闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価 - 111ページ目

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.5

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

まさにファイナルって感じの内容でした!
丑嶋さん除くと犀原茜と戌亥が好きなんですが、今回犀原茜がいつも以上に出番があり、めっちゃ上がりました٩(ˊᗜˋ*)و
主人公がミステリアスであればあるほど、過去は語られなければならない。ウシジマくんではそれがファイナルでなされた。
丑島が心を許した中学時代の竹本。No.2の柄崎との出会い。ライバル犀原との因縁。すべては中学時代から繋がっていた。

悪をもって悪を制すカタルシスがウシジマくんの魅力だけど、今回はちょっと違う。だけど間違いなくシリーズ最高作品。
いずむ

いずむの感想・評価

2.5
山田孝之の丑嶋社長がお金を出すのかどうか決めて期日を過ぎれば取り立てにいくのループだけでここまでシリーズを続けてこれたのは凄いんだけど逆をいえばそれ以外のことをやろうとしても無理だということを最後に露呈して幕を閉じた感じ。
マッキ

マッキの感想・評価

4.6
いつもと違うように感じたウシジマくん。クズの数が少ない。グッとくる。ウシジマカオルの過去。形見。竹本くんのマザーテレサ的な優しさ。優しさが善を生み出すのか。人を変えれるのか。根性焼き。さいはらあかね。間宮祥太朗。じゃあね。母。
もー

もーの感想・評価

4.0
ウシジマくんファイナル。

学生時代のウシジマが、イメージそのままでビックリした。

竹本くんが良い人すぎて、ダメというか・・・。
そんな友達の取立てしないといけないウシジマ社長。
じーんときちゃう。
のむら

のむらの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストの山田孝之の表情に拍手喝采
鰐戸三兄弟の再現クオリティ流石!
犀原がけっきょく丑嶋のこと好きな感じでまとめたのとてもよかった
でも唇噛み切るとか、、、

あと、丑嶋チルドレンまじで最高だった素晴らしかった!
Minami

Minamiの感想・評価

3.5
たのしかったー
またドラマ化して欲しいな、、
漫画読むのは心がしんどくなってきた

子シジマくんがよかった
犀原茜のキャラクターすき

新宿の映画館で観て、
帰り道歌舞伎町でホストが客引きしてて高まった
『小さな変化のさきに。』

今作は、しみじみとしてしまうシーンがあります。

流れる音楽によってしみじみシーンを感じる部分多い。

闇金ウシジマくんは、ドラゴンボールのようなアクションを具体的に楽しむというより、アクションにいくまでのハラハラドキドキが醍醐味な今作。

ストーリーの流れ的には、ウシジマくんのやんちゃぶりの学生時代のシーンが何度も抽出されています。

ウシジマくんの見えてこなかった部分がわかってきます。

ウシジマくんが友達の生き方に対していつのまにか触発していて、そしてその友達も誰かの生き方に触発している。

ほんの小さな変化が、すぐ訪れなくても、記憶の片隅に感情と共に存在している。

これから私が生きていく中で道を歩いたり、電車で本を読んだり、仕事したり。

きっと、誰かの生き方に知らず知らずのうちに触発しているのかもしれない。
2016/10/23@109シネマズ湘南 18:40〜 シアター7 K-9
鉄は熱いうちに打てじゃないけど記憶は鮮明なうちにということで前作を観てから即4日後に観て参りました。こんなん観せられたらもう生きるの自体が嫌になっちゃう感じ。1番良かったのは犀原茜こと高橋メアリージュンの唇の仕上がり具合。前作のレビューではカウカウファイナンスのメンバーの活躍が少なめだったと記述したが今回は多かったかも。前作との内容の繋がりはないのかと思ってたけど少しあった。鰐戸三兄弟の三男の印象は強すぎたけど長男と次男の印象がちょっと…。誠愛の家でモロ師岡や太賀が歌う歌がよかった。12年前のストーリーもあれはあれでよかったけど柄崎と丑嶋くんが今のような関係になる瞬間も欲しかった。ラストは前作同様道徳的でヒューマンドラマみたいな感じに。全体的な感じは前作の方が良かった気がするけどこれでウシジマくんシリーズがファイナルなのは寂しい気がする。

前作でウシジマくんがあまり登場していなかったのですが…今作はその分も登場!
山田孝之演じるウシジマくん。作品を通して、あまり表情に変化はないのですが…そんなウシジマくんが表情に変化はないはずなのに、その胸の内に秘める思いが滲み出ている感じがなんとも言えない切なさを鑑賞者である私達に訴えています。

バイバイウシジマ。そんなの嫌です。笑
ウシジマくんの原作はまだ続いているし、今後も映画化して欲しかったところではありますが、あわよくばドラマでもいいので、実写化を続けて欲しいという想いでもあります。

今作ではウシジマくんの過去から、現在に至るまでにも触れられているので、その辺りの人間関係なども見所のひとつ。

子供時代のウシジマくん演じる男の子の歩き方や演じ方に拍手。山田孝之演じるウシジマくんの特徴をよく捉えていたと思います。

ストーリーとしても相変わらずいい点を突いてくる。それは原作の良さでもあるのですが、実写化するにあたっても生きてきています。無理のない実写化にみていて違和感もない。

例の三兄弟もそれぞれがいい味を出していて、それ以上に西原あかねが狂気に満ちている。世間的に狂っていると言われてもおかしくない人達がたくさん登場するので、飽きもなく、最後まで観られるのもいいですよね。

まあ、劇場鑑賞でなくともいいかな、という節はありますが、早く観たい方は是非劇場に足を運ぶべし。
ウシジマくんを劇場で観れるのはこれが最後ですよ!