モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由の作品情報・感想・評価

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由2015年製作の映画)

Mon Roi

上映日:2017年03月25日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」に投稿された感想・評価

分かる気がする。
こうゆう縁かな?なんだろう?ある時は二度と会いたくない、憎んで罵倒する…けどまた、許し求める。
makikooo

makikoooの感想・評価

3.0
なんか泣けた
ss

ssの感想・評価

-
お互いを傷つけてしまう愛ってものもあるんだな。
とっても愛し合っているのはわかるのに歯車が合わない、ほんと絶望的にまで。

私にはアニエスを許容する心の広さもないし、ベッドに女といたけど何もしてないと言われても絶対に信じないし、ここまで相手に気持ちをぶつけられない。
即座に愛せなくなって、高ーい心の壁がそびえ立つ。そして一切口をききたくない!と思うだろう。
仮に女とベッドにいて何もしてないとしても、問題はそこじゃない。「そういう状況」が問題ということに気付け!あほんだら!
女と同じベッドにいた事実より、摩訶不思議な言い訳をすることに冷めてしまう。

そうやって考えると『相手に自分の気持ちを思い切りぶつけることをしない』と無意識のうちにルール化しているかも、私。

そうやって自分には見えなかった愛を見て、自分についてひとつ知る。

2019/2/20
そりゃ、かっこいいけど、この男の人のどこがいいのかと。。。たしかに子供にとって父親は必要かもしれないけど、この人だったらいらんとイライラしてしまった。胸騒ぎの恋人に出てた俳優さんがいて、ちょっと嬉しかった。
「私は幸せになりたいだけ。愛してるならほっといてよ。」

大人の恋愛映画。なんだか結婚が嫌になってしまった笑

こんなクソな男がこの世にいるのか?と疑問を抱いたが、結局のところ、男はみんなクソなんだという結論に至った。

幸せにも賞味期限はありますよね。

弁護士として働くトニーはスキー場で大怪我を負い数週間のリハビリを受けるために専門施設へ訪れた。リハビリをする中で、トニーはジョルジオと過ごした波乱に満ちた自分の人生を振り返り、足の怪我と共に心に負った怪我も治そうとする。

ぜひ!!
おぐり

おぐりの感想・評価

5.0
とっても疲れたけんど 観ごたえのある映画
地味可愛いバツイチの女が、IQ 高いけど アスペルガーで薬中のオトコに惚れて さんざ苦労する話。
マイウェンが脇役で出てるね、と思うたら … 妹の方だった。
ヴァンサン・カッセル やな奴だけど 芝居は うまい。
ま 女性向きの映画ですね
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.5
前情報も無く観た
理屈なく好きと感じる作品
大怪我後のトニーの表情
心も空虚なのが分かる
惹かれ合うのに男の言動が
彼女を苦しめる
何度も傷つけられ
崩壊し限界感じる
Vカッセルが適任過ぎて
二人らしい程良い着地
Makiko

Makikoの感想・評価

3.5
今の私にはわからない
わかるときが来るのだろうか
山桃

山桃の感想・評価

3.6
ヴァンサン・カッセルが演じる男はダメ男ではなく、家庭に向いていないタイプだけのこと。人はいい面、悪い面を持つけれど、それを役の中で昇華させているヴァンサン・カッセルの演技力。見ていて疲れる映画だけれどもいろいろ頷けるところがある。モンロワ=私の王。何だかんだで彼女にとって彼はモンロワ。
>|