闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価 - 113ページ目

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.5

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

今回あっぱれなのは丑島中学生時代の男の子!
完コピ!すごすぎ!演技でありながら、もう存在する人間像だからモノマネでもあるし、でも加減によっては寒くなりかねないし、もーそれが素晴らしすぎて中学生時代のシーンになる度に感激してた。笑

映画においては1番面白かったのは2で好きなのはファイナルかな〜。

はあ、おわっちゃったーーーー(><)

闇金ウシジマくん好きだけど、将来子供できたらこんなの好きって子に育ってほしくない笑
Hi

Hiの感想・評価

-
part3より良かった。エグさエロさがもっと有っても良かったのかも。
安藤政信は、悪役が良く似合う。

ファイナルとは言わずに、また戻って来て欲しい。

相変わらず、食べ物が美味しそうです。
ついに終わってしまった!
最後に見せた丑島社長の表情になんとも言えない感情がこみ上げてきた。
中学生の丑島馨を演じた子も凄いと思った。狩見野恭兵くん要チェックだ。イヨ━━━━━━ σ( º∀º )σ ━━━━━━ゥ!!
nana

nanaの感想・評価

3.9
ウシジマ社長に一生ついて行きたい、もしくは取り立てられたい。(ちゃんと返すから)

part3観た限り正直ファイナル不安だなあ〜と思いながら映画館へ。
ファイナルにふさわしい内容で良かった。
孝之も、「しっかり終われたのでもう続編はやりません」みたいなこときっぱり言ってたのも納得。
孝之のカメレオンぷりは本当に本当に素晴らしいと思う。

丑島社長の幼少期の役の子達もちゃんとウシジマくんしてて、良かった。ただ柄崎だけ年のとり方がえぐい。

後は毎回見る度に高田の背中が大きく強くなっているなあと思う。成長が嬉しい。高田にはこれからも頑張ってほしいな。

茜姉さんも今回最強にカッコカワイかった!茜姉さんの幼少期がティナちゃんなわけですけど、かっわいいんだよな〜

今回も戌亥の活躍のタイミングが絶妙でニヤケがとまりませんでした。love戌亥。

寂しいけど、これできっぱり終わるのが1番いい終わり方なんだろうなと思います。
闇金ウシジマくんのおかげで社会の闇や甘い話には高いリスクがあるということを学べたし、こつこつ真面目に働こうと思えました。本当に有難うございました。
実写版の闇金ウシジマくんの完結編と位置付けている作品!

先月のpart 3はドラマの延長みたいな作品だったけど、このfinalはしっかりした1本の映画に仕上げてきたな!と。かなり気合いの入った力強い作品でした。

特に良かったのが少年時代のウシジマくんの子役の子!まさに少年時代のウシジマくんを演じていました。脱帽!!

ただ、やはり話が原作に忠実なせいか物足りなさを感じます。話の流れも結末も解っちゃってるのがね。

またもしウシジマくんを作ることがあるのなら、次は実写版だけのオリジナルの話が観たいです。
ゆあん

ゆあんの感想・評価

3.9
ウシジマくんシリーズ堂々完結!

ウシジマくんたちの過去を知ることが出来る本作、貴重なシーンがたくさんあります。
原作でもかなり盛り上がった竹本編ですが、正直物足りなさを感じました。
改変はほぼなし、そこに関しては言う事なしですがヤバさ控えめですかね。
もちろん大衆向けに作る必要もあるしこれでいいとは思いますがどちらかというと大人しくまとまってしまった印象があります。
笑えるシーンも少なかったのでそう感じるのかも知れません。
シリーズものの邦画特有の間の取り方があまり好きではないので鼻につくと思ったのが正直なところです。

あと、更にいうととても重要なシーンを明確に改変したことによって個人的には納得いかなかったりしたので評価は低め…ですね。

それにしてもウシジマくんと柄崎さんの中学生時代が見事すぎました。彼ら最高にいいですね、すごくよかったです。


痛快感が足りない気はしますが堂々完結です。
完結と言いつつもまだまだやれるんじゃないかと!一旦ここで終わりにして、あとはキャストなり何なり変えてまたやるんじゃないですかね?
yoyoo2929

yoyoo2929の感想・評価

5.0
シリーズ集大成の謳い文句に偽りはなかった。
part3までの作品にも負けない豪華なキャストで、やはり安藤政信は格好よかった。メッセージ性もあり、観客に考えさせるような部分もあった。
個人的にはpart3が、つまらないとは言わないものの、少し長く感じた程度には退屈だったのだが、ファイナルは飽きさせない作りになっていた気がする。
回想シーンの演技の下手さはご愛嬌といったところ。ウシジマくんの中学時代を演じた役者さんはとても雰囲気があった。
原作が好きで、実写シリーズも好きな私としては満点の最終回だった。
jun18

jun18の感想・評価

3.5
大好きな丑嶋シリーズが終わってしまった。
幼い頃の子役には大概がっかりするが、丑嶋という冷酷だが、どこか普通の人とは違った人間味と温かさ、礼儀を役そのものというよりなりきっていた。
またそれがカメレオン俳優である山田孝之が演じていることで何倍もの難しさがあるのだが、うまく溶け込めていた。

ただ、劇場内で、お菓子を食べたり、話したりする輩が多く、残念だった。
悪が悪い映画を見て同情するのはとても寒い、。まずは映画を見るという「礼儀」を学んだ方がいいと感じた。
A

Aの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

161024
控えめに言って5.0。ありがとうウシジマくん。お疲れ様ウシジマくん。若い頃のウシジマくんも大変素晴らしかった。ゆとりですがなにかでも素晴らしかった太賀さんは特に今回光ってました。あれはもう完敗です。大好き過ぎる。

ウシジマくんを見ると、生きている事を実感出来る。まだやり直せるかなって思える。ここからスタートしてもいいんじゃないかなって思える。

素晴らしい。ありがとうウシジマくん。

---------------
171011
dTVにて。やはり甲本が一番光っていた。太賀さんすごい。俺も甲本と似たような感じだった。いつ甲本のようになってもおかしくなかった。甲本の最後の行動は、クズと呼ばれる我々の、最底辺のゴミクズと呼ばれる我々の大きな大きな希望である。バイト行って風俗に行こう。それでいい!よくぞそう思ってくれたと強く思う。

で、その上で、私は今これから先どうしようかと考えては不安になっている。一年前の不安とは種類が違う。今は安定してきたからこその不安だ。この映画を改めて見て、自分がいかに安定してきたかを再確認した。仕事もあって、借金もない。朝起きて、生活して、夜寝てる。すごい。ここまで来たんだなあ。それで十分だ。これから先、何か自己実現とか、ステップアップとか、社会貢献とか、なんかもうしなくてもいいんだ。ただ生活できている。それだけでいい。このまま暮らしていければいい。もう満足だよ。もう満足だったんだよ。何にもしなくていいんだ。働けている、それでいいじゃないか。甲本を見て思った。甲本のように決意して、ここまで生活できるようになった。望んでいた未来に私はいる。これで十分だ。
---------------------
180503
あのあと甲本どうなったんだろ。人生やり直せたかな。今の俺みたいにまたゴミに戻ってんじゃないかな。いや、まだまだ俺もゴミじゃない。これからもっと落ちていく。もう死んだ方がましだ。

竹本はあのあとどうなっただろう。後悔しないのかな。あの時の俺ミスったって思わないのかな。もっとうまい方法があったかもしれないけど、間違った選択はしてないってそう思うのかな。幸せなのか竹本は。竹本は竹本なりに人を本気で好きになったんだな。すごいな。青春時代の後、ずっと竹本は追求してきたのかな。やっぱりよく分からないって思わなかったかな。思っても、おしまいから始めたのかな。竹本、俺には本気で好きな人なんていないよ。本気で好きになろうとも思わない。甲本っちが言うように、自分の事先に救われてえよってな。この世界のこと好きになれない。甲本っちよくやり直そうなんて思えたな。まあ頭の中で死にたいって思ってもなかなか死ねないよな。甲本っちも、強姦して強盗して回らない寿司を食って死ぬって言ってたけど、全然そんな事できないんだよな。いざ目の前にすると、できない。強姦も強盗もできない方がいいけど、自殺くらいさせてくれよ。足切られたおっさんあの後どうすんだ。生きていくのかな。

甲本っちが、強姦より風俗の方がお手軽だ、強盗よりアルバイトの方が気が楽だって言ってたけど、金って全然貯まんねんだよな。借金一回目はいけたよ。2回目はさ、もうなんかどうでもよくなったよ。甲本、今仕事してるのか?俺は一応働いてるよ。
中学時代のウシジマくんのしゃべり方、歩き方、食べ方がまんまウシジマくんでビビった。