IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

え、全然怖くなかった...w

こういう80年代ものはドラマのストレンジャーシングスがやっぱり一番だな。
esuta

esutaの感想・評価

-
つけるの忘れてた

このレビューはネタバレを含みます

主題はホラーなんだけど実は各々が抱える恐怖に逡巡しつつ、最後は立ち向かう主人公達の成長譚。ホラー映画特有の後味の悪さのようなものが無く、むしろ青春ドラマを見終わったような爽快感がある。良作だと思います。
ZooN

ZooNの感想・評価

3.5
子供の頃怖かったこと、思い出したなぁ。

今となればそんなことだけど。
きゃあっ!てめっちゃびびったけど、ともだちとみんなで家でとかでみたら笑えてきちゃうんだろーなーてかんじで期待は超えなかったけど、ビリーとベヴァリーがうつくしすぎるのと、おしゃべりリッチーがおもろすぎた
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

4.0
昔、VHSの何かの予告で見たりNHKだかで見たりしたティム・カリー版のイットがとにかく不気味で。大人パートは洞窟?でモンスターと闘ってたっけ?兎にも角にも排水溝は嫌だね。

そんなイットのリブート版ですが80年代の子供パートに絞り長閑さと忍び寄る不穏さがあいまって面白かったです。そりゃいきなりあんなそばかすキュートな女の子が誰よりも先に飛び込んだら惚れちゃうかも。恋愛模様もあんな感じだったんだね。昔のは忘れちゃってるから新鮮に楽しめました。ただし怖さはほとんどなかったよ。大人になったのかな?関係ないけどあの時代の自転車なんか憧れます。ラストも仄かな光が淡くて綺麗でした。ハッピーエンドではまだないのは続編が待ってるから。楽しみです。
Jun

Junの感想・評価

2.7
じょぉぉおおじぃ?
R指定のホラーだし凄い恐怖を感じるかと思ったけど、海外の作品を見ていてよくある日本人の考えるホラーとは違うのかな?って印象
もちろん驚いたり怖さのあるシーンもあるけど、それよりもストーリーが面白いから怖いモノ見たさより続きが気になるのが強かった。
第2章がどんな展開になるのか楽しみです。
knの

knのの感想・評価

2.8
ピエロホラー青春コメディーという珍妙なジャンル。

毎回斜め上をいく登場に「ねぇわwww」って言いながら観るのが楽しい。
手を替え品を替え脅かそうとしてくるペニーが愛おしい。
ツッコミどころは満載だが本質はそこじゃない。
ペニーを楽しむのだ。

ただのホラーかと思ったら「自立」「勇気」「仲間」、こんなんがテーマだった。
ピエロよりよっぽど人間の方が怖かった。
>|