IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

3.6

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

PAIGE

PAIGEの感想・評価

3.4
初めてホラー映画を映画館で見た...
ピエロ苦手になりそう。
べバリーめちゃめちゃ美人だなー
ボーイミーツガールにBMXが加われば最高

このレビューはネタバレを含みます

本当に怖いこと

家族の死
ターゲットにされること
友達がいないこと
性的な視線
この世は全て恐ろしいという洗脳
敷かれたレール
助けられなかった両親
沈黙

ペニー・ワイズより本当に怖いことに気づいた12歳?の主人公。一人では対峙できなくても、友達がいればいい。友達はみんなが常に味方ではなく、それでも友達。
ありったけの勇気を振り絞った夏休み。
こういうジュブナイル、80年代には本当に多かったと思うのですが、今や高校生の恋愛モノばかりになってしまったのかしら?懐かしくて、今でもこういうのは好きです。

個人的に、多分主人公たちと私は同世代(作中当時)なので、なんだかホラーを観に来たんじゃなくて、ありもしないタイムカプセルを見に来たような(笑)おかしな感覚でした。隣のクラスが仲良しなのが羨ましくて、その子たちが埋めたタイムカプセルを掘り返しているのをこっそり覗いた、みたいな。
何をいっているんだか。

ペニー・ワイズ、あの頃なら怖かったんだろうなー!塾や部活の帰り道に思い出して全力で走ってそう。怖いどころか登場の度に笑ってしまったよ、ペニー・ワイズ。主人公の家の地下室とか面白すぎた。

私、すっかり大人になれました。
一人で映画館で鑑賞。
わかってるんだけどビビってしまう…笑
ピエロのペニーワイズがだんだん笑えてくる。家で観てたらケラケラ笑えたと思うけど、映画館なのでその余裕はなし…
でもホラーはやっぱり邦画が一番怖いと思う。

子供たちがそれぞれ自分の恐怖やいじめっ子の不良たちと戦うの、良かった!
shiro

shiroの感想・評価

1.0
20180114
kurumi

kurumiの感想・評価

-
びっくり系
オミ

オミの感想・評価

3.0
全然怖くなくて逆に驚いた。

子供たちが協力して立ち向かっていく姿が良い。
階段に置いてあったイースターエッグ、柄がTENGAみたいだった。
原作の良いところはより良く、悪いところはより悪くなっており、結果として不思議な味わいのある作品になっている。
大人パートを削ったのは正解。少年少女の素敵なジュブナイル譚でした。
ただペニーワイズがどういうことなのか、いわば悪役のルールがわからないので、だんだん「急に大きな音出るから怖い」「グロい顔してるから怖い」になってきて残念。「神経系の毒を持つ、幻覚を見せる未知の生物で素数の年に悪さする」的な本当っぽい嘘がないと、実写で矛盾した諸々を見せられてもキツい。というか何か武器ぐらい用意してから乗り込みなよ・・・と思いつつ、主人公が実に感動的なセリフを吐いて、ウルッとさせられたりして、もう、なんなんだ、この映画・・・次も見るよ、もう!

このレビューはネタバレを含みます

怖いところも大事な場面も、全部リッチーがぶち壊してくれる。恐怖よりも「肉汁」の方が印象深い。
>|