闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.5

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

南国

南国の感想・評価

3.6
ウシジマくんシリーズやっと見終わりました。

人間の本性が本当によく分かる物語ですね。ホラーとは違う怖さを感じます。
dtvお試しで鑑賞。
やっぱバイオレンス物は苦手〜。(>_<)
途中で投げ出したくなったけど最後まで見て少し救われた。
高校生役の子、ほんと話し方が似てるー。
Yosui

Yosuiの感想・評価

2.9
みみみた
おべん

おべんの感想・評価

3.5
ウシジマくんの過去、関係メイン
これはこれでおもしろい

このレビューはネタバレを含みます

原作から好きなエピソードがメイン。

2人がそれぞれの信念を貫いた結果は切ない。

ラストシーンの山田孝之の演技が神がかってる。

またドラマやってください。
iD

iDの感想・評価

3.9
映画冒頭で描写される「誠愛の会」の地獄っぷりにかなり引いてしまった...。特に、追い詰められると会の社歌的なものを狂ったように歌い出す 班長オジさん榊原の、その精神がどっぷりと誠愛の会に浸ってしまっている様が見ていて本当に悲しかった。
おぞましくも、これが洗脳ってやつかと考えていました。

映画の終盤、5000万を一人で持ち逃げしようとして失敗し、最後にとことん犯罪を犯して自殺をしようと試みていたコウモトが、女性の財布を拾って返す場面...、かなりベタな描写なんだけど、ここまでの物語の前振りもあったせいかめちゃくちゃ感動しました。この映画はこの一瞬のための壮大な前振りといっても良いぐらいの描写だと個人的には感じました。
皆、それぞれ近くまで歩み寄らなければ分からない 悩みや問題を抱えながら生きているのだなと、財布を落とした女性の身辺話から改めて感じました。

これでウシジマくんシリーズ4作完走。このシリーズは、自分にとって「真面目に生きよう」と身を正してくれる一番の啓蒙映画なので、また定期的に見返そうと思います。
アズ

アズの感想・評価

3.8
2度目の視聴。

ファイナルだけあって回想シーンや過去の伏線回収が多くて面白かった。
ogasa

ogasaの感想・評価

3.5
馨ちゃんかっこいい。
やぎぎ

やぎぎの感想・評価

3.5
ウシジマくんの映画はなんとなく全部観たけどこれが一番面白かった。切なかったけど。
醤油

醤油の感想・評価

2.0
良い話ちっくになってるシーンが入ると、いつものスピード感ある展開が無くなってしまうので全体的にぼんやりしてくる。
>|