IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

PAIGE

PAIGEの感想・評価

3.4
初めてホラー映画を映画館で見た...
ピエロ苦手になりそう。
べバリーめちゃめちゃ美人だなー
saki

sakiの感想・評価

3.3
男の子たちが可愛い!!!
90年代に作られたもののリブート版。ストーリー的には面白みが少ないが、恐怖というかビックリ度は高い。

原作者は著名なスティーヴン・キングで、『シャイニング』、『ショーシャンクの空に』、『グリーンマイル』、『ミスト』などの原作を書いている。

なんか米ドラマの『ストレンジャーシングス』に似てるなと感じる内容だった。ルーザーズの主人公達が、異様な化け物と闘う、そしてやっぱり遊ぶのは採掘場。ストレンジャーシングスといい、このITといい、なぜ彼らは採掘場で遊ぶのか。そこが唯一不良から逃れて遊べる場所ということなのだろうか。フィン・ヴォルフハルトが出ていて、ますます共通点が増えた。

90年版も観たくなる。
それにしても、白塗りで表情がわからないピエロはやはり怖い。人間がいかに表情から判断しているかわかる。
道化恐怖症(ピエロ恐怖症、クラウン恐怖症、コルロフォビア)というのもあるらしい。道化師の歴史は古代エジプトまで遡れるらしく、笑われ者の対象、宮廷の政治批評家などの役割があったこともあり、ピエロの歴史は中々興味深そうである。
冒頭の弟がかわいい
まぁ楽しめた。ホラーなスタンドバイミーとゆーと、スタンドバイミーに悪過ぎるけどね。
GreenT

GreenTの感想・評価

2.0
『IT』は、1990年のTVシリーズを観たことがあるのだが、『ロッキー・ホラー・ショー』のティム・カーリーが演じていたピエロと、道端の排水溝のイメージ以外、なーんにも思い出せない映画だった。今回も、話がとっ散らかっていて良く分からなかった。子供たちの空想上の話なのに、子供の誘拐、殺人は実際に起こっている。この「空想」と「現実」をタイアップできてないと思う。だから観た後「どう言う話だっけ?」になってしまう。一つだけ面白いと思ったのは、クライマックスで子供達がITと対決するシーン、あれはつまり「子供時代の恐怖に打ち勝って、大人になる儀式」なんだと思うのだが、その中に「毒親を殺す」イメージがあって、「なるほど」と思った。あのやたら健康を気にする子は、母親に薬漬けにしてされ、恐怖心を植え付けられている。なのに母親はでっぷり太って、エクササイズ一つしない。これはすごーくアメリカっぽいなと思った。
ホラーというより大人になるための儀式的な側面が強かった気がする。
絵面は強烈だけど、精神的な怖さは薄いというか。青春群像劇。

シャイニングと違いキングからも高評価なのは「暖かいホラー」だと感じられるつくりになっているからなのだろう。
あれはあれで画が素晴らしいので、一視聴者としては同列に比べ難いのだが。
スティーブンキングが監督脚本しない作品は名作と言われるだけ…ありました!

キッズがわちゃわちゃ成長しながら立ち向う…という内容にえらく感動してしまうところもあり、ラストはもう『いっけえええ!がんばれええええ!(ブワッ)』と力みつつ前のめって最高に楽しく観れました。
ia

iaの感想・評価

3.5
映画館だと迫力が違う
Ron

Ronの感想・評価

4.0
怖くないって聞いたのに普通に怖かったんだがwでも所々友情や恋愛など挟んでて楽しめた
>|