闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価 - 108ページ目

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.6

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

Uえい

Uえいの感想・評価

3.0
原作で一番好きだった話が実写化されて、それだけで嬉しい。
ストーリーもファイナルにふさわしく、ドラマ版オリジナルの設定も盛り込まれていて安心。
安藤政信、玉城ティナ等、貞子VS伽椰子キャストがチラつき、白石晃士ファンとしても楽しめた。
interlop

interlopの感想・評価

3.4
映画オリジナルかどうか知らないが、丑嶋社長の過去と現在が繋がって面白かった。
いつもながら話が上手くまとまってる。
最近CMやりまくってる過払い請求についてちょっと勉強になった。

とことんドライだけど、情がある丑嶋かっこいい。

高橋メアリージュンが演じてる犀原茜がたまらない。

ウシジマくんはホントの底辺を描いてくれるから好き。
けべん

けべんの感想・評価

4.2
かなりすごい!そして見ていて考えさせられる。

ドラマ3シーズン、映画3部作の最終作。原作は読んでいたので話のエグさや残酷さはなんとなく知ってながらの視聴になった。

原作さながら、時には残酷に描かれててびっくりした。その映像の中で人との接し方、お金との向き合い方を考えさせられる。

今回はなんといっても漫画の再現率がかなり高くて、さらに各要人の演技の迫力が半端ない。最後ということだけあって、それだけ情熱が注がれたと捉えている。

前月に公開したパート3のフリーエージェントくんと中年サラリーマンくんと話はほぼまったくつながってない。ただ、この映画をより楽しむためなら、原作を読んだり、今までのドラマや映画を見返して望むといいかもしれない。作中ではほぼ一部だが少なからず回想シーンがあったため。

今回最後と謳っているのは、山田孝之が当初からの目的としていた"ウシジマのキャラクターを確立する""原作をしってもらう"が満たされたと感じたため。この目的はたしかに達成されたと感じたし、原作を読んでても山田孝之で再生される。

もう一回観たい。
akikusa

akikusaの感想・評価

4.0
構成とかに関してはわからないけど、ストーリーが分かりやすかった!
ヤミ金くん編かな?漫画は読んでいたけど色々な話をミックスしたりアレンジしていた

音とかボリュームで恐怖感煽ろうとしてて映像だけ見ると大したことしてないシーンがあってモヤモヤすることがあった

ずっと功利主義と義務論の対立みたいな内容かな?

ガクト二郎がサイハラに唇噛み切られた後に痛くてもサイハラ殺すぐらいできるだろ、何でストーリーに都合よく逃してあげたの?

出演者みたら分かると思いますが内容も終わり方も終始キッズリターンでした。

・バカな女が集まるパーティーの机の上に国内メーカーに無害なサンペレグリノじゃなくて水素水置けよ

・最上もがは何でこの役できてるの?

“ウシジマのエグさ復活!”



ウシジマシリーズ最後ということで、試写会にて鑑賞。
今作は、物語の締めと今まで映画では描かれてこなかった、ウシジマの成り立ち、過去、今までのキャラとの関係がメイン。

前作よりグッとシリアスになり、今までのシリーズよりもこれぞウシジマといった世界観になっている。今までのパターンとして、変わらないウシジマという人物が円の中心にいて、その外側の債務者の話という印象だった。だが、今作ではその円はとても小さく、中心にいる丑嶋にフォーカスしている。よって、お金のトラブルで話が進むというのは少なく、縁や復讐といった人間関係によって進んでいく。
求めていたウシジマのエグさはシリーズ1.2を争うのではないか?と思う。


見たことない安藤政信と、丑嶋を観れるのではないかと思う。特に丑嶋は今までの部分との微妙な変化を楽しめる。本当に微妙。最後の10秒はそこを見逃さず観るべき。



ただ、気になったのは、言葉が凄く聞き取りにくい。過去の話の一部の出演者と、メインの一人(口に布巻いてる)がモゴモゴ言ってるし、罵声だけで聞こえない。山田孝之の声はハッキリ聞こえてたので、会場の音響のせいではないとみた。発声ちゃんとやってほしい。布巻いてるとか関係ないもん。あまり口動かさずに喋ってる山田孝之の声は聞こえるのだから。
Yuri

Yuriの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

泣ける、泣けたよウジジマくん(´;ω;`) クライマックスからラストにかけて、すすり泣く音が劇場に響いていました。「Part2、3」がつまらなくて、ウジジマくんはドラマの方が良いと思っていましたが、こんな良作を作れるのなら、最初と最後だけじゃなくて真ん中も頑張ろうよ、山口監督!と思いました(>_<) 俳優陣がとにかく良かったです。間宮くんは元の美形がわからないくらい顔が変形していて迫力がありましたし、竹本は原作では、変な宗教にでも入ってるかのような怪しいオーラの人物でしたが、永山くんは竹本をリアルな人間として、話す言葉一つ一つに人と善を信じているというのが伝わってくる演技を見せてくれていました。そしてそれを受けた太賀がまた素晴らしかったです。お財布を拾うシーンは泣きそうになりました。彼はもうお父様を超えたというか名バイプレーヤーですよね(*^▽^*) ミニウジジマと柄崎を演じた狩野見恭平くんと江口祐貴くんも予想以上に良かったです。狩野見くんは話し方とか雰囲気はちゃんとウジジマなのにジャニーズの中島健人に似てる美形男子で、上手く育てば良い俳優になれそうです。ミニ柄崎のお風呂のシーンには泣かされました。個人的には、山田くんと安藤さんのガチバトルとチームウシジマのアクションが観たかったです。鰐戸一は最後にぬるいんじゃ、ラストの敵としては役不足だったと思います。「Part1」のようにストーリーの筋を二本に絞ったことでクライマックスに向けてどんどん盛り上がっていけたのは良かったです。皆、大変な事になって(特にマキタさん(>_<))、お祭り的な豪華なラスト作品なのに切ない終わり方で、今までで一番、お金の使い方について考えさせられる作品に仕上がっています。ラストのウジジマの表情が切なかったです。表情を変えないウジジマなのに顔に出せるなんて、やっぱり山田孝之は凄い役者です(*゜Q゜*) 美容オバサンたちの回収をし忘れたのが、唯一残念なくらいです。
山田孝之が今までと違う丑島を見せてくれた
YOP

YOPの感想・評価

3.0
ラストに10秒に丑嶋の葛藤と迷いが込められてる気がしてジリジリした。

丑嶋の子役の子、演技うまいな〜。
映画版はずっと観ているので今回も。岸井ゆきのさんが観たかったし。ハマケンが気持ち悪くて良かったです(笑)。