IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

1990年版のリメイク。

オリジナル版の子供時代の部分だけを時系列通りにしてあって分かりやすいんですが、群雄割拠のホラー作品がある現代では、一つの作品としてのパンチがイマイチだったかなぁ…ちょっと期待し過ぎてしまった。
これだけの尺を使っても、前作の魅力に追いつけてなかったですね…前作は子供時代の描写が良かったので、なおさら残念な感じでした。
後半があるようですが、ハードルを下げるためにあまり期待しないでおこう。
KOHEYHEY

KOHEYHEYの感想・評価

3.2
ホラー?
いえ、これはスケアーです。

映画のホラーとは、やはり精神的にどこかに恐怖を感じさせ、また、対象となる存在自体にも感じるものですが

これは、驚きかな?
ビックリする
ただ、それだけでした。

ホラー映画は得意ではないですが、これは僕の思うホラーではなく、ただの驚かしによるビックリ作品かなと

ピエロに恐怖を感じないのもよくなかったのかもしれません(^^;
クラウンフォビアとかの人なら、きっと立ち上がらなくなるくらい恐怖を感じると思います
Aya

Ayaの感想・評価

3.0
思ってたホラーとは違ったけど、
面白かった!!!!!!

全然怖くないけどなぜか面白い!
candy

candyの感想・評価

3.7
青春の冒険物語として楽しみました。

恐ろしいペニーワイズを倒すために、色々な困難を乗り越えて仲間の絆を強めていく。仲間たちとの友情、いじめっ子との対決、ほろ苦いちいさな恋とか、グーニーズを思い出す。

グーニーズが大好きだったので私が小学生、中学生だったら大好きだったかも。
higa

higaの感想・評価

4.5
『IT』は、近年に製作されたホラー映画でも特に優秀な作品であると思う。

冒頭、怪物のペニー・ワイズが下水道から登場するオープニングから掴みがOKだ。

物語は進み、主人公たちが中学生ごろになっている。登場人物たちは思春期で異性に興味を抱き始める頃だ。小さいときは平気で会話できていた女の子と会話するのに妙にたどたどしくなる。異性を性的な感情で見ている証拠だ。『IT』は、思春期に起きたそういった感情を私に思い出させてくれた。

まるで、中学生の頃に戻ったかのような気持ちで楽しむ事が出来たし、『グーニーズ』のような連続活劇的展開が、怖さと同時にワクワク感もある。ホラーではあるが、『グーニーズ』、『スタンド・バイ・ミー』そして『アメリカン・グラフィティ』のような青春映画だ。

日本公開時にR15指定になったのは残念だが、大人たちは少年時代の頃の自分を思い出して鑑賞してほしい。初恋相手も思い出しながら観ると、より楽しいはずだ。
dgnk

dgnkの感想・評価

1.5
もっとガチホラーだと思ってたら、青春の一ページ系だった
第2作の大人版がジェームスマカヴォイらしいのでそれは期待
Yezi

Yeziの感想・評価

3.0
音で怖がらせてくるのが多かった気がする。映像的に怖いものはあまりなかった。でもピエロが不気味で雰囲気が好きだった。子役の演技がよかった。始まってすぐに弟がいなくなってしまうので弟の存在感は薄い。全体的な雰囲気は好き。テーマ的にはエルム街の悪夢っぽかったからそういうのが好きな人にはおすすめ。結構前に見たから感想が雑ごめんなさい。
小学校の頃、怖い話をいつもしてくれる担任の先生がいて。全部ほんとうにあった話として話してくれるのだけど、唯一覚えてるこわーいピエロの話が、スティーブン・キングの「IT」だったという事に大人になって気付いて、謎の感動を覚えたことがあった。なのでわたしにとっては、ずっと昔から知ってるおとぎ話みたいな存在。

それにしてもスタンドバイミー感がすごくて、それがとても良かった。テディにそっくりな子がいたりして。
たて

たての感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ババァなので子供たちが頑張っているだけで泣いてしまいます。みんなかわいかった。よく頑張った。

ジョージーちゃんがいなくなってしまったビルくんの気持ちを考えると悲しい。
ジョージー……

リッチーくんの下品さがおもしろかった。

ペニーワイズが袋叩きにされているところは少し面白くなってしまって、もう少しなんかあったのではないかなと思ってしまう。
それでも子供たちの成長を感じられる青春映画として、とてもよかったと思う。
ホラー映画とは感じなかった。
hoshiai

hoshiaiの感想・評価

3.0
「ホラー映画」を期待する人には物足りないはず。
ただ、これはS.キング作品であって、紛れも無い「青春映画」。