ばるたん

バイバイマンのばるたんのレビュー・感想・評価

バイバイマン(2016年製作の映画)
3.2
名前を言ってはいけないあの人を超えた、名前を知ってはいけないあの人
設定は面白いけど…そろそろ怖がらせてくれるのかな?と思いながら気が付いていたら終わっていた、そんなのどに刺さった骨が取れない様な今一つ物足りない感じの内容。

結局の所本人は幻覚見せて殺し合わせる?だけなので、あの犬もどきの存在意義も謎だし、コインとか列車とかも何のことやら。
必死に名前を広めない様にする様や、名前を知っている他の人間が殺しに来るのは面白いけど、個人的なピークは物語冒頭の射殺シーンのみ
まだ何も知らない状態で、鬼気迫る姿で名前を知っている人間を次々と殺していくシーンは、これから起こる惨劇を良い感じに盛り立ててくれると思いきや、そこまででした。
名前を知るだけで感染していく様なフットワークの軽い呪いならば、続編を作るならもっと大規模にして欲しい所です。(周りに言えないもどかしさが醍醐味ではあると思いますが)

トリニティ、トリニティじゃないか。
唯一の清涼剤はアリスの可愛さのみ。