ふっくー量子の世界へようこそ

バイバイマンのふっくー量子の世界へようこそのレビュー・感想・評価

バイバイマン(2016年製作の映画)
3.5
言うな、考えるな!
言うな、考えるな!
そう、奴の名前を言っただけで、幻覚や恐怖、人の弱みに付け込んで襲いかかってくる。。。
その名も…バイキンマ………
いや違う違う。それハヒフヘホーな方だわ。バイバイキンしちゃう人だわそれ。

改めましてその名もバイバイマン!!!
だせぇぇぇ!!!!

はい。一時期話題になりましたホラー映画ですね。題名からして天下のアルバトロスが作りそうなB級感漂うホラーですが、内容がなかなかしっかりしてるんですよねー。
てっきり、バイバイマンを口にした若者たちがバッサバッサと殺されるスプラッターと思いきや正当なホラーとして描かれていますよ!

知った人物から恐怖心と名前を忘れられると力を発揮できないバイバイマンは、イメージで言うと「エルム街の悪夢」のフレディみたいですね。

そして「マトリックス」のトリニティ役のキャリー=アン・モスや「SAW」のリーワネルが出ていたりと割と有名な俳優さんが出ているのも魅力の1つ。

この作品何が斬新かって名前を知った物達をバイバイマンが殺していくのではなく、幻覚や、恐怖を見せつけ精神的に追い詰めていく殺し方なのが新鮮なんですよねー。

バイバイマンを誰かに話してしまうと、その名前を知った人がまた誰かに話す。そうすると負の連鎖が無限に広がってしまうわけです。なので、広めないためにバイバイマンを知った人間をお互いに殺そうとする様をバイバイマンは高みの見物をしている感じ。

なんて憎たらしいんでしょう!!
ただ1つ残念だったのがバイバイマンのことが最初から最後まで謎のまま、何も解決せずに終わることですかねー。他のホラー映画だと割とある程度の謎は解決されるものだけど、今作に至っては何一つ解決しないまま笑笑。

でもあの終わり方好きだなー。
帰りの車で「ナイトテーブルの上でコインを見つけたの!」って女の子が言った時が見ている誰もが背筋が凍ったはずです!

重症を負ったジョンから最後に警官が聴いた一言はもちろんあの言葉だったんですかね。。。言うな!考えるな!

個人的にはなかなか楽しめる作品でしたので、TSUTAYAで何も借りるものが無くてお困りの時は是非手に取ってみてはいかがでしょうか( ͡° ͜ʖ ͡°)