映録助

闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの映録助のレビュー・感想・評価

2.3
WOWOWっす。
テレビの音声が出なくなった。
テレビ番組は音が出てるのに、繋げたBlu-rayプレーヤーとWiiからは出ず。
テレビのメーカーに問い合わせると初期化すれば直ることが多いとオペレーターに言われて実行すると、音が出た。
という記念で見たのがこれ。

ヴァイオレンスシーンがかなり過激だが、本当に残酷なシーンは映していない。
社会はマクロではひとつの大きな営みで複雑な動きをしているように見えるが、案外小さな纏まりで成り立っているようにも思えることがある。
この映画を見ながら、そんなことを考える。
類は友を呼ぶとの諺のようにクズはクズを呼び、クズ同士で攻撃し合い奪い合っている。だから紛争はなくならない。イライラしてる奴らは何かしら問題を起こしたがる。
そんななか、永山絢斗扮する、そして永山絢斗がしばしば演じる人を信じることを諦めないキャラクター竹山が出てくるのだが、実はこう言う奴が一番厭だ。
そんなんだから日本にはスパイだらで情報は盗まれ放題なんだよ。
人を信じられなくなったら終わりだ的なそのぬるい気持ちが国を弱くする。
韓国とはいい加減縁を切れよ、てなことを思いながら見たのでした。