弦

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の弦のレビュー・感想・評価

2.5
静かな田舎町で児童失踪事件が相次いで起きていた。内気な少年ビルの弟が、ある大雨の日に外出し、おびただしい血痕を残して姿を消した。自分を責め、悲しみにくれるビルの前に現れた「それ」を目撃して以来、ビルは「それ」の恐怖にとり憑かれてしまう。不良少年たちからイジメの標的にされている子どもたちも、自分の部屋、学校、町の中など何かに恐怖を感じるたびに「それ」に遭遇していた。「それ」の秘密を共有することとなったビルと仲間たちは、勇気を振り絞り、「それ」と立ち向かうことを決意するが。

内容は、流石スティーブン・キングだなって感じで、もう少し兄弟関係を深く描いた方が良かった、せっかくR15指定したんだから、血をもっと出してよかったと思った。

演技は、いい子役はいるんだけど八割が悪かった。ビル・スカルスガルドが一番良かった。少ししか出てこないけど、不気味差を増していって飽きなかった。表情も良った。

映像は、普通だった。