Carroll

バイバイマンのCarrollのレビュー・感想・評価

バイバイマン(2016年製作の映画)
3.5
名前を知っただけで死ぬ怪物のお話。
本当にこの一言を生地のように薄く広く伸ばした様な映画でした。いい意味で凄い。それでいて飽きさせない作り。ストーリーも何もその怪物の設定一本で勝負してきた感が強すぎて圧倒されちゃいます。豪腕一本。浦飯幽助で言うところの「右ストレートでぶっとばす」状態。


仲良し大学生が3人で古い屋敷を借りることに!夢のシェアハウスはもう最高!家具付き物件もう最高。だけども何かが潜んでいた!ああ恐ろしい!


わかりやすいストーリーとほとんど語られないバックグラウンドはシンプルイズベストを体現しています。グロさも怖さも優しめな、ある意味最強の怪物。何も語らずそっと忍び寄り、狙った獲物をゆっくりと侵食していくその姿がいじらしい。

重くなく、すっごくカジュアルでいて、面白い。ふんわりと軽〜い映画でした。

考えるな、言うな、考えるな、言うな