tofu

キャビン・フィーバーのtofuのレビュー・感想・評価

キャビン・フィーバー(2016年製作の映画)
2.9
山奥のロッジに遊びに来た男女5人組が謎の伝染病にかかる。感染すると身体が腐ってゆく(溶ける?)。生き残れるか?的な作品。

かの「イーライロス脚本」なので、グロ描写は抜かりない。その点は高評価。

この手のお約束は満載。他の作品よりも主人公らが本当にクソ(笑)。同情の余地は皆無である。
特に主人公?が仲間の女の子がもう助からないと悟り殺してくれ!と懇願するシーン。なんで苦しい殺し方をネチネチとやるの?(笑)これはひどい!でもそれが笑えたが。

これぞB級ホラーって感じ。