バイバイマンの作品情報・感想・評価

バイバイマン2016年製作の映画)

The Bye Bye Man

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:96分

3.2

あらすじ

アメリカのウィスコンシン州。古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまう。それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていく。追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのか――

「バイバイマン」に投稿された感想・評価

試写会にて鑑賞!

『バイバイマン』最初聞いたときは「ぷっ!なにそれ笑」と軽くバカにしてました。

しかし、その実態は近年稀に見る“回避不可能”な良質なホラー映画。



名前を考えたり、言ったり、そして他人から聞いたり書いてある文字を見て知ってしまったりすると…奴がくる。

考えたり、知ったりするとバイバイマンが「ワァー!」と襲って来て「ギャー!」なのかなと思ったけどそうじゃなかったみたい。

考えたりする度、“ゆっくり確実に近づいてくる”て感じ。

それが逆に良かった。怪物が音驚かせと同時に出て来て怖がらせるのは正直、「またこのパターンか」と個人的には思ってしまうから。(^^;;

名前を知ってしまったが故に、幻覚が見え始める。現実との区別が付かなくなってくる。

この設定も実は良い!


それはこの名を知ってしまった我々観客にも同時に影響が出始めてるかの様な見せ方。

「えっ?これ幻覚か。」「あっ!これ現実か。」「えっ?今見てるのどっち??」みたいな。

ホントにバイバイマンは存在しているのか、精神病みたいになって見えてるようになっているだけなのか?

単純にモンスター映画にしないで、都市伝説的な不気味さを出してストーリー重視してくれてる作りが観ていて飽きさせない。

そしてこの映画自体も前半ゆっくり、後半畳み掛けるといった印象。

どう決着付けさせるのだろう?と思って観てて、「あ〜…もうそれしかないのか。」と確かに回避不可能でした。

「エルム街の悪夢」のキャラクター性や「リング」「呪怨」の伝染力、そして両者の回避不可能性を併せ持ってる感じ。

しかし、これらの作品より解決策が皆無に近い。だって名前知った時点でアウトなんですもん笑

1番の解決策は名前を知らないこと。



最後まで不気味さを残したまま終わっていく。ラストカットまで恐怖は続く。

面白いホラーでした!


あと個人的にこの手のホラーって主人公が女性で進んで行きそうなんだけど、男性が主人公っていうのも新鮮で良かった!(°▽°)笑



知らない方が幸せという事もある笑
まみ

まみの感想・評価

3.0
B級感半端なかった
内容が微妙すぎた
Zzz

Zzzの感想・評価

3.4
踏切のシーンとか図書館のおばちゃん車で跳ねるシーンとか面白いとこはある。
しきぶ

しきぶの感想・評価

2.0
うーん、ポスターがだいぶ不気味なので期待したけど…特に怖くはない。バイバイマンの怖さが曖昧すぎるんですよね…。
ただラストの姪のくだりだけは大好き。笑
バイバイマンという概念が恐怖の対象。
途中まで怖いんだけど、当のバイバイマン本人が何もしてこないので最終的にはあまり怖くないというね。
もうちょっと最後一捻りほしいところ。
概念だから自分からは何も出来ないんだろうけどそれじゃ怖くないよね。
というかホラーなんだからある程度理不尽なくらいが怖いのにね。
初めはダラダラと進んでいき、やがて昔に起きた事件と今が結びつく。よくある話だけど、この作品のすごいところは、見る方も一緒に操られてしまうというところ。

幽霊は実在していないのに全て幻覚と幻聴で見せるところは「シャイニング」に似ている部分があった。
少しずつ登場人物も狂っていき、やがて死ぬ。

この映画のタイトルも言ってはいけないし、見ているものも信じてはいけないと思えてしまうほど、この作品成功したところだと思う。
おーじ

おーじの感想・評価

2.7
「言うな、考えるな」って
卑怯だよ…
言わないのはなんとか出来ても考えないって無理でしょ…
逃れられない恐怖はあるかも…

とりあえずホラー界に新キャラ登場…
悪魔のような黒い体に2本の角
胸に紫のボタン、矢印のような尻尾を持ち白目は薄いピンク色
歯はギザギザの形状で、舌は青く長い
手足や鼻、唇は紫色
背中にハエのような小さな羽
捨て台詞は「バイバイキ…」
シンプルで良かったです
ただ、あまり恐くはないです
主人公なんやかんやでいい奴


姪が名前を見なかったのが救い
yukko

yukkoの感想・評価

3.0
全然コワくなかった
>|