闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.5

あらすじ

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕…

トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸し、返せない客をシビアに追い詰めるアウトローの金融屋・カウカウファイナンスの丑嶋馨(ウシジマ・カオル)(山田孝之)。 「カオルちゃん、あのウサギは元気?」 竹本(永山絢斗)という同級生がカネを借りるために丑嶋の前に現れたことで、決して語られることのなかった丑嶋の過去が明かされる。 丑嶋の盟友の情報屋・戌亥(綾野剛)や、カウカウの社員で盟友の右腕・柄崎(やべきょうすけ)と高田(崎本大海)、心優しい受付嬢・モネ(最上もが)、最凶最悪のライバル・鰐戸三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太郎)に加え、女闇金・犀原茜(高橋メアリージュン、玉城ティナ)と部下の村井(マキタ・スポーツ)も参戦、そこに丑嶋を破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)とその部下・あむ(真野恵里菜)、美容界のカリスマ・万里子(真飛聖)も絡んで息もつかせないドラマが幕をあける。 丑嶋は本当に血も涙もない人間なのか。12年の歳月を超えた因縁の最終決戦の果てにあるのは和解か、決裂か?絶望か、希望か?

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に投稿された感想・評価

エリ

エリの感想・評価

3.3
ウシジマくん最終章。ここにきて、ウシジマくんの過去が明らかになる。ウシジマくん含め他のキャラたちも、過去編をずーっと見ていたいほど子役たちの演技うますぎっ!ほんと生き写しのようだった( ゜o゜)過去編と現在のストーリーも含め、自分にとってはこの最終章が一番面白かった...。
ヤミ金でお金借りないでいられる生活を維持していかねば。
ウシジマくんの生い立ち
母ちゃんキラー・ウシジマ
ネットフリックスにあったので(3本目

ネットフリックスは時間を溶かす
ににこ

ににこの感想・評価

2.7
過去のエピソードを挟む必要があったのかどうか最後までわからなかった。

とにかくウシジマくんの地元は警察の力がイマイチ及んでいない中で、ヤンキーが独自の生態系を生み出していたというのがよくわかる作りだった。

とにかく彼らがいかに少年期から常軌を逸した拷問を身近に生活してたかがよくわかる。
そうなってくると、タバスコのハバネロ割りとかは本当にただの罰ゲーム感覚だという事に説得力がでてくる。


あと唐突に出てきた幼馴染キャラが一番サイコパスじゃ無かろうか…と戦慄した。
もう少しウシジマの過去を描いているかとおもいましたが、ちょっとだけ違ったかな?
でも、十分に楽しめましたよ。
この映画とドラマを見ていつも思うのは、自分は今の生活でよかったってこと(笑)
猫屋

猫屋の感想・評価

-
三蔵が誰なのかまったくわからなかったけどエンドロール見て間宮祥太朗だったのかという衝撃と一瞬出てきたJCあれ彩城ゆりなちゃんかよ
ファイナルって感じでした 原作読みたいです
S

Sの感想・評価

-
part3、ファイナルの最上もがの存在意義は何
まー

まーの感想・評価

3.5
ラストにこの話を持ってくるのはさすが。これしか無いか。
原作と微妙に表情が違うけど、ラストも良かった。

「全員死刑」の主演が間宮くんなのはこれのおかげか。笑
というか、この路線でいいのか、間宮くん。いや、すごいけどさ。
子役はウシジマくん役の子以外は微妙でした。

これ観終わった後に「パニッシャー」を薦めてくるNetflixの容赦の無さよ…。しかももう全話観たよ…。