナソーJr.のJ.マスシスざまさかのグッジョブ!
メンバーの脱退、そして死…
ファンは観るべし!

以下どうでも良い話。

ストゥージズのファーストアルバムは中3だったかな…10代で聴いてた。本作にも出てたけどセックス・ピストルズがノー・ファンをカバーしててゴットファーザー・オブ・パンクなイメージで買ったんだよな。

ベルヴェッツのジョン・ケイルがプロデュースしたのもあってロックン・ロールにちょっとしたサイケデリック感もあって凄く好きだった。ドアーズにもちょっと似てる。

その後、レッドホットチリペッパーズのファンになるんだけど彼らもストゥージズのサーチ&デストロイをカバーしててまたストゥージズを聴きだすって感じでした。

ダーティーでセクシー&クールな最高バンド。
MC5もストゥージズもちょっと早かったのかな。

グランジ、オルタナ世代に再評価された印象。
リアルタイムでのファンではないけどイギーポップの影響力は凄まじいな。

さらに時を経て、今度はトレインスポッティングでイギーポップのソロを聴くっていうね。

98年のフジロックでイギーポップとビョークが時間被ってしまい泣く泣くイギーポップを選んだ。

イギーはステージに上がって来い!ジャパニーズマザファッカ!と叫んだ。
そしたらマジでみんなステージに上がりだして、若干イギーがビビる 笑
え?ボクは小心者だからステージに上がりませんでした。
イギーが終わってダッシュでビョークのステージに行くとJogaのイントロが!周りからため息が漏れるほど美しい瞬間でした。

あ、ストゥージズの話しだった。で、数年後2005年のフジロックでストゥージズを観れたのでありました。

イギーポップは最近もクイーン・オブ・ザ・ストーンエイジの連中とアルバムを作り、今年はアンダーワールドとも制作!

イギー・ポップは今後もライブステージ上でのケダモノのような性、いや生の塊のようなアクションイメージのまま突っ走っていってほしい。
あんたがキングオブロックンロールだ。
>|