アロエベラ

バイバイマンのアロエベラのネタバレレビュー・内容・結末

バイバイマン(2016年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます


誰かに話すとどうなるの?疑問を残しのスタート
若者が4人を殺害した事件を取材していた記者が"誰に話した❗️"と言いながらライフル銃を持って一家を銃殺その時記者が口にしてた言葉が"考えるな!言うな!言うな!考えるな!"を連呼しながら撃ちまくる!

シェアハウスの男女3人組が家を借りて引っ越して来た!

引っ越しパーティの時に姪っ子がコインを見つける
ナイトテーブルに気づき言葉を見つけてしまう

取り憑かれた様になっていく

記者の妻を見つけ出しそこで何があったのか?問いただすと、記者の旦那が取り憑かれた様にその言葉を発しながら、知るものは皆殺しだ!と言って出て行ったという

そしてendを迎えるんだが!

黒犬(ヘルバウンド)とコインでクノベリヌス(ローマ帝国の王を表し)

バイバイマンの存在(ケルト人で多神教のドルイド教崇拝者の服装によく似てる

その時代を調べていくと、ローマ帝国(現在フランス)ブリティッシュであるイギリス、アイルランド島にバイキングが襲撃してきた!元々カトリック教徒だったのが、バイキングが来たことによってドルイド教を崇拝する事に(悪魔崇拝)

アメリカ先住民殲滅する為にイギリスがアメリカ本土に乗り込んできた歴史がある

そこから来ている都市伝説として⁈