マリアンヌ(2016年製作の映画)

Allied

上映日:2017年02月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:124分
    監督
    ロバート・ゼメキス
    脚本
    スティーヴン・ナイト
    キャスト
    ブラッド・ピット
    マリオン・コティヤール
    リジー・キャプラン
    マシュー・グード
    ラフィー・キャシディ
    ジャレッド・ハリス
    クリスティアン・ルーベク
    あらすじ
    1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス―決して交わることのない人生を歩んでいたふたりは、ある重大なミッションによって引き寄せられる。それは夫婦を装って、敵の裏をかき、ドイツ大使を狙う作戦だった。その後、ロンドンで再会したふたり、愛が芽生え始めるのは自然のことだった。しかしマリアンヌには愛した人にも決して言えない「ある秘密」を抱えていたのだった。

    「マリアンヌ」に投稿された感想・評価

    ゼメキスに甘いので、オープニングシーンとラストシーンの対比で泣きそうになった。
    派手な銃撃戦も入れつつ、盗み見るシーンをたびたび入れてくるあたりが映画的だなと思いました。

    エンドロールまでマシュー・グードの役がわからなかった
    17191『マリアンヌ』ブラピがかっこいい。中身はヘビーやったな。あれはねー、耐えられへんなあ。時代がねー、そうさせるんやねー。厳し時代やし、戦争っやったからなあ。価値観やら、信念やら、何もかも変えてしまうからなあ。ヘビーやねえ。
    原題『Allied』2016
    アメリカのロマンティックスリラー映画
    日本公開は2017年

    主要撮影はロンドン
    キャッチコピー
    「何度涙を流せば、愛する妻を守れるのか。」
    「全てが明かされた先にある、「涙」の物語。」
    きろく
    エンドロールの二曲目が映画のラストの雰囲気と合わなくて 少し変な感じがした
    でも 全然問題ないと思う
    一個人の意見です
    とにかく素晴らしい映画だった
    これから観る方は前情報ない方がいい
    レンタル済記録
    衣装も着こなしもステキ
    もう新・カサブランカでいいよねw
    ゼメキス監督は恋愛描写が下手で何故急に恋に落ちた?とかフルCGで迫力が…とかブラピがおっさん過ぎる!とか気になる所はあるけど、この大スペクタクルと王道の活劇は見応え抜群で安心出来る。ねっとりとしたカメラワークや落ち着いた演出で映画を観ている感がとても心地良い。映画館で観たかったなぁ
    >|