闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価 - 108ページ目

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.5

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

大ヒットコンテンツの終わり際として潔くてカッコイイ


Netflixで闇金ウシジマくんを一気見した後、劇場版ウシジマくんと勇者ヨシヒコシリーズを交互に見てたら、山田孝之別人説を唱えたいくらい全然別人になりきってて、やはりこの人はスゲエなあと感心しきり。


Part3の消化不良ぶりを一気に花開かせた、バイオレンスもエグみも大幅パワーアップ。これぞ闇金ワールド。ド底辺のロードサイド文化をリアルに体温感じるレベルで描きこんでて、とてもおっかない。

中学時代のシーンは、正直子供がウシジマくんごっこしてるようにしか見えないし、鰐戸三兄弟にしても現実離れしすぎな悪人だし、対する竹本もバカ正直な聖人で、現実に社会のどこかで起きてそうな事として感情移入しにくい。前作から比べてカウカウファイナンスの面々の活躍が大幅に増えたのは嬉しいし、ウシジマ社長最強で楽しいけど、よくよく考えたら戊亥無双で、アイツ一人でなんでも解決したことにできちゃうのはズルい。

不満はたくさんあるけど、玉城ティナが成長して高橋メアリージュンになるのは似ても似つかなくて愉快だし、マキタスポーツの飄々としながら暴力の香り漂う不穏さとかサイコーの佇まい。
何より、無口無表情のウシジマ社長演じる山田孝之の天才ぶりがスゴイ。
ほとんど仕草も表情も変わらないのに、ハラワタ煮え繰り返ってる「怒」の演技があったかと思えば、葛藤と後悔に苦しむ「迷」の演技を僅かな表情と芝居で見せ切る憑依芸。
ホントに何面相なのかと、改めて感心するやら驚くやら。

対して、今作の黒幕・腕利き弁護士・都陰こと八嶋智人の「いつ見ても八嶋智人」なキャラクターが世界観から浮いて見えて、誰も得してなくて残念でした。
シリーズ1番良かった!これよ!これを待ってたのよ!ウシジマくんはこうでなきゃ!
今回は丑嶋、柄崎、戌亥、犀原の過去編もあって彼らそれぞれの関係と繋がりが明らかになりますよ~
しかし時給5万円で1年で廃人になる清掃の仕事てなんだろ?w
※あ、唇かみ切るのは犯罪です。
切身

切身の感想・評価

3.7
ウシジマくんの幼少期
狩野見恭兵
がとても可愛らしかった。

貧困ビジネスの闇。
原作でも一番好きなシリーズだった。
漫画の方が泣けた。


にしても終わっちまうのカァァァァ。
学生から社会人、ウシジマくんを読んで怖い怖いと思いながら少しずつ世の中が見えるようになって、そして怖いと思っていることが今そこで、隣で、誰にでも起きることなんだということを身を以て知った。

終わっちまうの悲しいなぁ。
もっと色んな○○くん観たかったなぁ。
ザ・ファイナルに相応しい終わり方だった。ラストもウシジマが迷いながらの決断で重みがあった。
子供時代のウシジマの演技も凄く上手くて、声や喋り方も今のウシジマにそっくり。
犀原茜にはもうちょっと活躍して欲しかったな。
最上もがは今回もいらない。
ekoma125

ekoma125の感想・評価

3.8
犀原茜との決着とか少し心残りの点はありましたが(どこかでカイワレ食べて欲しかったかも…笑)、これまでの物語と”丑嶋馨”という人物が詰まった最高のラストを飾るにふさわしい1本でした。そして中学時代にしろ現在にしろ、俳優陣の演技が本当に凄い。
監督、キャスト、スタッフさん本当にお疲れ様でした。そしてありがとう。
けん

けんの感想・評価

3.3
ウシジマ君がこれで最後とかさみしいと思った! ウシジマ君の過去がカッコイイ笑
子供の頃からウシジマ君はウシジマ君やった。演技うまかったなあの子役!
最後はウシジマ君らしさを貫いてたよね。
part3で抑えてた暴力と感情の動きみたいなものを詰め込んでいた。
回想での社長役の喋り方、立ち振る舞いがとても似ていた、すごい。
※唇は噛みちぎっちゃダメ。
WEST

WESTの感想・評価

1.5
シリーズとしては一番盛り上がらない話だった。
キャラクターを潰していって続編を作らない準備に余念がないという感じ。
闇金としての側面も殆どなく、最終的に色んな危機を脱したのかどうかもよくわからない。

劇場版3と入れ替えて公開してもよかったのではないかと思う。

アクションシーンもゆるく、腰が引けた殺陣。音入れも甘い。
さっきボコボコになってたキャラが次のシーンでは綺麗な服来て走り回ってる。うーん。
ただ痛いシーンが多い。

高橋メアリージュンが可愛い。
過去の役者も可愛い。
に

にの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

少年時代の社長役の子が本当に似てる。話し方がそっくりで驚いた。鰐戸の三男坊が間宮祥太郎だとは知っていたけど、全くの別人に見えてすごいと思った。
簡単に手に入った金に有り難みは感じない。というのは当たってる。ぐさっとくる。お金の使い方をちゃんと考えよう。

唇は噛みちぎるのはよくないね。
犀原やっぱりいいキャラしてる。
最後にウシジマ死ぬなよって言ってたのが、ぐっときた。
hime

himeの感想・評価

5.0
観終わったあと、放心状態。
まさか、ウシジマ作品で涙を流すとは。。。笑

本当に濃密な時間でした。
息をのむようなシーンも多々あったり。
グロいシーン多いので苦手な人は多分ダメです。

漫画もほとんど読んでないし、
ドラマもつい最近のシリーズから。
映画も前回のパート3しか観ていないけれど
それでも十二分楽しめました。

ああ、本当にファイナルなのかなぁ。。。
続いて欲しいような、でもあのラストで良いような。

もう一度観たいかも。