IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

sae

saeの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

青春+ホラー的な。

「IT」は思春期の子供たちの恐怖の概念。的解釈でok??(雑)

あんまり怖くないらしいと聞いていたので弟の腕が喰われるとは思っておらず結局それが1番驚いた。
しかも弟助けて終了じゃないのかよ‼︎‼︎

突っ込みどころも多くおびただしい血の海をみんなで清掃するのとか「⁇」ってなったけどなんか今時のホラー映画だなぁと思った。(時代は古いけど)

しかもこれ第1章だったのね…知らなかった…2章はちょっと観るかわからない。。
Cory

Coryの感想・評価

4.0
ホラーはもちろんだけど、ジュブナイル感もある。
これだけで1つの映画になっているけど、後編も公開予定と聞いて期待している。
わだ

わだの感想・評価

4.4
怖いというよりはかなりびっくりするwww
ピエロの気持ち悪さもあるけど続編気になる
恐怖の悪魔ピエロが子供たちを襲うジュブナイル・ホラー。
1990年版はペニー・ワイズのインパクトだけでもってるようなものなのだけど、原作の一番キャッチーな部分をブラッシュアップしただけでなく、様々なホラーのいいところ取りで構成された本作は、非常に見世物性が高く楽しい一作だ。
神出鬼没なピエロの怖さを引き継ぎつつ原作のノスタルジックな部分を強調し、主人公たちが世にも恐ろしい呪いに触れてしまうホラーサスペンスとしての謎解きを複合し、見事に交通整理してみせている。大多数の人にとって「これが見たかった」と思わせるリメイクになっていると思う。でも前後編にわけるのならもっと短くしてほしかったな。
ペニー・ワイズは風貌からも邪悪さが滲み出ており、子供たちに明らかな害意を向け、人を好んで呪い殺す実態のない存在である。
呪われたピエロは子供に恐怖を与えるために、対象が一番嫌いなものに姿を変えたり、それぞれの「トラウマ」や「コンプレックス」をえぐるような幻影を見せて恐怖させ、それに付け入ることであの世へと引き込むのだ。
ペニー・ワイズが各キャラクターに見せるビションをみると、この子はおそらく育ちがいいんだろうとか、この子は過去に辛い経験をしたんだろうと、彼等の家庭環境を強く意識させるので、あまり掘り下げられないサブキャラクターにも深みがあっていい。
最終決戦では、全員がそれぞれの恐怖と文字どうり対峙し克服するというのが視覚的に表現されており、ピエロをタコ殴りにする様子はちょっとヤリスギな感じもするが、キャラクターの成長として納得度は高かった。
その他演出も冴え渡っていて、冷蔵庫と食器棚の隙間の影になっているところに目が光ったとか、天井の木目が人の顔の形をしていると言って、子供の頃に何のことはないものを怖がっていた感覚を思い出すことができる。
中盤の川で遊ぶシーン好き。私は今でこそ都会派のオシャレ番長だが、実は出身がクソ田舎なので夏休みはあんな感じの遊びをした。「着替え見たら変態だから」っていう女の子に、口では「興味ねーし」って言いながら、はじめてみるビキニタイプの水着に心臓ドキドキだった夏の日。やがて大人になると、こんな青さや幼さを懐かしめるような余裕を持てるようになるけど、過去は無しにできないから逃げられないし、自分のなかの思い出はどうあがいても消せないからこそ恥ずかしさは後を引く。その甘酸っぱさは「それを経験した」という確かな事実を確認してしまうことによる「逃れられなさ」からくるある種の恐怖なのだと思う。
RundryDRY

RundryDRYの感想・評価

3.0
たしかに映画館でみたらホラーだろうし、わ!って脅かして怖がらせる系のところはたくさんあるんですが、解決に向かうところがなんだかホラーらしからぬ映画でよかったです。
映画館でみるのは怖いけどレンタルならありな感じです。

このレビューはネタバレを含みます

ビルとベバリーの
恋愛模様もいいのだけれど
個人的には
ベンとベバリーを応援しちゃう📣
のん

のんの感想・評価

4.3
ホラー要素のある青春ドラマ

「子ども」ほど幼すぎず、「大人」ほど1人で生きていくことも出来ない
自我と「大人」との狭間に揺れ、それぞれの悩み、親との向き合い方…

そんなクラスの「負け犬」たちの友情とひと夏の青春物語

ホラーなのに清々しい感じもするし、1人では弱くても、怖くても仲間と一緒なら立ち向かえる!そんな若々しさがあった!

面白かったけど、ホラーとしては怖くない
怖いのかと聞かれたら
怖くなかった。
青春ストーリーとしてスキ
Same

Sameの感想・評価

3.2
子供が1番恐怖する姿で現れ子供を連れ去る悪魔、ペニーワイズ再び。
今作は標的となる子供達の家庭環境などがより現代の問題に近くなった印象でした。

スティーブン・キングは高校時代にずいぶんハマって、かなり読んだのでこの原作もその頃に読み、旧作の方の映画も鑑賞済み。

「スタンド・バイ・ミー」の様だとのレビューが沢山有ったんですが、そもそもスティーブン・キングの作品って、この手の子供達のひと夏の冒険みたいな設定のものがいくつもあるんですよ。
キング作品のこの手の設定のやつでホラー要素のないのが「スタンド・バイ・ミー」ってだけで。
キングが自身の作品の要素を全部ぶち込んだ結果とんでもないストーリーになった「ドリームキャッチャー」も同じ様な感じだし笑、少年たちが大人になるために乗り越えるべき障害の物語はキングの根幹をなす設定の1つなんですね。
そしてそれらは大人が帰らぬ日を懐かしむノスタルジーなんです。
子供が読むべきジュブナイルものでは無いんですよきっと。
だから痛みを伴ったお話なんです。教訓ではなくて後悔だから。

今作は当然現代の映像技術の力で見栄えは良くなってます。旧作はテレビ映画だったしね。
ペニーワイズもキモくていいんじゃないですか?笑
正直旧作の方が顔怖いけど笑

個人的には後半戦の方が好きなので、チャプター2に期待してます!
今作だけ見ると突き抜けたものがなく、さらっと表面をさらったくらいにしか感じませんでしたね。

何と言っても粋なのは27年周期で蘇るペニーワイズに合わせて、前回の映画から27年後に再映画化した事ですよね。
なんども紡がれる悪夢のお話。是非さらに27年後にも映画化しましょうよ。
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

トラウマ映画。
ホラーであること以外の情報を何も得ずに見たけど、想像していたより恐ろしかった。
子供が殺されるという描写は私にはキツイ、腕は引きちぎられ、トドメを刺す。
そんなオープニングに目を背けたくなる。

ベバリー家の血だらけになったバスルームもしんどい。
どこにも逃げ場はない、たとえ家にいても安全ではない。
息がつまりそうになった。

(これが怖くないというレビューが多くて、私の恐怖耐性が低いことを自覚してしまいました)

好きですこのトラウマ映画。