IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2017年製作の映画)

It

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの…

“それ”は、ある日突然現れる。 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。 “それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。 真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」に投稿された感想・評価

ひっと

ひっとの感想・評価

3.9
一応ホラーではあるがそれぞれの恐怖の根源を克服してゆき成長する過程が描かれたジュブナイル作品感が強い
ホラー版スタンド・バイ・ミー
あとペニーワイズが見ていて楽しい
rumi

rumiの感想・評価

1.0
子供が夏休みホラー映画を見ます。用のホラー映画、ほんとに子供向けだと思う。先が読めるので見ていて苦痛だった。
全員かわいくて頭抱えながら観てた 風呂場掃除シーンが好きすぎる
ちか

ちかの感想・評価

2.7
子供の頃に観た旧イットは、めっちゃ怖かったのに、これは全く怖くないと思った時に、自分も大人になってしまったんだと、感じた。
リマ

リマの感想・評価

4.0
子供の時は怖すぎて見れなくて、ようやく見た。心理的な怖さと物理的な怖さが混在していてやっぱり怖い。子供達の抱える闇も興味深い。が、リメイクだからか描写が足りない気がする。。最後の方の流れが掴みきれなかった。
話題作をようやく鑑賞。あらすじは割愛。

思っていたよりも怖さがあまりなくて、むしろ青春要素ど真ん中の爽快な映画でした。
出てくる子供達もみんな魅力的な子役さんばかりで、彼らの甘酸っぱい恋模様や、家庭での葛藤の様子を見ていると胸が熱くなりました。
その意味では今まで観たホラー映画とはかなり一線を画した作品だったかもしれません...!

とはいえホラー作品には変わりなく(笑)。ティム・カリー版も小さい頃に観た時トラウマでしたが、今回のビル・スカルスガルド版もショッキングなシーンはいくつかあったし、飛び上がってしまう描写も多々あったので、ホラーとしてもすごく楽しめました。
そして、冒頭から始まり、やっぱり主人公ビルと弟のジョージーのくだりは涙なしでは観られませんね...。ホラーなのに泣けるという意味でも、原作者スティーブン・キングの手がける作品ならではの魅力を感じました。続編にも期待です!

ビル・スカルスガルドは、普段甘いマスクでとっても可愛らしい顔立ちなのに、ペニーワイズ役を嬉々として演じていてそのギャップに思わずやられました(笑)。スカルスガルド気、皆さん大活躍ですね!
まさか見るとは、

ホラーとグーニーズ足しましたって感じです
ストレンジャーシングスに影響されすぎて
80年代カルチャーがマイブームすぎるので
時代背景最高でした

そしてフィンがやっぱかっこよすぎる
いい役だった、よかった尊い
良いと印象を受けたんですが、
ホラーなのかコメディなのかスピルバーグ的なのか分からなく、腑に落ちないところも多いです。

ピエロのサイコ感はちょっと笑えてしまいます。これはホラー?のようなよくわからない感じ。

ダークナイトのジョーカーくらいのサイコ感があったらもっと良かったのになぁと思います。

ベバリー(ソフィアリリス)かわいい。
kubohiro

kubohiroの感想・評価

4.3
実に愉快で自由なホラーシーンに
少年達の群像劇がカラフルに彩っていく

実に豊かに少年達の成長過程を描いていく中で感じれる”恐怖”を歪に、またパワフルに映し出す。
また、心霊描写だけにとどまらず、周囲から得る”恐怖”をも写していく事で魅せるギャップ、、
現実と非現実の差別化。

ホラー映画で銘打ち、感動させられたのは初めてかもしれない。
欠かせないのは勿論、ペニーワイズ
怖さもありつつ、ユーモアも取り入れ
斬新に突き抜けたキャラが素晴らしい。

是非、IT 〜chapter 2〜でもビルに演じてほしい心持ちです。
フィン・ヴォルフハルトは良い子役
テンプレ子供集団映画はやっぱり好き