全員、片想いの作品情報・感想・評価

全員、片想い2016年製作の映画)

上映日:2016年07月02日

製作国:

2.9

あらすじ

主演キャスト14名が織り成す映画史上最も切ない“片想い”ラブストーリー! 『ラジオパーソナリティ』 かつて人気グループのボーカリストだった三崎 透(加藤雅也)は、自身の番組で、リスナーから募った片想いエピソードを、7週連続で紹介するという特集企画をスタートさせる。それは…「全員、片想い」。 1週目に紹介するエピソードは『MY NICKNAME is BUTATCHI』 女子高生の…

主演キャスト14名が織り成す映画史上最も切ない“片想い”ラブストーリー! 『ラジオパーソナリティ』 かつて人気グループのボーカリストだった三崎 透(加藤雅也)は、自身の番組で、リスナーから募った片想いエピソードを、7週連続で紹介するという特集企画をスタートさせる。それは…「全員、片想い」。 1週目に紹介するエピソードは『MY NICKNAME is BUTATCHI』 女子高生のノムラ(伊藤沙莉)は、自分に「ブタっち」とあだ名をつけた幼馴染の男子・サタケ(中川大志)に想いを寄せていたが…。 2週目のエピソードは『僕のサボテン』 冴えない新人の木下 透(桜田 通)は、キツくて苦手な上司・今井 咲(森 絵梨佳)の女性らしい一面を知って…。 3週目のエピソードは『サムシングブルー』 内気で不器用な少女・希美(広瀬アリス)は、見違えるように綺麗にしてくれた美容師の慎一(斎藤 工)に心を奪われるが…。 4週目のエピソードは『片想いスパイラル』 “イケメン女子”のソヨンは、ルームメイトのユキ(佐津川愛美)に惹かれるも、彼女のために男友達の一(TAKUYA)との仲を取り持とうとする…。 5週目のエピソードは『嘘つきの恋』 「彼氏いるんだよね」と嘘を繰り返すマナ(新川優愛)が、真っ直ぐで誠実な青年・マコト(志尊 淳)に恋をした…。 6週目のエピソードは『あさはんのゆげ』 風花(清水冨美加)は、夏の間だけ家にやって来た従兄の要(千葉雄大)と2人きりで暮らすことになり…。 7週目のエピソードは『イブの贈り物』 美里(橋本マナミ)が働く介護施設には気難しい老婦人・静がいた。だが静は介護士見習いの穣(横浜流星)だけには心を開いていき…。

「全員、片想い」に投稿された感想・評価

mina

minaの感想・評価

4.5
ピュアすぎぃ!
ran

ranの感想・評価

3.2
へ?うん、、って感じ。
。。。。
有菜

有菜の感想・評価

2.7
みんなが交差して絡まってる感じかと思ったらみんなバラバラの話でちょっと残念だった。1番最初のザ・青春、てやつと志尊淳と新川優愛ちゃんのやつはすきだったけど他はそんなに入り込めんかった。
はる

はるの感想・評価

3.1
かつて人気ボーカリストだった三崎透
自身の番組でリスナーから募った
片想いエピソードを紹介する。

多くの美男美女で演じられてて
短編ばかりなので面白かったです♪

2つ目の桜田通くんの、良かったな。
森絵梨佳ちゃん可愛い見た目なのに
かっこいい先輩が、似合ってました。

キュンキュンというよりも、
なんだか想像以上に切ないストーリーが
多かったような気がします。
キュンキュンする。性同一性障害の子の物語はせつなかった。
あかり

あかりの感想・評価

2.8
時間を返してくれ。
最後の介護施設のやつはなんだあれ、再現ドラマかよって思ってしまったじゃないか、オムニバス形式なのはいいのだが、順番を考えてくれ、最後にあれはきつい。

唯一よかったのは新川優愛ちゃんと志尊くんのやつ。
ハッピーエンドというか、こちらに投げっぱなしで終わったのすごくよかった。
志尊くんは今売れているのが1発でわかる演技で惚れ惚れとしちゃった。

あ~、明日は良い映画に出会えますように。
7+1つの片想いのお話。
2話目、女上司に想いを寄せる新人君のお話がいちばんぐっときた。
恋をすると、他人には意味不明な行動しちゃうよね。
どの話も切なくもどかしく、恋って良いものだなぁと思います。
夏休みにサイダー飲みながら観たい感じ。
>|