闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.5

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

過去回想とまとめのエピソード
やたらヒューマン的な教訓の割合が回を追う毎に増えてきて、そういうのは要らないんだよなと思いつつ、それでもヒューマン映画としてはそこそこ面白かったんじゃないかと思う。

胡散臭い債務整理弁護士の八嶋さんが良かったが、も~っと嫌らしいキャラでも良かったのでは。他の敵キャラにあたる人はだいたいパワー系だしな

シリーズ通して劇場4作あるが個人的には2作目、1作目が好きだった
ごちゃごちゃしてるが、ごちゃごちゃしてるなりの群像の面白さがあった
唯

唯の感想・評価

3.7
中学時代の丑嶋たちを演じた役者さんの演技力に衝撃を受けた。回想シーンてはっきり言えば別人が演じてるからいつも違和感を感じててそれが普通になっているけれど、この映画では逆にフィットしすぎてて逆に意識して観てしまった(笑)

ウシジマくんシリーズとして見ると、シーズン1とかに比べて暗い面の面白さはないと感じた。でも丑嶋たちの核心に触れるということでこの映画のそもそものストーリーが今までとはズレていたから納得はいく。この物語単体として見れば、中学時代の丑嶋に影響を受けて色んな人の為に自分を犠牲にしてきた竹本には心を揺さぶられたし、ドラマ版シーズン1から映画版パート3まで一切感情を出してこなかった丑嶋のあのラストシーンでの表情やセリフには涙を堪えられなかった。

闇金という犯罪を犯しているカウカウファイナンスもとい丑嶋だけど、彼の根本的な人間性があるからただの悪い人のお話にならなくて、そこがこのシリーズの良さだと思った。
kmttmk

kmttmkの感想・評価

3.6
出てくる人みんなキャラがいい!暴力シーン多いけど面白かった!
シリーズ全体のまとめですね。ウシジマ君を取り巻く人間関係が如何にして出来上り、今に続いているか、と。なので、少しの間延び感は仕方ないですかね。山田孝之さんの演技力はキラリの作品でした。
これ単体としては、少し物足りなさもありましたが、シリーズを通してのラストと観れば全然良いのではないでしょうか。

これで終わってしまうのは本当に残念です。
大好きなシリーズだったので!

「誰だ、お前?」

「お前こそ誰だよ。」

↑この件大好きです!!!
にゅき

にゅきの感想・評価

1.1
人生どん底なのにクズが治らない人を見るための映画なのにいい人出てきたら闇金ウシジマくんの良さが激減で残念です。
emma

emmaの感想・評価

3.8
やっとウシジマくんたちの過去が知れてスッキリ。
子供のウシジマくんの「江崎!」ってのが大人ウシジマくんの言い方そっくりで感動した。
安藤政信をもっと大々的に出して欲しかったな。
犬

犬の感想・評価

-
狩野見恭兵を筆頭に、ウシジマたちの中学生時代を演じた役者陣が評判通りの良さだった。喋り方はもちろん、佇まいから歩き方まで、そこにいるのは中学生の牛島馨でしかない。モノマネではなく、相当な研究の結果身に染み付いた芝居であり、「ウシジマくんって中学からこんなに肝が据わってたのか」と納得させられる。他にも出てきた瞬間に戌井だともわかったし、柄崎の気合い根性論で全てを捻じ伏せるガチヤンキーも面白い。

そして、これまで揺らぐことのなかったウシジマの表情に変化が見えたラストに思わずグッときた。
しんじ

しんじの感想・評価

4.2
シリーズを締め括るのに良い終わり方だったが、もっと続きが見たくなってしまった。
山田孝之は素晴らしい役者だと再認識させられた一本だった。
ヨッチ

ヨッチの感想・評価

3.5
中学時代のウシジマを演じた子、良かったです。この過去編にだけカノウが出てきます。