IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

ハネ

ハネの感想・評価

2.5
ヤンキーと石投げ合うシーンで冷めた。
いちいち音がうるさいし、リメイク前のやつの方が独特な怖さがあったな〜
hashiko

hashikoの感想・評価

3.0
リメイク前の作品の記憶が強い。

集団リンチみたいな感じが何か笑えた。
だーま

だーまの感想・評価

1.0

どうも最近のホラーはデカい音や
センスのない化物で脅かす風潮がある。
そして宣伝で煽るくせに中身カラッポという。

それに限らず、何か笑ってしまう。

動きすぎなピエロはもはやアクション映画。
白塗りが野性爆弾のくっきーに見えて気が散る。

また、いちいちピエロのことを「それ」と
連呼するところも興ざめする。

この映画はもとの作品の終盤にある陳腐な
描写だけどうにかしてくれれば良いのだ。

さらに、リメイクなのに人物描写が
輪をかけて酷い。

これにこそ文句を言うべきではないか、
スティーブン・キングよ。

あと、自分の失敗だが、吹替でなく
字幕にすれば良かった。
特にペニーワイズの声は醜悪。

当然、大人になった版の続編が
あるので、それも併せて評価したい。
sadsuke

sadsukeの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

怖さでは言えばそれほどでは無いけど、青春物語としては良い感じ。

ピエロより他の化物の方が不気味だったなー

続編期待。
しきぶ

しきぶの感想・評価

4.5
もうヴェバリーの可愛さに5億点くらいあげたい。そこだけでもリメイクの価値ありましたよ。
R15になったおかげでかなりホラー色強くなったなあと感じた。ただ旧作の、あの見てると不安になるペニーワイズの不気味さも好きだったので、今作は怖くすることに執着しすぎて面白くなっちゃってるとこが多々あるなと。笑
でも子供時代だけに分けてある分話に入り込みやすいし、子供達の団結力がよりわかりやすくなってて、素晴らしいリメイク作品だったと思います!
mizu312

mizu312の感想・評価

4.5
ホラー映画の皮を被った青春映画の傑作に出会いました。ペニーワイズの存在は充分に不気味で恐いけど、ホラー要素よりも子供達の友情と成長がメイン。
誰しもがぶつかる自分自身で克服しなければならない“なにか”にみんなで立ち向かっていく姿に涙。ホラーが苦手な人にこそ観てほしい作品です。
ざらめ

ざらめの感想・評価

2.8
ピエロがね、こわすぎる。愛嬌なし。浮遊してる子たちがこーわかった〜でもピエロ好き。
えむ

えむの感想・評価

4.0
12
ホラー映画としてはぬるいかもしれないけど、私的にはちょうど良かった!
ストレンジャー・シングスと通じるものがあってエモかった…マイク役の子も出てたし!
ちょうどストレンジャー・シングスにハマってた頃に公開されてた気がする、観に行けばよかったな。
「ホラー版スタンド・バイ・ミー。」

キング原作を映画化。「シャイニング」や「キャリー」に比べて知名度が低いが、1990年に一度テレビドラマ化もしている。子供の失踪事件に立ち向かう少年少女達の物語。

メインを張る少年少女達はイジメられてたり、本人じゃなくとも家庭環境が複雑など、どこかしら問題を抱えており、そこから脱する為に力を合わせて失踪事件に立ち向かうという「スタンド・バイ・ミー」的な成長譚としてのエッセンスも含まれている(ちなみに「スタンド・バイ・ミー」もキング原作)。何度怖い目にあっても何回も立ち向かう子供達の勇気は凄すぎるが。

CMや予告でも推していたピエロだが、正直そんなに怖くはない。怖さというよりかグロさのが際立つ。それよりもイジメグループのがビビるわ。イジメるコトに命かけてる様は一種の狂気を感じた。リーダー格のヤツが最後らへんに取った行動には度肝を抜かれた。まあこれもピエロのせいなんではあるけどさあ。

結局ピエロが何者なのかはこの時点では明かされてないが、そこは曖昧にするのもホラーあるあるではある。しかし既に続編が決定しているので、そこで明かされるんだろうか。続編はキャストは変わるのか、時間が飛ぶのかとか色々楽しみではある。この映画単体としては正直喰い足りない部分はあるものの、まあ面白かったかな。
rage30

rage30の感想・評価

-
ホラーという事で構えていたのですが、暴力描写やグロテスクな部分は控えめで、どちらかと言うと、不気味なイメージを延々と見せられる感じ。
「夜、寝る前に思い出して、ちょっと怖くなる…」くらいの怖さなので、個人的には丁度良いなと思いました。

あとは、ジュブナイルな成長物語としても楽しめるのも良かったです。
IT(ペニーワイズ)が各キャラクターの悩みや問題のメタファーとして描かれるので、それに立ち向かう主人公達からは成長を感じられ、ホラーを見た後とは思えないくらいの清々しさを感じました。

逆に気になった点としては、不良の描き方が度を越えていたかなと。
あそこまでやると、イジメではなく、ただの傷害ですからね…。
まぁ、後に彼が辿る運命を考えると、これくらいやる必要があったのかもしれませんが。

あとは、キャラクターの数が多過ぎる気もしました。
特に主人公側のキャラはもう1~2人少なくても成立するし、その方がもっとコンパクトになった気がするんですよね。
この辺は次回作に向けて、キャラを多めに配置しているのかな?


というわけで、ホラー映画の中では、わりとソフトな部類に入る作品だと思うし、万人受けする要素もあるので、ホラーが苦手な人やホラー初心者の人にも是非見て欲しい作品です。

主人公達はルーザーズクラブ(負け犬集団)と呼ばれていますが、果たして本当の負け犬は誰なのか?
どうすれば、負け犬にならずにすむのか?
そういった事にも注目して見て下さい。