ギミー・デンジャーの作品情報・感想・評価

ギミー・デンジャー2016年製作の映画)

Gimme Danger

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:108分

3.8

あらすじ

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピ…

1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中⼼にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない⾳楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注⽬したのはイギリスで⼈気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピストルズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後の⾳楽シーン に多⼤な影響を与え伝説となったストゥージズ。彼らがロック・ファンを惹きつける理由は何なのか。イギー・ポップを軸に、メンバーと、本当に近しい関係者のインタビュー、そして新たに発⾒された貴重な映像や写真で、ストゥージズの真実が明らかになる。

「ギミー・デンジャー」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.5
このバンドのことを知らずに観てしまったので、もっと前知識を持って観れば楽しめたんだろうなぁ…と思ってしまった。
David Bowieは好きなんだけどね。
pecoo

pecooの感想・評価

3.8
お前んちトレーラーハウスなのかよ
俺んちの車の方がデカイぜとか、
風呂に入ってわざわざチイセー、
とか大げさに言ってみたり
そんな奴とは絶交だ

自然の中で最高の環境だったぜ
トレーラーハウスに
ドラムセットを持ち込んで
1日何時間も叩いてたけど、
両親はうるさいと一回も言わなかった

強くて優しい男イギーポップ
skn

sknの感想・評価

4.0
イギーポップの人間くささ好きだな〜
ジム・ジャームッシュのバンド伝記ものってどんな感じだろうと思ってたけどコラージュ多用する感じはジュリアン・テンプル作品っぽさがあったな
イギーポップのイメージがなんか思ったより大人しいやつ感が出てて、不満ではないけど物足りなさがある。
ロック殿堂でのスピーチは感動してきた何十年の言葉が詰まってた。
チラついていたけど、観るファンも時代とともに変わっている。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
DVDレンタル
いぶき

いぶきの感想・評価

3.9
イギーは画面越しでもむせ返るくらい魅力的で笑っちゃうね
明日はもっといい日になるよね?ハム太郎
kyon

kyonの感想・評価

3.5
ロックを牽引していたバンド「ザ・ストゥージズ」のはじまりから解散、再結成までのドキュメンタリー。

”イギー・ポップ”は、デヴィッド・ボウイの文脈の中で知ったんだけど、すごくクレイジーなイメージだったの。

だけど、クレイジーとカリスマは紙一重で、ラストのスピーチには泣きそうになった。

「音楽は人生だ、商売じゃない。クールなやつらに感謝する」

って”cool”という言葉を通じてまさに繋がっていた人たち。

そしてそんなところにきっと惹かれていたジャームッシュの音楽ラバーとしての姿勢が作品を通して感じられて、良かった。

たまーにジャームッシュの笑い声が入ってて、すごく嬉しい。笑
ストゥージズのドキュメンタリー映画。おじいちゃんになったイギー・ポップがやけに明晰に60年代からの音楽活動について語っており、重度のジャンキーでも脳細胞がやられない場合もあるんだなと感心した。イギーについては、渡英時代のボウイとの関係にフォーカスするのが王道な訳だが、あえてアメリカンバンドとしてのストゥージズを追うというラインを崩さず、MC5やヴェルヴェット・アンダーグラウンドとの同時代内での関係を取り上げていたのが良かったな。
2018.6.16 DVD(字幕)
がい

がいの感想・評価

3.5
「ロックストック〜」で劇中流れるあの曲もこの方たちの曲だったんですねっ!
そのレベルのワタシが見てゴメンナサイ
でもこの曲のLiveバージョンを初めて聴いて見て 未知なる世界に引き込まれ 意外と面白かった
ファンにはたまらない貴重映像なんだろな
そして衝撃→アレはホントに犬の首輪だったんだ
そしてミュージシャンマイケルシャノンが好みそうなドキュメンタリー映画でもある と思う
記録

「音楽は人生であり、人生は商売ではない」
>|